継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

もうすぐ8才

 
 皇帝訪問から2年くらい経った。
 あと少しで、俺は8才になる。

 この2年間は創造魔法を練習していた。
 ミスリルを創造魔法で形を変えたら、それをまた創造魔法の材料にして練習するのを繰り返した。

 ただ、もったいなくて魔石を使ったのは1回だけだった。
 その一回は、試してみたい素材があったので我慢が出来なかった。

 試したい素材とは、成長のミサンガに使った父さんが持っていたハンカチだ。
 やっと、ハンカチの原料がわかったよ....
 
<マジックシルク>
 とても魔力が含まれている高級シルク
 魔力の濃度が凄く高い場所にのみ生息する蚕の繭を使っている

 ちなみに、マジックシルクを造る蚕が見つかったのは、魔の森だけなのでとても値段が高い。
 なんと、素材屋で500グラム白金貨4枚という価格(だいたい千万円)だった。

 買っちゃったけどね!

 それで、何を造ったかというと.....
 異空間収納のリュックを造ろうと思った。

 じいちゃんとばあちゃんを鑑定した時から、空間収納が欲しかったけど、生半可な材料や魔石では失敗しそうだから、造ろうとは思わなかった。

 マジックシルクと魔石を使って出来た物は
<異空間収納のポケットを持っているリュックサック>
 リュックを開けて入れたい物に「入れ」と念じると中にあるポケットに入る
 ポケットの容量は使用者が最初にリュックに注いだ魔力に比例する
 使用者は最初に魔力を注いだ人
 リュックを持てるのは使用者または使用者と同時に魔力を注いだ物のみ
 作成者:レオンス・フォースター

 まさかのポケットに能力が行ってしまった.....
 ポケットか...四次元....いや、何でもない
 ただ、防犯機能が凄いぞ...
 持てないって凄いな....

 最後に俺の魔力がやばいことになってきた

 レオンス・フォースター Lv.1

 年齢:7
 種族:人族
 職業:創造士

 体力:5/5
 魔力:31400/31400

 力:5
 速さ:6
 運:1000
 属性:無、創造
 スキル
 鑑定 創造魔法Lv.3
 無属性魔法Lv.1 魔力操作Lv.5
 無心Lv.2

 称号
 異世界の記憶を持つ者
 魔導師

 魔力の成長値は加速度的に増えていくようで、俺のミサンガとの相性が凄くやばいことに気がついてしまった。
 例えば、普通はスタートを10として10+1+(1+1)+(2+1)+…=10+1+2+3+…だとすると
 俺の場合は、10+1×2+(2+1)×2+(6+1)×2+…=10+2+6+14…となる。

 しかし、最近は使い切るのが大変になってきたので、魔力鍛錬の効率が悪くなってきてしまったのでなかなか成長することが出来ない。

 それから魔力操作がレベル5になった。
<魔力操作Lv.5>
 体内の魔力を操作できる
 レベルが上がるほど速く広く動かせる
 このスキルを使うと魔力が上がる
 努力しだいで得ることが出来る
 Lv.5…自分の外にある魔力も簡単に操作できる

 あと<無心>を手に入れた。
 これは、ご察しの通りシェリーが帰った後に確認した時に気が付いた

<無心Lv.2>
 無心になれる
 レベルが上がるほど何に対しても動じない
 Lv.2…さほどのことがない限りポーカーフェイスができる


 さて、これからの予定は8才の誕生パーティーのために帝都に向かう。
 帝国の貴族の誕生パーティーは帝都の屋敷で催して、自分と同じか下の階級の貴族を呼ぶのが普通である。
 そういうわけで、公爵家の俺のパーティーは凄い数の人を呼ぶことになっている。
 なので、今から俺は逃げ出したい.....

 それから、俺が産まれたのは7月なのだが、4月から学校が始まるまで帝都でじいちゃんとばあちゃんに鍛えてもらうことになった。
 なので、俺は8才から帝都で暮らすことになる。
 いったい、どんな特訓が待っているのか今から楽しみだ!

<1週間後>

 帝都に向けて出発する準備も終わった。
 まあ、俺は荷物を全部、あのリュックに入れたので、すぐに準備は終わったけどね。

「じゃあ、出発するぞ」

「はあ、わかったよ」

「そんなに寂しがるな、また帰って来れる」

 別に、寂しいわけじゃないんだよね.....
 パーティーが嫌なんだよ!


 <その頃in帝都>

「お父さん、レオの誕生日を祝いに行きたい!!」
 シェリーが皇帝の所にそう言って駆け寄った

「だ、誰からそれを聞いた...」

「そんなことより行きたい!」

「ダメだ。こうなるから教えなかったんだ」
 そう言って、皇帝は頭を抱える

「何でダメなの?いいじゃない」

「他の貴族のパーティーに参加してないのに、レオくんのだけ参加したら、王家がフォースター家を贔屓してることになってしまうだろ?」

「実際そうなんだからいいじゃない」

「そ、そうか? もしそうであったとしても、今回シェリアが行ったらそれを認めることになるんだよ」

「え~行きた~い」

「じゃあ、誕生日の前か後の日に非公式で城にレオくんを呼べばいいじゃないか」
 そう言って、皇帝はニヤリと笑った

「そんなことができるの?」
 シェリーは半信半疑っと言いたげな顔を皇帝に向けた。

「ようするに、ただのシェリアの友達として呼べば王家のことは関係ない」

「じゃあ、それにする」

「よし、あとはレオくんが帝都に着いてからだな」


 その頃in帝都に向かっている馬車

(ぞくぞく)
 え?なんか急に悪寒がするぞ

「あー、帝都に行きたくないな~」
 思わず声に出してしまった

「そんなことを言わないの。お姉ちゃん達に久しぶりに会えるのよ」

 そういえば姉ちゃんとは2年ぶりでお兄さん達は1才の誕生日から会ってないな。
 皆、大きくなったかな?

 少し帝都に行く楽しみが出来たが、パーティーが嫌な気持ちには勝てない。

 はぁ、本当に憂鬱だな.....


 それから1週間ぐらいして、やっと帝都に着いた。

 5才の時に馬車を経験した為か、今回は酔うことが無かった。

 ただ、本当に退屈だった。
 ひたすら外を見るだけで他にやることも無い。
 
 しかし、帝都に着く寸前になってくると、帰りたい、まだ着くな、をずっと頭の中で連呼していた。

 だが、帝都の屋敷に無事に到着してしまった.....

「継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く