継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

頑張る新人メイド 後編

 
 採用が決まり出勤初日になりました。
「それじゃあ、いってきます」

「いってらっしゃい」

「おばちゃん」

「なんだい? 早く行きな」

「今までありがとうございました」
 私は、そう言って孤児院を出ました。

 おばちゃんの反応を見ていたら泣いてしまいそうだったので、急いで出てしまいました。
 今日から、私は住み込みで働くしかありません。
 そうなるともう、おばちゃんの顔を当分は見ることが出来ません。
 本当に悲しいです……。

 でも、これ以上は悲しんでも仕方が無いので気持ちを切り替えたいと思います。
 おばちゃんを悲しませない為にも、これから頑張って一人前のメイドになりたいです。

 そして、遂にこれからお世話になる職場に到着しました。

「ふぅ」
 私は息を整え

 ガチャ

「よろしくお願いします」
 そう言って入った。

 中に入ると数名のメイドと執事がいた。
 そして、全員が私を見ていた。
 あれ? なんか私、変かな?

「あ、君がベルかな?」
 私が自分の服装を確認していると一人の男の人が話しかけて来た。

「は、はい。ベルです」

「君のことはアメリーから聞いているよ」

「アメリーさん?」
 どなたでしょうか?

「えっと……面接官をしていた女性だよ」

「あ、わかりました」
 あの私を見るなり即決で採用してくれた方ですね。

「それは良かった。アメリーはもうそろそろ来『あ、ベルちゃん!』
 男の人の話を遮るように聞き覚えがある声が聞こえた。

 声がする方を見ると。
「待ってたわよ! こっちに来なさい」
 アメリーさんはそう言いながら、私のことを何処かに引っ張って行った。

「はい、これを着て」
 アメリーさんは、そう言って私に服を渡してきました。

「これは?」

「メイド服だよ。着てみて」

「わかりました」
 そう言って私はメイド服を着た。

「うん、可愛いわ! ベルちゃんのは特別に可愛く造って貰ったから最高だわ」

「あの……どうしてアメリーさんは私のことをそんなに良くしてくれるんですか?」

「ああ、それはね……あなたに、レオ様の専属メイドをやってもらおうと思ってね」
 え? 専属メイド? 私が?

「な、何を言っているのですか!? 私にそんなことが出来るはずがありません」

「えっとね……レオ様はまだ八歳でこれから二、三年くらいしたら寮に行くしかないのよ」

「は、はい」

「それで、そこには専属メイドを一人連れて行くことになってるのだけど……どうせなら、レオ様が親しみ易いメイドの方がいいと思ってね」

「そ、それでどうして私なのですか?」
 貴族は獣人が嫌いなんじゃ?

「私の調べによるとレオくんは獣人族の娘が好きなはずだから」

「そ、そうなんですか……」
 だから、面接の時に私が獣人であんなに喜んでいたのですね。

「そう。ということでよろしくね」

「は、はい」

 それから……いろいろとアメリーさんからメイド全体に講習があり、夕方になって雇い主であるレオ様が帰宅する時間になった。
 現在、執事とメイドが全員で綺麗に整列して、レオ様が帰宅するのを待機しています。

 なんか、凄く緊張します。
 これから私が長い間仕えるだろう主人が入って来る。
 どんな人かな?
 恐い人かな……優しい人だったらいいです。
 兎に角、失敗はしないようにしないと……。

 そして、遂にレオ様が入って来ました。
 私は、習った通りに「お帰りなさいませ、ご主人様」と言って礼をする。

「えっと……レオンス・フォースターです。これから、家のことをよろしくお願いします」
 レオ様は丁寧に挨拶を返してきました。

 これには、皆びっくりです。
 私も講習中に先輩から「貴族は皆、偉そうにしていて短気な人が多いから気をつけてね」と何度も助言を貰っていたので凄い驚きです。

 でも、良かったです。
 これからずっと傍で働く身としては、主人さまが優しいことに越したことはないですよね。

 そして、遂に私がレオ様に紹介される時が来ました。
 アメリーさんに呼ばれ、レオ様がいる部屋に入った。

「この子がレオ様の専属メイドになるベルです」

「よ、よろしくお願いします」
 アメリーさんが入ってすぐに私を紹介したので、慌ててしまっておかしな挨拶になってしまいました。
 ああ、やってしまいました……これで私はダメなメイドだと思われてしまったはずです……。

 レオ様は、何も言わずに私をじっと見てきます……。
 やっぱり怒らせてしまったのかも……。


 するとアメリーさんが「レオ様、そんなに女の子をジロジロ見るのはダメですよ」とレオ様に注意しました。

 それにレオ様は「あ、ごめんなさい」と素直に謝ったのです。

 え? 怒ってないの?
 じゃあ、どうして私をあんなにじっと見ていたのでしょうか……?

