継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

じいちゃん&ばあちゃん

 
 馬車に乗ると、もう一度ステータスを確認した。
 教会の中で、しっかり確認することが出来なかったことと、まだ俺の適性魔法が無能であると信じることが出来ないからである。
 もう一度、心が打ちのめされるのも怖いが、きっと、何か新しい発見があるはずだ!

 レオンス・フォースター Lv.1

 年齢:5
 種族:人族
 職業:創造士

 体力:5/5
 魔力:4650/4650

 力:3
 速さ:4
 運:1000
 属性:無、創造
 スキル
 鑑定 創造魔法Lv.1
 無属性魔法Lv.1 魔力操作Lv.4

 称号
 異世界の記憶を持つ者
 魔法使い

 さっきは、もの凄く高い魔力と運に目が行ってしまって、他を見ていなかったがいろいろとヤバいのがあるな.....

 まず、称号....
 異世界の記憶を持つ者って、これが父さんたちに見られてたらと思うと、人に見られない設定で本当に助かったよ。
 
 あとは、鑑定だ。
 これはわかるぞ。
 たぶん、念じれば鑑定結果が見ることが出来るはず。

 まあ、当たっているかどうかはカードを鑑定して試せばいいか

<ステータスカード>
 持ち主の能力を鑑定した結果を写しだす
 約1000年前の転生者が発明した

 やっぱり、転生者は俺以外にもいるんだな。
 
 今度はカードの文字を鑑定した。
<鑑定>
 見たものを調べることができる能力
 称号によって手に入れることが出来る

<創造魔法Lv.1>
 魔力を使ってイメージしたものを造ることが出来る魔法
 レベルが上がるほど造れる幅が広がる
 材料があると造れる幅がもっと上がる
 Lv.1…材料があっても簡単な物しか造れない

<無属性魔法Lv.1>
 魔力を使って自分の力と速さを上げる
 Lv.1…使った魔力の1割分だけ上昇

<魔力操作Lv.4>
 体内の魔力を操作できる
 レベルが上がるほど速く広く動かせる
 このスキルを使うと魔力が上がる
 努力しだいで得ることが出来る
 Lv.4…魔力を体中に速く動かすことが出来る

<異世界の記憶を持つ者>
 異世界の記憶を持って生まれた者が貰う
 スキル<鑑定>を得た

<魔法使い>
 魔力が1000を超えると貰える
 魔法に必要な魔力が5%減

 スキルと称号を鑑定したらこれが出た。
 とにかく情報量が多過ぎて、考えるのが追いつかない....
 そして、馬車が止まってしまった。

「着いたぞ、ここがお前のもう一つの家だ」

 馬車から降りると、そこには俺が今住んでいる家よりは小さいが、凄く立派な豪邸があった。
 これが、帝都にあるフォースター家の屋敷か....

「おっ、少し顔が明るくなったな。8才になったらここに住むようになるぞ」

「そうなの?」

「ああ、8才になったら帝都の学校に通うようになるからな」

 学校かー
 どうか、いじめられませんように....

「いらっしゃい、長旅お疲れ様」
 家に入ると一人の女性が出迎えてくれた

「久しぶり母さん!」
 父さんの母さんだから....この人が俺のばあちゃんか!

「お久しぶりです、お義母かあ様」

「久しぶりね。その子が私の可愛い孫かい?」
 そう言うと俺を持ち上げた。

「レオ、自己紹介してみなさい」

「は、はい。ぼ、僕はレオンスといいます、5才です」
 いきなり言われたのでんでしまった。

「あら?5才にしては言葉づかいがいいこと」

(ギクリ)

 ばあちゃんが爆弾投下してきた。

「そう言われてみれば、そうかもしれないわね」
 母さんの追撃。

「まあ、レオが天才なだけだよ」
 父さんの親バカに助けられる。

「それは将来が楽しみだね。とりあえずじいさんが待ってるからさっさと行ってあげな」
 ばあちゃんは、そう言うと抱きかかえている俺の顔をじっと見て、じいちゃんのいる部屋まで案内した。

 そして、その部屋に入ると
「遅いぞ!待ちくたびれた」
 そこには、50代くらいの老人が機嫌悪そうに立っていた。

 しかし、ばあちゃんに抱かれている俺を見ると
「その子が儂の孫かな?婆さんずるいぞ!儂にも抱っこさせてくれ」
 すぐに、機嫌の悪さはどこかに行ってしまった。

「しょうがないわねえ」
 俺はじいちゃんに渡された。

 じいちゃんは黒眼、白髪混じりの黒髪で、記憶にある日本人そのままだ。
 ちなみに、ばあちゃんは金髪。

「よしよし、かわいいのう」
 じいちゃんは、さっきまでの期限の悪い顔から想像できない程、ニヤニヤと顔が歪んでいる。
 どうやら、勇者もじいちゃんになってしまえば、爺馬鹿になってしまうみたいだ。

