継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》

リッキー

プロローグ

 
「あなたに特別な能力と限定的な前世の記憶を授けましょう。これから、それを使ってどう生きるかは、あなたの自由です。あなたがどのような人生を送るのか楽しみです....」

(え?)

(特別な能力? 記憶? これからの人生?)
 そこで、目が覚める
 
(なんだ。夢か~)
 しかし、目を開けるとたくさんの違和感があった

 まず、俺は知らない人達に囲まれていた。

 黒髪のイケメンな20代後半と思われる男と
 赤毛で20歳前後に見える女性(美人)
 そのとなりには2人の子供と思われる4,5歳の赤毛の女の子がいた。


「######」

「●●●●●●●●●●●●●●●●」

「■■■■■■■■■■■■」

「##############」


 えっ!?

 こっちに向かって手を振っているので、俺が話しかけられているのはわかるが、まったく言葉を理解することができない。少なくとも日本語や英語では無かった。

 そして、男が俺のことを軽々と持ち上げる。


 そう、これが2つ目の違和感

 どうなっているんだ?俺の体が赤ん坊になってる!!
 混乱しながら辺りを見わたす。

 俺は、この場所が自分の世界と違う気がした。

 まず、部屋だ。
 電化製品、プラスチック製品がこの部屋には見当たらない。
 それに加え、部屋の飾り1つ1つが機械では無く、職人の手で作られているように見えた。

 そして、俺を囲んでいる3人の服装。
 どう考えても俺のいた時代の服とはかけ離れていた。
 よく中世を舞台にした映画の貴族が着そうな服を着ている。

 
(もしかして異世界転生しちゃった!?)

 ただ、いつ、どう、死んだのか記憶が一切ない。思い出そうとしても、今度は自分がどんな人であったかさえわからない事に気がつく。

 自分の名前、友人や家族などの人間関係が全くわからない。

 そこで、夢に出てきた声を思い出す。

(あなたに特別な能力と限定的な前世の記憶を授けましょう)
 確か、こんなことを言っていた気がする。
 どんな能力かは、現状では知ることは出来ないから、あきらめて違うことを考えよう。

 能力の他に、限定的な前世の記憶を授けるみたいなことを言っていたが、
 限定的な記憶には、もしかすると前世での記憶で自分が誰だったのかが含まれてないのかな?

 などと考えていると、男が俺の顔に顔を近づけて来た。

 もし、転生したとしたらこの男は父親か?

 そして、目線を男の隣にいる二人に向ける
 この2人は、たぶん母親と姉ってところだな

 それから、自分の体を見た。
 俺の体は、やはり小さく輪郭も丸い

 うん、これは本当に転生したのかも
 

 ああ、これからの人生が楽しみだな.......

 どうか、これも夢でありませんように
 そして、想像も出来ないくらい面白い人生でありますように

 そう願いながら、だんだんと俺の意識は薄れていった・・・

「継続は魔力なり《無能魔法が便利魔法に》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く