継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

コルトの贖罪③

 
 《一カ月前》

「くそ……勢いで辞めたはいいが、もうずっと無職だよ……」
 フェルマー商会を辞めてからすることもなく、毎日酒浸りだった。
 そして、気がついたらもう一カ月無職だ……。
 これじゃあ、会長の酒癖を悪く言うことは出来ないな……。

「ん? なんだ。おっさん、無職なのか?」
 隣に座った冒険者の若い男が話しかけてきた。

「そうだよ……。折角、何年も副会長として頑張ってきたのに……辞めちまったんだよ」

「それはまた……どうしてやめたんだ? 副会長って会長の次ってことだろ? 相当金は貰っていたんじゃないか?」

「そうだよ。まあ、誰もやりたがらなかったけどね」

「誰もやりたがらない? それが辞めた理由なのか?」

「まあ、そうかな。私の仕事は、働かない会長の代わりに商会を運営しながら、会長のご機嫌取りをしなくちゃいけないんだよ」

「それは大変だな……」

「そうなんだよ……特に大変なのが会長のご機嫌取り。いつも酒で酔っているし、無理難題を突きつけてくるし、自分が望んでいるものよりも成果が少しでも低いとすぐに怒鳴られる。この前、もう耐え切れなくて辞めちまったんだ……」

「そうか……もしかしておっさん、フェルマー商会で働いていたのか?」

「どうしてわかった?」
 フェルマーなんて一言も言ってないぞ?

「そんな驚くことでもないだろ? 今、帝都じゃあフェルマー商会が潰れたことは誰でも知っていることだ。このタイミングでその話をされたらあんたがフェルマーで働いていたことを想像するのも当然だろ?」

「ふぇ、フェルマーが潰れた? いつ!?」

「おっさん、本気で言っているのか? 自分が働いていた店だぞ? 一週間前、従業員が全員辞めて、店が潰れたみたいだぞ」

「そ、そうだったのか……」
 私が酒浸りになっている間に……。

「まあ、おっさんが言うような会長だったら仕方が無かったのかもな」

「そ、そうだな。はあ、フェルマーが潰れたのか……会長、貴方は変わられましたね。昔の会長は真面目で働き者だったんだけどな……私が尊敬した会長はどこに行ってしまったのか……」

「昔の会長さんはそんなに凄かったのか?」

「ええ、本当に。自ら接客をして、部下の倍はいつも働いていた。あの頃の会長は皆から尊敬されていて、本当にかっこよかった。私もそんな会長を目指して頑張っていたんだけどね……」

「そんな人が今じゃあ、真逆になっちまったと……人ってわからないものだな……」

「本当……あの頃の会長にもう一度会いたいものだよ」
 若い頃の様に頼れる会長の下で働きたい。

「まあ、今頃本人は反省しているんじゃないか? まあ、もう遅いけど」

「そうだな……」
 もう、フェルマーは潰れてしまったんだ。
 私の夢はもう、叶わない。

「ほら、落ち込むなよ。仕事もきっと見つかるさ。今は飲んで忘れちまいな」

「そ、そうだ……私は無職だったんだ……」

「ああ、余計な事を思い出させてしまった。ごめんごめん。どこか、当てはないのか?」

「それが……ないんだよ……」

「そうか……帝都に魔法具屋って少ないからな……あ! おっさん、あそこに行ってみろよ!」

「あそこ?」

「商業街の端にある小さな魔法具屋! 始まった当初から人気でいつも人手が足りなそうだからおっさんの経歴なら雇ってくれるんじゃないか?」

「あ、あそこか……そうだな……行ってみるか」
 あそこは、会長の兄であるホラントさんが経営している店だ。
 確かに、あそこなら雇ってくれるかも!

 こうなったら居ても立っても居られない!

「お、おい。まさか今から行くのか?」

「そうだ。じゃあな」

「おい! たぶん、もう店は閉まっているぞ! って……行っちまったし……あいつ、自分が酔っているのをわかっているのか?」


 SIDE:コルト
「お疲れ様です。今日も大変でしたね」

「そうだな。エルシーもお疲れ。外の戸締りは俺がやっておくよ」

「ありがとうございます」

「今日もいい汗かいた~」
 体を伸ばしながら、すっかり暗くなった外に出た。

「よし、早く戸締りして明日の準備をするか」
 そう言って、入り口近くの立て看板を店に運び入れようと持ち上げようとした。

「ん? 重いな? うお!」
 暗くてわからなかったが、一人の酔っ払いが看板にしがみついて寝ていた。

「なんでこんなところで寝ているんだ? すみません。大丈夫ですか……って?」
 男の顔を見た瞬間に思わず驚いてしまった。
 目の前で寝ているのは、最初に俺から逃げた男だったからだ……。

