継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

ダンジョン攻略スタート

 
 宿には、もちろん風呂は無かった。
 ただ、じいちゃんが値段が高めのところにしてくれたおかげで、ベットがしっかりしていてちゃんと寝れたので快適だった。
 それと、飯を食べていて酔った冒険者が絡んでくるということもなかったが、これは少し期待してたので残念だ。

 そして、遂にこれからダンジョンに挑戦する!

 現在、俺たちは1階で、ゴブリンを片っ端から倒しながらどんどん進んでいる。

 1階は狭いので、俺のオートマッピングですぐに階段の場所がわかった。
 やっぱり、造っておいて良かったな~
「創造魔法を無能って言い出したの誰だよ...」

「しょうがないよ。創造魔法を使うにはたくさんの魔力とレベルの高い魔力操作が必要だから」

「そうは言っても......レオが造った物を見ると貴族が本当に愚かなことを改めて思うよ」

「じいちゃんは貴族が嫌いなんだね」

「まあ、大体の貴族は馬鹿で強欲で無駄にプライドが高い奴なんだよ」

「へ~」

「お、階段見つけたぞ」
 話していたら、すぐに3階へと繋がる階段を見つけた。

「そういえば、出て来る魔物って、何階ごとに変わるの?」

「このダンジョンは5階ごとに出てくる魔物が変わるはずだ」

「5階ごとね。了解」

「ということで、5階まではさっさと終わらせるぞ」

「はーい」
 それから数は増えたが、偶にスライムで後はゴブリンばかりで最後の方はもう戦うというより作業だった。

 そして1時間くらいして、5階の大きな扉の前にいる。
「確か、ここは5階からボスが出るんだっけな....」

「普通は違うの?」

「ああ、大体は10階ごとだな」

「じゃあ、このダンジョンは難易度が高いのかな?」

「そうかもな」

「そういえば、二人だけでボスを倒せるの?」
 ボスって、結構ヤバい魔物が出て来そうな気がする....

「心配するな。先に調べておいた情報ではゴブリンロードらしいから大丈夫だ」

「え?ゴブリンロードって言えば結構強いよね?」

「まあ、地上で発生したら村くらいなら簡単に潰れるな」

「それが余裕なの?」

「大丈夫だ。もしなんかあっても俺が1人で倒せるから」

「そ、そうだよね.....」
 考えてみたらこの人勇者だった....

「それに、ここまで来るのに大量のゴブリンを倒したから、レオのレベルも上がってるはずだ」

「そうかな?見てみる」

 レオンス・フォースター Lv.9

 年齢:8
 種族:人族
 職業:創造士

 体力:2940/2940
 魔力:289×10³/289×10³

 力:1590×1.5(2385)
 速さ:1840×1.5(2760)
 運:1000
 属性:無、創造
 スキル
 鑑定 創造魔法Lv.4
 無属性魔法Lv.5 魔力操作Lv.5
 無心Lv.2 剣術Lv.6
 魔力感知Lv.2

 称号
 異世界の記憶を持つ者
 賢者

 レベルに対してのステータスがどんどんおかしくなっているな....
 こんなヤバいステータスの8才児は絶対にいないだろうね。

 それと、エレナのレベルが上がっていた。

<魔剣エレナLv.2>
 持ち主と念話が出来る
 持ち主の大量に魔力を吸収して切れ味と耐久性を強化していく
 レベルが上がると出来る能力が増える
 自己修復能力有り
 Lv.2…斬撃を飛ばせる
 創造者:レオンス・フォースター

「うん、簡単に倒せる気がしてきた」

「だろ? それじゃあ行くぞ!」
 そう言って、じいちゃんとボス部屋に勢い良く入って行く。

 中に入ると、巨大なゴブリンがいた。
 大体、3メートルくらいありそうな大きさだ....
 思っていたより大きいぞ?

「これはゴブリンキングだな」

「え?ゴブリンロードじゃないの?」

「ああ、これはレアボスだな」

「レアってよりハズレボスでしょ!」
 これに勝てるのか?

「その分、ドロップアイテムが凄いんだよ」

「なるほどね」
 それなら仕方がない

「冒険者の中には、レアボスが出るまで同じ階に居続ける奴もいるくらいだからな」

「それはドロップが楽しみだね」

「ただ、20階レベルの強さだから無属性魔法を使って本気でいくぞ」

「うん、じゃあ僕は改造した装備も使ってみるよ」

「お前、もしかして、もともと高性能な物にさらに創造魔法を使って性能を上げたのか?」

「うん」

「それは凄そうだ。出し惜しみするなよ」

「うん、わかったよ」
 死にたくないし、出し惜しみなんてしない。

『グギャア~~~~~』
 俺たちが構えるとあっちも戦闘モードに入ったのか、大きな声で吠えた。

「じゃあ、いくぞ!」

「わかった」

 俺は、無属性魔法を使いながら
(エレナよろしく)

(はいよ)
 早速、エレナを抜いた。

 まずは、手に入れたばかりの斬撃を飛ばしてみる。
 すると、それに正面から当たったゴブリンキングが壁まで吹っ飛んだ。

 おいおい、いくら何でもこの威力はヤバいだろ.....

