俺チート能力で異世界楽しむわ

みこじゃ@小説家になろう(誤字脱字常習犯)

第183話 怒るぞい

「喰らえ」

 ゾルゲルは、手のひらに赤い玉を生成しヴィルナとオリナリカのほうへと撃ってきた。まるで銃の弾のように撃ってきている。ヴィルナはキュレンで弾をはじきながら、距離を詰めていった。オリナリカは、エルフの動体視力を駆使して球を紙一重のところで避けていっている。

「喰らうのは、あなたですよ!」

 ヴィルナは、キュレンをゾルゲルの急所を的確に狙って突いたがすべてゾルゲルは顔色変えずにヴィルナの攻撃をよかしている。ヴィルナも必死にゾルゲルの動きを読んで攻撃をしているが一向に当たる気配がない。しかし、ヴィルナの目的は途中から変わっていた。

「はぁっ!!」

 オリナリカは、ヴィルナが注意をひいているのでひっそりと息をひそめてゾルゲルの死角に潜り込み絶好のタイミングでテンプルを決めてやった。それは、もう綺麗に決まり、普通の人族ならば頭が吹っ飛んでもおかしくない威力だ。相手が人族ならばの話だ。

「なんだこいつの頭は、固すぎないか!?」

 オリナリカは、自分の攻撃が相手に聞いていないのを確認すると間合いを取った。ヴィルナもそれに合わせて距離をとった。

「ふん、EXランクのパーティの一員だから期待したが全くの期待外れだな。」

 ゾルゲルは、退屈そうな顔をしていた。悪魔化したことによって人族の力の何十倍もの力を手に入れてしまった。それにより自分の力が大体どれくらいあるか試したいのだが戦う相手がいない虚無感に支配されていた。

「お前たちと戦っても意味はないな。散れ。」

 ゾルゲルは、目にもとまらぬ早さでヴィルナの目の前に移動した。ヴィルナの目には、瞬間移動しているのではないかと勘違いを起こすほどの高速移動だった。
 ゾルゲルは、ヴィルナの前に移動すると、拳をヴィルナの腹目掛けて振りかぶる。ヴィルナは、そのこぶしを確認してから防御態勢に入るまでが少し遅かった、もろにそのこぶしを腹に喰らってしまった。ヴィルナは、口から血を吐き出しながら吹き飛んだ。そのまま近くにあった建物にぶつかり建物をぶっ壊していった。

「ヴィルナ!」

 オリナリカは、ヴィルナの元までかけ寄ろうとしたが、ゾルゲルがそうはさせてくれなかった。オリナリカの前に高速移動して、ヴィルナと同じように腹目掛けて殴り掛かってきた。オリナリカは、ヴィルナと違いそのこぶしに対して殴り返した。拳と拳のぶつかり合い、本当に拳同士がぶつかり合った音なのかと疑うような音が出ている。

「ちくしょう!」

 オリナリカの拳は打ち上げられて、オリナリカの身体はがら空きになってしまった。そこにオリナリカの脇腹にまわし蹴りをくらわした。S¥オリナリカの横腹から何か鈍い音が聞こえて吹き飛んでいった。

「次に行くか。」

 ゾルゲルは特にとどめを刺すわけでもなく次の場所に向かっていった。

「くそ、体が動かない。」

 オリナリカは、建物の瓦礫の中からゾルゲルを追おうとしたが意識が遠くなってきた。ヴィルナは、完全に意識がなくなっていた。オリナリカは、意識が遠くなっていく中で昔のことを思い出していた。

オリナリカは、ソウヤたちに会うまでは自分は強いと思っていた。あの、ベルメテウスダークドラゴンよりも強くなったと思っていた。しかし、ソウヤに出会った。あの圧倒的な力、こいつには絶対勝てる気がしないと初めて思った。まるで、自分は無力なのではないかと錯覚してしまうほどだ。そこから、ソウヤの仲間になってここまで頑張って特訓してきた。少しでもあのソウヤの近くに行けるように、特訓した。一人で山にいるときよりもはるかに質の高い特訓ができて自分も強くなったと自信を取り戻してきた。しかし、どうだ、今自分はソウヤ以外のやつに負けた。一撃で戦闘不能に追い込まれ、無様に地面に転がっている。

(ソウヤ以外のやつに負けてこのまま地面に転がってもいいのか?言い分けないだろう!!私が負けていいはずがない!)

 オリナリカは自問自答し、自分の身体を起き上がらそうとしている。今にも飛びそうな意識をつなぎながら。しかし現実は残酷だ。意識はもう飛ぶ寸前になっていた。そんな中何かが聞こえてきた。

『一定以上のプライド。傲慢を検知。大罪装備:傲慢の籠手を発動させます。エラー、宿主の意識のレベルが一定以下になっているため完全に意識の消沈を確認したのち、自動戦闘モードに移行します。』

 オリナリカは、なんだかよくわからない声を聴くと意識が完全にとんだ。


「あらら~、まさかの悪魔は悪魔でも~元人間の悪魔だとはね~」

「しかも、かなり強いですよ。」

 ベルメスと、エルンの前にはゾルゲルがいた。

「お前らは、さっきの人族の女とエルフの女と違って楽しましてくれるのかな?」

 ゾルゲルは、ヴィルナとオリナリカト同じように最初は、黒い弾を撃ってきた。

「それってもしかして」

「私たちの仲間かな~?」

 二人は、完全にぶちぎれていた。エルンは、撃たれた弾をすべて撃ち落としていた。ベルメスは、大罪纏装備:覇龍の怒鎌を装備していた。

「殺す」

「消す」

 エルンとベルメスは、殺気だけで人が殺せそうな殺気を纏ってゾルゲルのもとに行った。
 こうして、対ゾルゲル戦第二戦が始まった。

「俺チート能力で異世界楽しむわ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く