継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

1週間の修行 後編


 すぐに振り向くと.....そこには、本で見たことのあるような魔族の男がいた。

「お前、その黒い髪はもしかして勇者の血族か?」

 質問されてるけど.....驚きのあまり声が出ない。

 仕方が無いので頷いた。

「そうか、勇者は生きているのか?」

「...死んだよ」
 やっと声が出た。

「そうか...人間というのは寿命が短いものだな」

「あなたは誰?」

「俺か? 俺は元魔王だ」
 そう言って、魔族の男は胸を張った。

「え? 死んだんじゃないの?」

「じゃあ、俺はなんだ?」
 そうだけど.....

「じいちゃんとばあちゃんが倒したんじゃないの?」

「じいちゃん? お前、勇者の孫か?」

「そうだよ」

「そうか、俺はちゃんと勇者に倒されたよ」
 元魔王はニヤリと笑いながらそう言った。

「じゃあ、何で生きてるの?」
 倒されたんだろ?

「それは.....俺は魔石が壊されない限り俺は死ぬことはないからだな」
 うんうんと何故か元魔王は頷きながら答えてくれた。

「え~ じゃあ何でここにいるの? 魔界に帰るなり、もう一度人間界に攻めてこないの?」

「それはだな~ 魔界に帰らないのは、魔界は実力主義だから負けた魔王はいらないんだよ。人間界にもう一度攻め込むのは、負けたのにもう一度やる自分が、かっこ悪いと思うからだ。うん」
 また頷きながら教えてくれた。

「な、なるほどね」
 魔王にもこだわりがあるんだね

「だから、ここで大人しく一生を終わらせようと思ってたんだ。けど、お前を見たら気が変わった....」

「ど、どうして? 俺は何されるの?」
 こ、怖い.....

「それ、魔剣だろ」
 そう言うと腰に下げたエレナを指さした。

「そ、そうだけど」
 そ、そういえば、元はこの人のだ.....

「そんなに怖がらなくて良い。別に取ったりしないから」

「じゃ、じゃあ、何するの?」

「それは、魔剣に選ばれたお前と戦ってみたい」

「え~」
 俺殺されるの?

「ちゃんと手加減するからいいだろう?」
 手加減? 手加減してくれるのか?
 あ、いいこと思いついた。

「じゃあ、3日間だけ俺を鍛えてくれない?」

「ほう、それはおもしろそうだな。強くなったお前と戦うのも楽しそうだな」

「う、うん。それじゃあよろしく」
 これで、俺はまた強くなれそうだ....

「ああ、それならこっちに来い」
 魔王がそう言うと空間に穴が開いた....
 何これ?

「これ魔法?こんなの見たことないよ」

「空間魔法だ。これは異空間を造っただけだ」

「へ~ そうなんだー これは便利そうだね」

「お前は何の魔法が出来るんだ?」

「創造魔法だよ」

 創造魔法と聞いた魔王は一瞬驚いた顔をした。
「そうか....それなら、これくらい何年かすれば出来るぞ」
 そう言って、魔王は穴の中に入って行った。

「そうなの?」
 俺も中に入る。

「ああ、創造魔法は魔族でも偶に手に入れる奴がいるんだが、そいつはその代の魔王に必ずなるよ」

「確かに創造魔法は凄いけどそこまでとは....」

「まあ、人間のお前がどこまで使いこなせるかは、お前しだいだ」

「うん、わかった」

「それじゃあ。やるぞ」
 魔王は消えた

 どこ行った?
(レオ様、後ろです)

『ギィン!』

 アンナが教えてくれたおかげで、ギリギリで防御が出来た

「お前凄いなー 人間の成長は速いが、この歳でここまでの奴は見たことが無いぞ」

「僕もここまで強い人は初めてだ」

「こう見えて、まだこの世界の最強だからな」

「そうだったね....」

「ほら、もうおしゃべりは終わりだ」
 今度はとんでもなく大きな魔法を撃ってきた。

 うわ~
「これは流石に避けれないね」

「ならどうする?」

「こうする」
 俺は、魔王の後ろに転移した。

「おお、転移まで出来るのか」
 そう言って、魔王は振り返りながらもの凄いパンチを繰り出してきた。
 あ.....避けれない

 .....が、それを俺は無意識で避けながら、カウンターで魔王の顔面に思いっきり殴る。

「これはなかなかいいな。お前を少し舐めてた」

「今のは俺もびっくりした」

 なぜか一瞬、空手の記憶が出てきて体が自然と動いた。
 前世で俺は空手をやっていたのだろうか?