「お前.....そんなことまで出来るのか?」

「まだあるよ!」
 そう言って、俺はゴブリンキングに向かって空中を走る。
 
 そして、立ち上がろうとしているゴブリンキングの首に剣を刺した。

『グフッ』
 そう言って、ゴブリンキングは力尽きたと思った......が、最後の力をふり絞り巨大な炎魔法を撃ってきた!

「あ、やべ」
 この距離だと避けれない!

「最後まで気を抜くな」
 いきなり、じいちゃんが前に現れたと思ったら.....炎を真っ二つに切ってしまった。

「スゲー、じいちゃんは魔法も切れるの?」

「ああ、剣術のレベルが上がれば出来るぞ」

「へ~」
 やっぱり、じいちゃんは凄い人なんだね。

「それにしても......詰めは甘かったが、1人でゴブリンキングを瞬殺してしまうとは思わなかったぞ?」

「そ、そうかな......あ、ドロップが出て来てる!」

 ゴブリンキングの死体が光と共に消えると出てきたのは皮の手袋だった。

 どんな物なのか、鑑定してみると
<王様のグローブ>
 とにかく頑丈で魔力伝導が良い素材
 昔、どこかの国の王様が愛したグローブ

「じいちゃん」

「なんだ?」

「この手袋貰っていい?」

「いいぞ。倒したのはレオだからな」

「ありがとう! それじゃあ、さっそく改造してみよ~う」
 そう言いながら、リュックから魔石を出す。

「なんだ、そのすさまじい輝きの魔石は?」

「これ? 僕が2年ぐらいかけて魔力を注いだ魔石だよ」

「2年か.....それを使って何するんだ?」

「魔法アイテムを造るんだよ」

「なるほど。材料なわけか」

「そういうこと」

 魔石とグローブに創造魔法を使う
 そして、しばらくして出来た物は.....

<マジックハンド>
 これを着けると魔法の精度と威力が格段に上がる。
 また、これを着けているとこの手袋または手で持っている武器に自分の魔法を付加できる。
 創造者:レオンス・フォースター

 さっそく、俺は装着してみる。
 そして、エレナを持ち炎を付加してみた。
(な、何だこれは?)

(ちょっと炎を付加してみた)

(おお、なんか強くなった気分だ)
 確かに見た目はかっこいいな~

「お、お前、今度は何を造ったんだ?」

「これは武器に魔法を付加できる手袋だよ」

「また、凄い物を...」
 段々、じいちゃんの反応が疲れてきている....

「そ、そんなに凄いかな....?」

「まあいいさ。ところで、普通はレベル30くらいの冒険者が3~5人で倒す魔物を、レオ1人で倒したか結構レベル上がったんじゃないか?」

「どうだろう?」

 レオンス・フォースター Lv.17

 年齢:8
 種族:人族
 職業:創造士

 体力:12,640/12,640
 魔力:124×10⁴/124×10⁴

 力:6840×1.5(10,260)
 速さ:7910×1.5(11,865)
 運:1000
 属性:無、創造
 スキル
 鑑定 創造魔法Lv.4
 無属性魔法Lv.5 魔力操作Lv.5
 無心Lv.2 剣術Lv.6
 魔力感知Lv.2

 称号
 異世界の記憶を持つ者
 賢者


 ステータスが運以外の全てが万を越えちゃってる.....
「レベルが8も上がってる.....」

「おお、それは良かったな」

「う、うん」
 良かった.....のかな?

「その才だと、レベルが10を超えている奴すらいないと思うぞ」

「そ、そうだろうね」

 これはヤバい!ミサンガが頑張りすぎちゃってるよ.....

 それに、もうじいちゃんを越えちゃった。
 じいちゃんを超える日は、いつか来ると思ってたけど早過ぎだろ。
 もう、初日でダンジョンで特訓する必要が無くなってしまった...

 どうしよう、ミサンガを外そうかな~
 でも、強い分には困らないはずだよな....

 よし、決めた!
 これからは、強くなれるところまで強くなって、普段は謙虚に実力を隠して生きていこう.....

「継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 見習いにゅーびー

    別に間違ってないですよ
    工業にいて勉強してますが、一桁にするって教えられたの科学だけです
    62,3×10の三乗とか問題の答えとかでよくでます

    0
  • ノベルバユーザー131393

    10の何乗って書く場合は最初の数は1桁ですよ。1.24×10の何乗みたいな感じです

    3
コメントを書く