俺チート能力で異世界楽しむわ

みこじゃ@小説家になろう(誤字脱字常習犯)

第136話 隠密(笑)

 ソウヤたちは、ソウヤとワーニン、ヴィルナとサンベルカ、リアンとクレスト、エルンとオリナリカ、ベルメスとニーベル、ガルとアレンという感じの二人組に分かれることにした。

「世紀の大魔法使いと同じ組になれるとは、私もついてるわね。」

「いやいや、言いすぎだろう。まぁ、頼むぞ。」

 ソウヤとワーニンは、そんなことを話しながらソウヤが魔王軍のやつをサーチしてワーニンが魔法で音を出さずに殺している。そしてソウヤがその亡骸を異次元の果てに消していく。

(ニーベルとか言ったな。この膨大な魔力、魔力だけで言ったらアレンより強いな。この力は、あ、なるほどな魔法の神の加護がついているのか。)

 ソウヤはニーベルのことを見ているとワーニンはニコっとこちらを見てくれて魔王軍を殺していく。なんともアンマッチ。

「では次の場所に行きますか。」


「まさか君も弓使いだったんだね、自己紹介のときは持ち武器のことは何も話してくれないからね。」

 サーベルはこちらに気づきそうな魔王軍を一匹また一匹と殺していっている。

「いやいや、私ほんとは細剣使いなんだけど、この武器が弓矢にもなるからねぇ、一応遠距離攻撃してるだけですよ!」

 ヴィルナも負けじと、サンベルカが取りこぼした敵を打ち抜いたり、こちらに気づいたやつをうちぬいていた。

「待って、それどういうこと!変形する武器は聞いたことはあるけど完成品は聞いたことはないよ、だれが作ったの、その武器は!どこかの有名な、メルマール商会とか?」

「いやぁ~、これはソウヤが作ってくれたんだよ。」

 ヴィルナの発言に驚いたのか狙いを外してしまった。当然のようにヴィルナが撃ち漏らしたやつを掃除していく。

「まさか、あの強さに加えてその技量。どうやったらあんなに卓越した存在になれるんだろう。:」

「いやいや、ソウヤと一緒にいる私たちでもわからないからね。というか、あんなに強いのにまだ強くなるんだよね。」

「うそでしょ。」

 ヴィルナとサンベルカはため息をこぼして、次のポイントに移動した。


「はぁっ!」

「吹っ飛べ!!」

 爆音とともに進んでいる、リアンとクレスト。この二人は隠密からあまりにもかけ離れている存在、ソウヤもそのこと話計算してこの二人には正面から突っ込んでもらっている。

「人族のオスよ!まだまだ力がはいるんじゃないか!」

 リアンはクレストをあおり始めた。

「おうおう、言ってくれるね!俺はまだまだ力が出るぜ!お前こそ弱いんじゃないか!」

 クレストも曲げ時とリアンのことをあおり返した。

「言ってくれるじゃないか!?」

「そっちこそな!?」

 リアンとクレストは互いの本気を見してやろうと力を高め始めた。

「妾の本気を見してやろう!まぁ、最近思いついたやつなんじゃがな。  
                             纏水雷神!!」

 リアンの体の周りには雷を纏った水が体の周りを∞の形を描くようにまとわりついており。水の球と雷の球が数個周りに浮遊していた。

「ほうほう、口だけじゃないな!じゃあ、俺もいくぜ! 
                   メタリックフォーム!!」

 クレストの体が鋼のような材質に変わっていく。爪も鋭くなっていき、髪の毛も鋭くなっていた。

「じゃぁ、行くぞ!」

「お前には負けられないね!!」

 もう最初から隠密ではなかったけどもはや私たちはここにいますよっていう感じの戦い方になっていた。水と雷の柱が空を貫き魔王軍の魔族が空へと舞い上がっていた。

「絶対あの二人の場所ですよね。」

「そうだな、なんというかこう隠密を知ってほしいな。」

 エルンとオリナリカは、ソウヤが言っていた合流ポイントまで走っていた。すると前に魔王軍の雑兵ガ目の前に現れた。

「任せろ!」

 オリナリカが全速力で雑兵のところまで走った。

「スチーム・エクスプロージョン!!」

 オリナリカは水蒸気爆発で敵を吹き飛ばした。水蒸気爆時発の音は王都全体に響き渡った。

「オリナリカもそこそこ、隠密を知らないよね。」

「いやぁ、今のは、ちょっと勢い余って音を出しちゃったんだよね。」

 オリナリカはテヘへと笑いエルンのほうを見てていた。エルンはハァとため息をついていた。

「なんだか~隠密じゃなくなくなってきた気がするな~」

 ベルメスがため息交じりに魔王軍のやつらをひきちぎりながらつぶやいた。ベルメスは、音もなく背後に回り込み急所を確実に正確にひきちぎっている。

「あなたはすごいですね、まさか最恐の魔獣と共闘する日が来るとは・・・。これは、歌にしなければ!」

 ニーベルは少し興奮気味に話し始めていた。器用なことにベルメスにエンハンスをかけつつ紙に歌を書き始めた。

「いやいや~器用なことし始めたね~。では私も少しやりますかね~」

 ベルメスの影が広く伸び始めベルメスの形をした影のようなものが数人出てきた。

「さぁ~、私たち~目的地まで敵を一匹たりとも残さず消しなさい~」

 ベルメスの影が魔王軍のやつらの背後に影をつたい一匹ずつ倒している。

「あなたもなかなか素晴らしい力を持ってるんだね。それはそうか最恐の魔獣だもんな。」

 ベルメスとニーベルも目的地へと向かっている。

「本当に怒っていないのか?」

「いやいや、怒るも何もさぁ、覚えてねぇんだよ。寝起きに怒って何も覚えてないことが多々あるんだよね。それで前に魔王城半壊させたことあるんだよね。」

「マジかそれは」

 ベルメスの話があまりにも跳躍しすぎてビックリしていた。まぁ、こいつらもこういう話をしてるけど血しぶきをあげて建物を破壊しながら突き抜けていた。

「俺たちも派手に行きますか!」

 結局隠密行動などない行動になってしまったがこの後ソウヤたちどうなることやら


「俺チート能力で異世界楽しむわ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く