「おい! モーラン!」
 どうしてここにいるのかはわからないが、
 とりあえず名前を呼びながら思いっきり揺すって起こそうとする。

 しかし、ちっとも起きそうにない……。

「たく……酒臭せ~お前、どんだけ飲んでたんだよ。俺はもう一週間口にしていないんだぞ?」
 そんなことを愚痴りながら、モーランの顔を軽くたたく。

「う、うんん……私を雇ってください……どんなことでもします……仕事が欲しいんです……お願いし…ま……」

「・・・」
 俺は固まってしまった。

 寝言みたいなものだったが……なんとなく元部下の現状がわかってしまった。

「そうか……そうだよな……」
 たぶんだが、俺の店を辞めて新しい仕事を見つけられていない人は他にもたくさんいるだろう……。

 それなのに……俺は兄貴の店でこんなにも楽しい日々を過ごしていていいのか?
 ただ……元従業員達を助けるにしても……どうやって?
 フェルマー商会をやり直すか?
 いや、もう俺のことを信用してくれる人間なんていないだろう……。

 ならどうする?

「どうかしましたか? コルトさん」

「な、何もない……酔っ払いが寝ていてね」

「そうだったんですか……その様子ですと起きそうにもありませんね。どうしますか?」

「うんん……一応、俺の知り合いだから兄貴頼んで泊まってって貰うよ……」

「そうですか……それじゃあ、ホラントさんに頼んできますね」

「あ、ありがとう……」
 本当にエルシーは優しいな……。

「あ、そうだいいことを思いついた」

「何を思いついたんだ?」

「うおお!」

「そいつがうちの前で寝ていた男か?」

「そうだよ」

「お前の知り合いだって?」

「元従業員だよ」

「そうか……それで、何を思いついたのか?」

「そ、それは……」
 兄貴は話しておくべきか、どうせ後で頼ることになるんだし。

「実は……」
 それから、兄貴に俺が思いついた計画を説明した。

「そうか……それはなかなか大変な計画だな……」

「一人でやるならね。明日、モーランに今までのことを謝罪して頼んでみるよ」

「上手くいくといいな。俺も出来る限り手助けはしてやるよ」

「ありがとう。きっと成功させてみるさ」

「おう、頑張れ」

 《次の日》

 SIDE:モーラン

「ん……ん? ここはどこだ?」
 目が覚めると見覚えのない場所にいた。
 昨日は……酒を飲んで……

「あ、起きましたか? おはようございます」

「お、おはようございます……」
 声がする方向を見ると……成人したかどうかぐらいの女の子が掃除をしていた。

「ここはどこですか?」

「ここですか? ここはホラントさんの家です」

「ホラントさん……ホラントさん!?」

「そうですけど?」
 そ、そうだ……昨日、酔ったままホラントさんの店に向かったんだ……。

「も、申し訳ございません」
 何をやっているんだ私は?
 雇って貰おうとしている相手に迷惑をかけてどうするんだ……。

「大丈夫ですよ。それより、お身体は大丈夫ですか?」

「だい…じょう……ぶです。はい」
 私は、一通り自分の体を見回して答える。

「それは良かったです。コルトさん達に伝えて来ますね。そしたら、お昼ご飯にしましょう」

「あ、ありがとうございます……」

「いえいえ。呼びに来ますので、それまでゆっくりしていてください」

「わ、わかりました」
 私は、ベットに座りながら少女を見送った。

「コ、コルトさん……? 今、あの、コルトさんに伝えて来るって言ったよな……」
 もしかして、ここにいるのか?
 ま、まさかね……。

 そ、そんなことよりも、あの……優しくて可愛かったな……首輪をつけていたから……ここの奴隷なのか?

 奴隷か……
 きっと、辛い人生を送って来たんだろうな……。
 私が逃げ出した辛いことなんて比べ物にならない程に。

 俺、もう少し頑張っておけば良かったな……。
 どうして投げ出してしまったんだろう。

「モーラン起きているか? 入るぞ」

「か、か、会長!?」

「やあ、久しぶりだな。元気にしてたか?」

「え、ええ……」
 本当にここにいたんだ……。
 少し痩せたか?