 と、思ったがある程度時間が経つと、真面目な顔に戻して父さんの方に顔を向けた。
「で、さっそくだがステータスはどうだったんだ?」

「魔力と運がとても高いよ。なんと、既にどっちも俺より高い」

「魔力が既にお前より高い?嘘だろ?」

「いや、嘘じゃないから見せて貰いなよ」
 そう言って父さんが俺の方を見たので、手からカードを出してじいちゃんに渡した。

「本当だ.....凄いじゃないか。これじゃあ、婆さんを超すのも夢じゃないな」

「本当に抜かされそうね.....楽しみだわ」

 え?ばあちゃんを超えるのってそんなに凄いの?
 いったい、どんな魔力量なんだろう?

 気になったので鑑定してみる。
 カリーナ・フォースターLv.141

 年齢:60
 種族:人族
 職業:元魔導師
 状態:老化

 体力:5890/8060
 魔力:9970/16740

 力:750→430
 速さ:1020→680
 運:90
 属性:無、炎、植物、土、水、風
 スキル
 炎魔法Lv.MAX 植物魔法Lv.MAX
 土魔法Lv.MAX 水魔法Lv.MAX
 風魔法Lv.MAX 無属性魔法Lv.6
 魔力操作Lv.MAX 魔力感知Lv.MAX
 剣術Lv.4  空間収納

 称号
 魔導師
 魔王のダンジョン踏破者
 英雄

 おお凄すぎるぞ!
 流石、物語に出て来る魔導師だ。
 老化でステータス下がっているけど、今でも絶対に父さんより強い。
 確かに、この全盛期の魔力量は凄いな......

 そして、じいちゃん達はまだ俺のカードを眺めているので、ついでにじいちゃんも鑑定してみよう。

 ケント・フォースターLv.164

 年齢:56
 種族:人族
 職業:元勇者
 状態:老化

 体力:8420/12630
 魔力880/970

 力:5080→3060
 速さ:4090→2980
 運:140
 属性:無
 スキル
 無属性魔法Lv.MAX 剣術Lv.MAX
 刀術Lv.MAX 魔力操作Lv.4 
 空間収納 限界突破

 称号
 異世界から来た者
 魔王のダンジョン踏破者
 英雄

 これはさすが勇者と、言いたくなるステータスだ。
 魔力は少ないけど、他のステータスが桁違いに凄い!
 やっぱり、物語の主人公は違うね

 ちょうど、じいちゃん達も俺のステータスを見終わったようだ
「よし決めたレオよ。8才になったら俺が鍛えてやる」

「どうしたの急に?」

「だって魔法は無属性魔法だけだろう?」

「せっかく魔力が多いんだから、それを活かして超強力な無属性魔法で剣が使えたら絶対に強くなる」
 本当!?創造魔法が本当に無能だったとしても無属性魔法だけで最強を目指せるの?

 これは嬉しい。
 だって、最強剣士に教われるって滅多にないことだよ。

「じいちゃんが教えてくれるの?」

「そうだよ」

「やったー、じいちゃん大好き!」

「そうかそうか、本当にかわいいのう」
 孫の甘え攻撃成功。
 これで確実に教えてもらえる!

「それじゃあ、レオも疲れているだろうから、そろそろ夕飯にするわよ」
 ばあちゃんがそう言って、皆が動き出そうとした時

 バターン!

「ただいまー! お父さん、お母さん久しぶり」

「あ、レオ~ 大きくなったわね。会いたかったよ~」
 なんとお姉ちゃんだった。
 いきなり来て、いきなり俺に抱きついた。

 そういえば姉ちゃんって、どんな適性魔法なんだろう?
 なんか、鑑定を使うのが楽しくなってきた

 ヘレナ・フォースターLv.17

 年齢:8
 種族:人族
 職業:魔法使い

 体力:120/120
 魔力:1040/1040

 力:20
 速さ:80
 運:50
 属性:雷、水、風
 スキル
 雷魔法Lv.3 水魔法Lv.4
 風魔法Lv.4 魔力操作Lv.3
 剣術Lv.2

 称号
 魔法使い

 属性3つはすごいな。
 しかも、雷とか絶対強いじゃん!

 それから一泊してから家に帰ったが、一晩姉ちゃんは離れてくれなかった....

「継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く