俺チート能力で異世界楽しむわ

みこじゃ@小説家になろう(誤字脱字常習犯)

第178話 話が膨らむ

 パーティのあった次の日は謎の虚無感が体を襲うものだ。たとえチート能力を持った人でさえもその例に漏れない。

「はぁ、今日は訓練所に行ってこないといけないのか。この状態で行ったら負けちゃいそうだな。」

「そんなわけないでしょ。ソウヤが負けるときは、何か重大な理由があると気じゃない?」

「もしかしたら、この世が終わるときかも入れないぞ。」

「それは、分かるな。でも、ソウヤなら神様にも勝てそうだよね。」

「なんなら神話にも載れるんじゃない?」

「なら、妾たちも神話になるな。神を殺した男の嫁として。」

「しかし、神と戦うときってどういうと気なんだろう?」

「さぁ、どんなときなんだろうね。」

 なんか、最初の一言からここまで話の内容が膨らんでいくかと突っ込みを入れたくなるほどヴィルナたちの話が膨らんでいった。ソウヤたちは、宿屋の朝食をとるところで、朝食をとっていた。

「さて、みんな落ち着いたら訓練所のほうに向かいますか。寄り道しながら言ったらいい時間になるでしょう。」

 ソウヤはそういいながら、立ち上がるとみんな立ち上がってソウヤの後をついていった。

「見ろよ、あれがEXランクの冒険者がいるパーティの威圧感だよ。やべぇよ。話しかけたくてもあの威圧感のせいで断念しているやつが多くいるらしいぞ。」

「そうなのか?まぁ、あれを見たらわからなくもないけどな。」

 ソウヤたちが出ていくとソウヤたちの話題でいっぱいになった。ソウヤたちは周りから見たら、最強のパーティなのでみんなが集まると威圧感がすごいように見えているのだ。だから、有名になったとしても大人数に囲まれて質問攻めにされたりすることはないらしい。

「ソウヤ、なんだか私たちが出てからあそこなんだかうるさくなったね。」

「まぁ、こんだけのパーティがいれば緊張感があの部屋を満たしてもおかしくないでしょう。」

 ソウヤもエルンもうすうすそういうことだろうと気づいていた。まぁ、しゃーない。

 そこからソウヤたちは寄り道をしながらこの国の訓練所へと向かっていった。訓練所(?)についたときはお昼近くくらいになっていた。まぁ、訓練所の場所を聞くのを忘れていただけなんだけど、まちの人とかパトロールしていた衛兵に聞いたりした場所につくとぱっと見訓練所には見えないところについていた。不安に思ったからもう一度近くのまた別の衛兵に聞くとここがそうだと言っている。

「初見これが訓練所だってわからんやろ。」

「確かにこれは、分からないわ。」

 そこは、小さな山にくっついている建物とても訓練所とは言えない施設だ。なんというかこれは小さな施設だ。訓練所にしては小さすぎる。
 ソウヤたちがその施設を見ていると、中から昨日見た王子たちが出てきた。

「どうもおいで下さりました。私はここの統括をしています、第一王子のタシナズ=カルバルタです。」

「補佐をしています、第二王子のガルバル=カルバルタです。」

「指揮を担当しています、第三王子のアルマス=カルバルタです。」

 三人は同時にお辞儀をした。ものすごくきれいなお辞儀だなと思いつつも、ソウヤたちも自己紹介をして訓練所の中に案内してもらった。

「ここは、地下に訓練するところがあるんですか?」

 エルンが、疑問に思ったことを聞いていた。これはみんなが共通して思っている疑問なのでみんな興味深そうに聞いている。

「ここは、もともとダンジョンだったものなんですよ。」

 それを聞いてみんな納得した。地下に伸びているダンジョンにくっつけているのならば上の施設が小さいのは納得である。
 少し歩くとおなじみの広い空間に闘技場のようなものが作られていた。

「これは、この国が作ったものなんですか。」

「いえ、これは発見した時からこの形になっていいたと書物に残っていました。そこからここを訓練所として使うようになったのです。また、ダンジョンは無限に魔獣が出てくるので訓練所としてはとても優秀なところなのです。」

 ソウヤたちは、もう驚きはしなかった。ソウヤたちは近くの椅子に腰かけて訓練の様子を見ていた。どうやらここに出てくる魔獣は中型の魔獣。だいたい大きさはぞうさんくらいの大きさの魔獣を集団で倒すという訓練だ。そう、ここの世界はあの帝国をのぞき今は国と国との戦争をやらないため魔獣との戦いに備えればよい。

「この訓練での死者とかは出ないのか?相手は魔獣だ。こちらを殺そうとしてるように見えるが。」

「今のところは訓練中での死者は出ていません。新人教育にはこれより下層のダンジョンに行ってもらい、今発見している層まで行ってもらっています。それを半年くらい行った後にこちらの訓練に加わってもらっています。」

 今の言葉に引っかかるところがあった。

「『今発見しているところまで』ということは、発見されていないところがあるということか?」

「そうです。未だにこのダンジョンのボスとは戦っていないためこのダンジョンにはまだしたがあると考えられています。」

 ソウヤは是非ともダンジョン攻略をさせてほしいと思った。が、今回こっちに来たのはこの王子たちや貴族の方々と手合わせをするため。

「では、あちらの訓練が終わったら手合わせのほうお願いします。」

 いよいよ、ソウヤとの手合わせが始まる。

「俺チート能力で異世界楽しむわ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く