「それじゃあ、少し本気でやるか」
 そう言うと今度は凄いスピードで近づいて来た。

「うわ~」
 俺はあまりの速さに慌ててしまい、避けようと思ったが体が動かなかった。

 すると魔王の拳が顔の前で止まった
「まだ、子供だな。想定外の動きに弱い」

「はぁ、これはどうにかしないと....」

「まあ、こればかりは慣れだな」
 うん、でもこれからもっと強くなれそう。


 それから3日間が経った....
 現在、魔王と最後の勝負をしている。

 魔王が特大の魔法を撃ってくる
「今回はどう避けるのかな?」

「避けないよ」
 俺は魔法を魔王に向かって蹴り返す。

「おいおい、そんなことも出来るようになってしまったのか....」
 そう言いながら魔王は同じ魔法で相殺する。

「出来るようになったんだ~」
 今度は、俺が背後にまわって答える。

「ならこれでどうだ」
 魔王が炎魔法で広範囲を燃やした。

「うわ~ 危なかったー」
 なんとか俺は、スカイシューズで高いところまで行って避けた。

「今度は俺の番」
 下にいる魔王に向けて斬撃を大量に飛ばす。

 それに対して魔王は
「これは危ないなー」
 と特大魔法で応戦した

 すると、斬撃と魔法が当たり、大きな爆発が起きて魔王はレオの姿が見えなくなってしまった。

「見えないなら、自分から行くさ」
 魔王は煙の中に突っ込む

 しかし、煙を抜けてもレオはいなかった
「あれ?あいつはどこに行ったんだ?」

 すると
「ここだよ」
 レオは後ろから剣を向けていた。

「これは完敗だ」
 魔王は手をあげた

「やったー 帰る前に勝てて良かったよ」

「ここまで成長が速いとは思わなかったよ」

「自分でもそう思うよ」

 現在の俺のステータスは
 レオンス・フォースター Lv.204

 年齢:8
 種族:人族
 職業:創造士

 体力:812×100⁸/812×100⁸(1218×100⁸/1218×100⁸)
 魔力:506×100⁹/506×100⁹

 力:438×100⁸×1.5(657×100⁸)
 速さ:506×100⁸×1.5(758×100⁸)
 運:1000
 属性:無、創造
 スキル
 鑑定 創造魔法Lv.5
 無属性魔法Lv.5 魔力操作Lv.5
 無心Lv.2 剣術Lv.8
 魔力感知Lv.4 転移
 格闘術Lv.9

 称号
 異世界の記憶を持つ者
 賢者
 試練のダンジョン初級編踏破者

 レベルが200を超えてしまった....
 しかも、ステータスの表示が10⁸とかだったのに100⁸になっている。

 これは、この1週間で俺のステータスが約10億倍になってしまったということだ。
 もうここまで来ると、逆にどこまで表示出来るのかが楽しみだ。

 それと格闘術を手に入れていた。
 どうして格闘術がここまでレベルが高いのかは、たぶん前世が関係しているんだと思うがよくわからない。

 ちなみに、格闘術がここまで高いと魔法を蹴る殴るが出来てしまう。

「本当に強くなってしまった...」

「ああ、良かったな。転移が出来るんだから、たまには顔を出せよ」

「うん、わかった。また来るよ。今度は本気で相手してね」

「まあ、それは次回会った時に考えるよ」

「それじゃあ、本気になって貰えるようになったら、戦いを申し込むよ」
 そう言って、俺は転移を使った....

「継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー262395

    戦闘シーンで「~」を付けられると気が抜けるね

    5
コメントを書く