「でも、レオ様が気に入ったようなので良かったです。頑張って調べた甲斐がありました」
 私が悩んでいるとアメリーさんがレオ様にこんなことを言いました。

 え? 私を気に入ってくれたの?
 本当にレオ様は獣人が好きだったんですね……。


 それから一カ月間、私は大変でした。
 何が大変って、私は何をやっても失敗ばかりなんです。

 掃除をすると、バケツの水をこぼし、
 何か運ぶように頼まれたものは落として壊してしまったりなど。

 何をやってもダメでした……。
 普段、孤児院では失敗しないことも仕事と意識すると失敗してしまうんです……。

 本当に困りました……。

 それと、私は一応専属メイドなのでレオ様が帰って来たら傍にいるのですが、レオ様は暇になるとすぐ私に話しかけてくるのです。
 ただ、「どんな魔法が使えるの?」「魔力はどれくらいあるの?」など魔法についての質問ばかりでしたけどね。

 ちなみに、私の魔法は獣魔法と言って……体を獣の形に変えることが出来る魔法です。
 私は、これを見られるのは恥ずかしいので言いたくなかったのですが……レオ様がしつこく聞いてくるので教えてしまいました。

 すると「何それ? 見たい!」
 案の定、恐れていたことを言われてしまいました……。

 私はそれからどうにかこうにか、逃れていたのですが……。
「お願い。俺の創造魔法を見せてあげるから! どうかお願いします」

 最終的に、主人が敬語を使うというおかしなことになってしまったので仕方なく
「わかりました……けど、手だけでいいですか? 他は恥ずかしいので」
 私は見せてあげることにしました。

「うん、見せてもらえるだけ嬉しい!」

「わ、わかりました」
 そう言って私は、手に魔力を集めて魔法を使います。
 すると、私の手がボフっと毛むくじゃらになり、鋭い爪が出てきました。

「え? ベルって魔力操作を使えるの?」

「魔力操作? ああ、私が育った孤児院では魔道具とかは高級で買えなかったので安い魔石で魔力を鍛えていました」

「なるほど……それにしてもその手は凄いね」
 レオ様はそう言って、私の手をまじまじと見てきました。

「は、恥ずかしいからそんな見ないでください!」
 私は恥ずかしくて手を隠してしまいました。

「ごめんごめん。腕、触ってもいい?」

「え? レオ様、ごめんの意味わかってます?」

「少しだけ、ほんのちょっとだけ触らせて」

「わ、わかりました……ちょっとだけですよ」
 たぶん、断ってもまたお願いされそうなので仕方なく手を差し出しました。

「本当? ありがとう!」
 レオ様はニコニコしながら、私の手も触れていました。
 こんな毛だらけの手の何がいいのでしょうか?

「それじゃあ、僕の番だね」

「え?」

「ベルが見せてくれたら、僕が創造魔法を見せてあげるって約束でしょ?」

「あ、そういえば……」
 そんなことを言っていたかもしれません。

「よし、張り切って造るぞ!」
 そう言って、レオ様は部屋の端に立て掛けてあったリュックをあさり出しました。

 そして、レオ様はリュックの中から綺麗に輝く金属の塊と凄い輝きの魔石を出しました。
「よし、材料も見つけたから始めるよ」

「そ、その材料って何ですか?」

「あ、これ? ミスリルと僕が魔力を注いだ魔石だよ」

「え? み、ミスリル? それにそれだけ立派な魔石を自分でですか……」
 本当にレオ様は凄い人らしいです。

「まあ、素材のことはいいから、魔法を見ていて」

「は、はい」

「それじゃあ、始めます!」
 そう言って、レオ様はミスリルの上に魔石を置いた。

 そして、レオ様が素材に手を向けてると……なんと光り出しました!
 それから、段々と二つは混ざり、一つになってしまいました。
 更に、形が見る見る変わっていきネックレスになって……光が収まりました。

「す、凄いです……」
 私は、それしか言葉が出て来ません。

「そう? それじゃあこれあげる」
 そう言って、私に出来立てのネックレスを渡しました。

 私は、レオさまがあまりにも自然に渡してきたので受け取ってしまいましたが、持ってから我に返りました。
「ちょ、持ってください! こんなに高価な物を受け取ることが出来ません」

「いいからいいから、その分これから頑張って」
 そんなことを言われても……。
 でも、期待して貰っているわけだし貰わないと……。

「わ、わかりました……これから頑張って働かさせて貰います」

「うん、よろしく。それと、いつもそのネックレスを着けててね」

「え? どうしてですか? 壊してしまいそうで恐くて常に着けているなんて出来ません!」

「そんなに簡単に壊れる様な物じゃないし、着けてくれないと意味がないんだよ」
 意味が無い? どういうことですか?

「そ、そうなんですか? わかりました……」
 私はここで断っても仕方が無い気がしたので、ネックレスを首に掛けました。

「うん、それでいいよ」
 レオ様は嬉しそうだった。

「あ、ありがとうございます」

「いえいえ、それじゃあまだ時間あるし魔石に魔力を注ぐのを手伝ってくれない?」

「え? 私が魔力を注ぐのですか?」
 レオ様は、さっきの魔石を見た感じですと私の助けは要らないはずなんですが……。

「そう。これから毎日手伝って」

 レオ様の意図は全くわかりませんが、魔法を見せてと頼まれるよりは全然いいです。
「はい、わかりました」

 それから、毎日夜はレオ様と魔石に魔力を注ぐのが日課になりました……。

「継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー30469

    僕純粋だから下ネタわかんない
    \( ˙-˙ )>

    0
  • エルス・ギルバート

    アニメ化はよ



    ガチで

    0
  • 紅裂 魔宏

    アニメ化すれば良いのになーw

    2
  • ポリプロピレンs

    注ぐのが日課…。下ネt(殴

    4
  • なあ

    最後が少し下ネタに聞こえた.........

    4
コメントを書く