継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

一才の誕生日&この世界について

 
 一才の誕生日になった

 この世界の貴族は8,16歳の誕生日を盛大にパーティーを開催して祝うのが普通らしい
 ちなみに成人は16歳

 ただ、初めての誕生日だからと家族全員が集まった。


 そこで、やっと家族全員と俺の名前(愛称じゃない)と歳がわかった。

 俺は「レオンス・フォースター」というらしい
 なかなか、かっこい名前じゃない?
 結構気に入っている。

 家族はなんと姉の他に、兄が2人いた。

 一番上の兄が「イヴァン・フォースター」8才
 父さん似で、体格が良く顔も良し

 二番目の兄が「アレックス・フォースター」7才
 母さん似で、体は細いが頭は良さそう。こっちもイケメン

 あと姉と両親は

 姉が「ヘレナ・フォースター」4才

 父が「ディオルク・フォースター」28歳

 母は「カーラ・フォースター」25歳

 ちなみに、一番上の兄と姉が赤毛で二番目の兄が黒髪だった。

 それと、最近やっと鏡を見せてもらって、自分が黒髪であることを知った。

 俺の顔は、まだ赤ん坊なので、イケメンかどうかは判断できないが姉、兄を見ていると俺もイケメンになれる気がしてきた。

 そして現在、父さんが来ないので普段俺と会えない二人の兄が俺に話しかけている
「はじめましてレオ。おれはイヴァンだ」
 と一番上の兄が大きな声であいさつをしてきた

 それに対して二番目の兄は
「僕はアレックスだよ」
 と優しいあいさつをした

「レオは黒髪か...良かったじゃん仲間が出来て」

「そうだね。僕だけが兄弟の中で一人だけ黒髪だったから、やっと仲間が出来た」
 とアレックス兄さんが頭を撫でてきた。

 そんな中
 「遅れてごめん」
 と勢いよく父が部屋に入って来た

 すると母が
「大丈夫よ。今イヴァンたちが、レオにあいさつしていたところだから」


「それはよかった。おお、子供たちがみんな大きくなってしまったな」
 と1人1人に
「イヴァンとアレックスは学校楽しいか?」

「ヘレナはそろそろ学校が始まるな」

「レオ会いたかったよ」
 と言いながら頭を撫でていった。

 そして、
「じゃあ、始めるか」とみんな席に着き


「「「「「レオ誕生日おめでとう!」」」」」
 と始まった。

「ここのところ領地周りで忙しかったからみんなに会えなかったけど、やっと終わったからこれから毎日会えるよ」
と父さんが嬉しそうに言った

「けど、僕とイヴァン兄さんは学校があるから明日には帝都に戻っちゃうけどね」

「なに!? でも今日会えただけでもうれしいよ」

「それより、レオはどんな子なの?」
 と父との会話を終えてアレックス兄さんが質問した。

 それに母ではなく姉ちゃんが
「えっとね。レオはね、とってもかわいくてかわっているの!」
 と答えた


「えっ、どうかわっているんだい? 見た目は普通に賢そうだけど...」

 それに母が
「ああ、それはねハイハイできるようになったと思ったら家の中を毎日動き回って、書斎で魔法についての本を見つけたら気に入っちゃったらしくて、それからはずっと部屋にこもってメイド達に読ませてたの」
 と言いながら変わってるでしょ?みたいな顔をした

 どうやら俺が毎日、魔力の鍛錬は気がついてないらしい

「へぇそうなんだ、それは将来有望だな~」

「そうでしょ適性魔法が楽しみだわ」

適性魔法かぁ いったい何になるだろうか? 楽しみだな~


<4年後>

 ついに俺は5才になった

 あれから、毎日家から出ること無く魔力鍛錬か書斎の本を読んでいた。

 それと、話すことが出来るようになってからは家族やメイド、執事にこの世界や自分が住んでいる国、フォースター家について質問しまくった。


 家族からは将来有望視が強まった。

 初めのうちは簡単な質問であったので、笑顔で子供でもわかるように教えてくれていた。
 しかし、少しずつ細かい質問になるにつれて、大人たちは答えるのが難しくなり、本を読んでいるときはメイドが近づかなくなってしまった。


 ただ、執事長のセバスチャンはどんな質問にも真摯に答えてくれた。

 しかも
「疑問に思ったらすぐに解決するのです。知識は持てば持つほど、人生を豊かにしていく力にしてくれます。だから遠慮せず私を使って疑問を解決してください」
 とむしろ応援してくれちゃった。


 そして、この世界には魔法があったのでもしかしたらと思っていたら正解


 魔物や魔王がいるそうです。


 ただし、人間が住む人間界と魔王のいる魔界の間に大きな山脈とそれを挟むように大きな森がある。
 そこには凶暴な魔物やドラゴンがたくさんいるので魔の森、死の山脈と呼ばれて、人間も魔族もお互いに干渉出来ないようになっているようだ。

 あと、魔王がいるのだからエルフもドワーフも獣人もいる


 それぞれ、国や里があるのだがほとんどが人間に混ざって暮らしている。


 次に人間界にはアルバー王国、ベクター帝国、ガルム教国と呼ばれている三大国家ある。

 この三国は同じ位の人口であり、アルバー王国とベクター帝国は戦争は起こさないが仲がとても悪く、ガルム教国はどちらも敵にしないため中立を宣言している。


 俺が住んでいるのはベクター帝国

 特色は魔法国家であり、魔法の実力があれば成り上がることができ、帝国にある魔法学校は世界中から学びに来るほどレベルが高い。


 ただ、魔界との境界線である巨大な森と接してるため、ドラゴンやモンスターによる災害がたびたび起こってしまう。


 最後にフォースター家について

 初代フォースターはなんと勇者

 しかも、俺のじいちゃんだそうだ。

 勇者が貴族になるまでの話は、物語になるほど有名で、俺も読んだ。


「50年ほど昔、魔王が突如三大国の王達の前に現れ宣戦布告をして行った。

 それから魔物の数が増えていき、どんどん魔物が強力になっていきました。

 それに焦った三国は、協力することに決めた。
 まず、王国の王女が異世界から勇者を召喚し、教国の聖女と帝国の魔導師と一緒に旅をさせました。

 勇者は仲間の助けを借りながら、強力な魔物を倒して力をつけて、最後に魔の森にいた魔王倒した。

 しかし、魔王を倒した勇者は王国の権力争いに巻き込まれ、恋をしていた魔導師のいる帝国に亡命しました。

 それから、勇者は魔導師と結婚して皇帝から侯爵を叙爵され、魔の森と接している領地を授かり、隠居するまで災害級の魔物やドラゴンから帝国を守った」

 これがまとめた内容
 めっちゃ物語みたいでかっこいい!(物語です)
 この人がじいちゃんって凄いなー

 あと、まだ勇者じいちゃんは生きてます!

 俺が生まれた頃に、国を守り続けた褒美に公爵に叙爵されて帝都で隠居生活しているそうです。


 ちなみに、これから会いに行くらしい

 適性魔法を調べるついでに...

「継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー270351

    おもしろくナァーァイ

    0
コメントを書く