異世界戦国記

鈴木颯手

第三十七話・萱津の戦い

「敵と我々はほぼ同数。士気もこちらが高い。…よほどのことがない限り負ける事は無いな」
萱津に作られた陣の中で俺はそう呟いた。俺は北部の二城を落としたと連絡があってからすぐに全軍を率いて稲葉地城に向かっていた。因みに氏興一人だけ残してある。例え信友が二千の兵で来ても氏興なら城を奪われても敵兵をバンバン切り殺して戦力を削いでくれるだろう。そしたら俺は清州に、北部にいる残りの兵をもって信友軍を倒せばいい。
そう思いながら稲葉地城に来たが丁度信友軍も清州城を出発した所だという。進行方向は南、つまり稲葉地城である。
そう言うわけなので稲葉地城の北にある萱津に陣を築き俺は信友軍を迎え討つ準備をした。信友軍は二千五百。清州にいるほぼ全軍を持ってきたようだ。因みに信友が持つもう一つの城の志賀城には大した兵はおらずせいぜい五百いるかいないかと言うぐらいであった。
そして俺が率いるのは三千。信繫が率いる千五百と俺が連れてきた那古野今川家の兵千五百だ。指揮系統は二つに分かれているが何とかなるだろう。
「よし、信友相手にはいつも防衛に回っていたがたまには先手を取ってみるか」
俺は敵の意表を突くために指示を出す。今まで信友軍との対決は俺が後手に回っていたため俺から攻めた事は無い。…まあ、そんなこと言ったら俺は基本後手に回っているな。そんなわけなのでこちらから攻め込んでやる。
「「「「「おおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!」」」」」
そして那古野今川家の兵が突撃を開始したことで萱津の戦いと呼ばれるようになる戦が始まった。
先手を取った俺に信友軍は慌てて迎撃していく。やはり俺が先に攻撃するとは思わなかったようだ。信友軍が矢を放っているのが見えるがあまり数が多いようには見えないしバラバラにやったようだ。
そして兵が突入していき乱戦となっているのが分かる。あの中には俺の小姓たちがいるからな。俺の周りにいるだけでちゃんとした戦を経験させていなかったからな。死んでないといいが…。

















「…ぐぅ!」
「権六!?大丈夫か!?」
信友軍の槍を肩に食らった権六は痛みで声を上げるがすぐに槍で敵兵の喉を突いた。それを見た同じ小姓の中条小一郎は直ぐに駆け付けた。幸い周りは味方の兵でいっぱいだったため警戒しつつ権六の様子を確認する。
「あ、ああ。大丈夫だ」
「気を付けろよ。お前が死んだら信秀様やお前の親父殿に何を言われるか分からないからな」
権六の言葉に小一郎はそう茶化す。ほぼ同時期に信秀の小姓として取り立てられた両者は中が良かった。
「行くぞ。小姓でありながら前線に出した意味が分かるならな」
「…ああ」
権六も信秀なりの気遣いを理解しているため小一郎の言葉に頷く。この時代武士でありながら手柄を立てていない者の扱いは酷く特に初陣を終えているなら余計である。そして、両者とも初陣を終えながら未だ目立った功績はなかった。
「目指すは信友の首!…と、言いたいところだがそれは無理だろう。せめて侍大将の首でも取っておきたいな」
「その場合首は二つ必要だな」
権六は小一郎の言葉にそう返すが小一郎はふんと鼻を鳴らす。
「何を言っている?侍大将の首はお前に譲ってやるよ。俺は重臣の首を貰っていくからな」
「何だと!」
権六は小一郎の言葉に切れる。小一郎はそんな権六を気にも留めず周りを確認する。すると遠くの方に一つの旗を見つける。
「おい!聞いているのか!?」
「落ち着け権六。そして朗報だ。重臣の一人の陣地を見つけた。首を取りに行くぞ」
それを聞いた権六は落ち着きを取り戻し真剣なまなざしとなる。権六は「本当か?」と聞き小一郎は頷く。権六は笑みを浮かべると槍を構える。
「なら、盗りに行くしかないだろう!」
「おう!そうだな!行くぞ権六!」
「ああ小一郎!」
二人は頷くと重臣、坂井甚介の陣地がある方向へと走っていった。

「異世界戦国記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く