継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

ダンジョンを進んでいます

 
 6階からは、コボルドとオークが出てきた。
 1階ごとの広が段々と広くなってきて、普通の人なら10階に行くまで丸1日はかかるだろう。
 ただ、俺たちはオートマップがあるので、迷うことなくスイスイ進み難無く10階のボス部屋の前までに進むことが出来た。

「この階のボスは、オークロードが出る」

「たぶん、ここもキングが出るね」

「そんなに連続でレアボスは出ないぞ?」

「きっと、僕のが凄いから出るよ」

「そうかもな.....それは入ってからのお楽しみだな」

「そうだね」

「今回は最後まで油断しないで戦えよ?」

「うん、わかった」

「じゃあ行くぞ」

 ボス部屋に突入する

 中に入るとやはり
「オークキングだなこれは」

「言った通りになったね」

「なってしまったな。ということは、毎回レアボスと戦うしかないのか.....」
 確かに、今はいいが深層部のボスがレアボスだったら倒すのが大変だな....

 ただ、それでも
「どんなアイテムが出るか楽しみだね」

「油断するな!おしゃべりは終わりだ!」
 
 じいちゃんに言われて、急いでオークキングの方を見ると

『グア~~~~~~~』
 既に、大剣を振りかぶっていた。

 俺とじいちゃんはすぐに、オークの攻撃を避けた。
 すると、オークキングは火魔法をいくつも撃って追撃してきた!

 それをじいちゃんは切り、俺は空中を蹴ってギリギリで避ける。
 そして、避けた俺は無属性魔法で体を強化し、エレナに風魔法を付加した。

 それを見たオークキングは俺に狙いを定めて、大剣を横に振って攻撃してきた....

「1回は剣の上に乗ってから攻撃するなんて、かっこいいことをしてみたかったんだよね」
 俺は、オークキングが振り終わった大剣の上に乗ることに成功した。

 そして、そのまま剣の上を走って近づき、オークキングの首をスパンと切った。
 風魔法を付加したエレナは、切れ味が抜群でオークキングの首は簡単に飛んだ。

「ふう、今回は死ぬ間際に魔法を撃ったりしないみたいだね」
 同じ失敗はしたくない

「首が飛んだからな」

「さて、何が出るかな?」
 楽しみにドロップを待っていると、出てきたのは....肉だった。

「肉か~」
 肉より、創造魔法に使える素材が欲しかったな.....

「これは美味そうだな。キリがいいところで晩飯にして寝るぞ!」

「ここで寝るの?」

「ああ、俺らがこの部屋から出ない限り、新しくボスが出てくることはないから心配するな」

「でも、次にボスを倒したい人に迷惑じゃない?」

「この時間に、ボスを倒しに来る奴はいないから大丈夫だ」

「えっ!?今何時なの?」

「今は夜の10時くらいだな」

「もうそんな時間なんだ」

「ダンジョンにいると気がつかないだろう?」

「そうだね。時計でも造ろうかな~」

 ダンジョンに来る前に手に入れた、オークの魔石とミスリルを取り出した。
 それから、魔石に魔力を少し注ぎ創造魔法を使った。

 そして完成したのは
<目覚まし付きの懐中時計>
 いつまでも正確な時間を教えてくれる。
 起こしてほしい時間を言うとその時間に起こしてくれる。
 壊れることは無い
 創造者:レオンス・フォースター

 特殊な時計は要らなかったので、手に入れたばかりの魔石に少しだけ(のつもり)魔力を注いで造ったが、壊れないというヤバいのが出来てしまった.....
 でも、それを除けばただの目覚まし付きの時計だったので良しとしよう。

「また何か造ったのか?」

「時計だよ」

「ただの時計じゃないだろ?」

「えっと...目覚ましが付いてる」

「本当にそれだけか?」

「あ、うん、大した魔石を使ったわけじゃないし」

「そうか、じゃあ肉を焼いて食うか」

「うん」

 それから、晩飯を食べて寝た。
 なんと、オークキングの肉はめちゃくちゃおいしかった.....
 また食べたいな~

<2日目の朝>
 じいちゃんが7時に起きると言っていたので、目覚ましをその時間に設定してみたところ、念話で(起きてくださ~い)と起こされてびっくりした。
 それから、朝食をじいちゃんの空間収納に入っていたパンを食べて、ボスの部屋を後にした。