「そうか、それは良かった」

「か、会長はここで働いているんですか?」

「そうだ。心を入れ替えてここで接客をしているぞ」

「そ、そうだったんですか……」
 言われてみれば……いつもの会長と違う。
 まず、会長が私の体の心配をするなんておかしいぞ?
 これは夢か?

「モーランは新しい仕事を見つけることは出来たか?」

「い、いえ……」

「そうか……それじゃあ、一つ頼みごとをしていいか?」

「頼み事?」

「そうだ。手伝って欲しいことがあってな。その間、しっかりと給料は出すから」

「ど、どんな頼み事ですか?」
 内容を聞かないで承諾するのは怖いな……。

「そうだな……その前に、謝らせてくれ。これまで、本当にすまなかった」

「え、え? いきなりどうしたんですか?」
 本当にこれは夢か?

「自分が愚かであったことをやっと理解してな……迷惑をかけた人に謝りたくて仕方がないんだ」

「そ、そうですか……なんというか……会長が昔の会長に戻ったみたいですね」
 これは夢だ。
 きっと、私の昔の会長に会いたいって願望が夢に現れたんだ。

「昔の俺?」

「はい、まだ商会が小さかった頃の会長を見ているみたいです。一生懸命で、常に腰が低い」

「昔の俺ってそんなんだったか?」

「はい」

「そうか……あの頃の俺に少しでも近づけるといいな」
 ヤバい……涙が……。

「その思いがあるなら大丈夫ですよ。……わかりました。会長の頼みごとを受けさせて頂きます」

「ちょっと待て。まだ説明もしていないぞ?」

「大丈夫です。これまで、何年あなたの傍にいると思っているんですか?」
 それに、どうせ夢だ。

「そ、そうか……確かに俺たちは長い付き合いだな」

「はい。それで、私は何をすればいいんですか?」

「ああ、それじゃあ俺の計画について説明させてもらおうかな」

「はい、よろしくお願いします」

「モーラン、さっきここにいた娘のことをどう思った?」

「さっきの……優しい女の子って印象でした」

「そうか、あのの名前はエルシー。昔、俺が贔屓にしていた酒屋の娘さんだ」

「そうだったんですか……」
 会長が贔屓にしていた酒屋さん……。
 確か……会長が潰してしまった店だ。

「で、俺はあの子に商会を継いでもらおうと思っている」

「そうですか……」

「それだけか? 驚いたりとか嫌がったりとかないのか?」

「まあ、私が嫌がっても仕方がないことですので。それに、あの子なら大丈夫そうな気がします」

「本当か!? 理由を聞いてもいいか?」

「さっきあのと話した時、私も頑張らないといけないって気持ちになったんですよね。私はあの子の下でも頑張れる気がします」
 それに、かわいいし。

「そうか……それで、モーランに頼みたい事なんだが……」

「はい、なんでしょうか?」
 たぶん……これは夢じゃない。
 どんな頼みごとをされるのか心配になってきた……。
 今までの演技でしたとかないよね?

「辞めた部下一人一人に戻ってきてもらえるように説得してくれないか? その時に、エルシーの説明も頼む」

「……期限は?」

「出来ればあと二十日くらいだが……期限は気にしなくていい」
 なんだ、思ったよりも簡単だ。
 それに、さっきまでの会長が演技じゃないこともなんとなくわかった。

「わかりました。二十日以内に全員説得してみせます」

「お、おう……無理はしなくていいんだからな?」

「大丈夫ですよ」
 今まで、もっと大変なことをやってきましたから。


 それから、私は元従業員の居場所を調べては説得するを繰り返した。
 最初の頃は、一日良くて一人の成果が限界だった。

 居場所を突きとめるのが大変だったのだ。
 その代わり、そこまで説得は大変でもなかった。

 皆、私と同じように辞めたはいいが職に困っていていたみたいだ。
 しかも、会長が変わるって教えたら皆即答だった。
 エルシーさんについては、今話題のホラントさんの店の人だって言ったら問題ないと答えてくれた。

 そして後半は、説得が終わった元従業員が手伝ってくれたから、期限前に会長の頼みを達成することが出来た。

 会長に報告しに行ったら
「ほ、本当か? お前、ちゃんと寝ていたか? 無理する必要はないって言っただろ?」
 と、驚かれ、心配されてしまった。

 なんだか……また痩せてるし、会長は本当に変わってしまったな……。
 もちろん、いい意味でね。

「継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゆい

    面白かったです!
    私も小説を書いてますので宜しければ呼んでください

    4
  • ノベルバユーザー282182

    姫様。どこ

    3
コメントを書く