 2日目は20階まで進んだ。
 11~15階は、木のモンスターのトレントとキノコのモンスターのマタンゴが出た。
 トレントのドロップは魔法樹の枝で、マタンゴは毒キノコだった。
 ボスは、レアボスのエルダートレントでドロップは神樹の枝という物だった。
 このドロップ達は、いつか必要になった時にでも使ってみることにした。

 16~20階はトロールとオークが出て、ボスはサイクロプスが出た。
 トロールのドロップはトロールの皮でサイクロプスのドロップは大きな魔石だった。
 じいちゃんが言うには魔石のドロップは珍しく、レアドロップとのこと。

 1日の説明がこんなに短い理由は、全く苦戦することなく、あっさりと進めてしまったからである。
 ボスを含めたどのモンスターも一撃で倒してしまい、最後の方はやはり作業になってしまっていた。

<3日目>
 3日目は、28階までしか進めなかった。
 だんだんと1階ごとの広さが広くなってきたので、8階しか進むことが出来なかった。

 そして、出て来た魔物は.....
 21~25階までは、ワーウルフが集団でいて、ボスはケルベロスだった。
 こいつらもまた瞬殺で終わってしまった。

 ドロップはワーウルフもケルベロスも牙だった。

 26~28階はオーガが出てきた。
 ドロップは角

 そして3日目終了時点でのステータスはこちら

 レオンス・フォースター Lv.38

 年齢:8
 種族:人族
 職業:創造士

 体力:582×10³/582×10³
 魔力:570×10⁵/570×10⁵

 力:314×10³×1.5(471×10³)
 速さ:363×10³×1.5(544.5×10³)
 運:1000
 属性:無、創造
 スキル
 鑑定 創造魔法Lv.4
 無属性魔法Lv.5 魔力操作Lv.5
 無心Lv.2 剣術Lv.7
 魔力感知Lv.2

 称号
 異世界の記憶を持つ者
 賢者

 もうステータスは、気にしないことに決めた...
 それから、剣術がレベル7になったが免許皆伝が師範代になっただけで、他は変わらなかった。

 ところで、ダンジョンのボス部屋以外で休むしかなくなってしまったので、どうするのかじいちゃんに質問したところ。
「交代で見張りながら寝るしかないな」
 と言われてしまった。

 しかし、寝る時間が減るのは嫌だったので、アイテムを造ってどうにかすることに決めた!

 材料は、たくさんのトロールの皮とサイクロプスの魔石にした。
 まず、魔石に俺の半分くらいの魔力を注ぐ。
 すると、大きな魔石が綺麗に輝きだした。

「一瞬でここまでの魔力を注げるとは、どんな成長したんだ?」

「さ、さあ?」
 ちょっと、成長が速いだけだし!

 それから、トロールの皮と魔石に残りの魔力全部で創造魔法を使った。
 すると、いつもより強く長い時間光った。

 そして、出来た物は
<快適テント>
 このテントはどんな魔物や人でも見える範囲には近づけない
 ただし、テントを立てた時に見える範囲にいた者は無効
 中は広く、5LDKで大きな風呂がひとつあって快適
 創造者:レオンス・フォースター

 出来た物の説明をじいちゃんにすると
「はあ? この小さめのテントがそんなに広いだと?」

「らしいよ。とりあえず中に入ってみようよ」
 そう言って、テントの中に入ってみると、どこかの家の玄関にいるような感覚になった。

本当マジみたいだな.....」

「みたいだね」

「と、とりあえず風呂に入るぞ」
 やっぱり日本人は、風呂に何日か入れないとつらいよね。

 それから風呂に入ってから、ご飯を食べてベットは無いので床で寝た。

 次の日、気持ち良く起きることが出来た。
 そして、さっそく30階のボスであるブラックオーガを倒して31階に進んだ。
 ちなみに、ブラックオーガのドロップは、ブラックオーガが使っていた金棒(ミスリル製)だった。

 4日で30階って、相当速いペースだよね?
 もしかしたら、踏破出来ちゃうかも.....

「継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く