俺チート能力で異世界楽しむわ

みこじゃ@小説家になろう(誤字脱字常習犯)

第123話 よく言えば覚醒、悪く言えば作者の気分

 右からくる触手をジャンプで避けると、次は左から触手がやってくる。それは、攻撃を当てて作用反作用の法則で避けていく。こんな感じの戦いがしばらく続いていた。なかなか本体に近づくことができなかった。

「くそ、全くこの攻撃は辛いの。よけるので精いっぱいじゃな。」

 リアンは、次から次へとやってくる触手をよけながら嘆いていた。そこでソウヤは一つの作戦をひらめいた。

「仕方ない、俺が攻撃を受けるからそのうちに本体を叩いてくれ!」

「了解した!」

 ソウヤは、大和アーマーを解除して謎の魔獣のもとへと走っていた。

「物質創造:パラディンアーマー」

 ソウヤの体には丈夫そうな装備を纏った。右手には聖属性の付与された片手剣、左手には聖属性の大楯を持っている。

「おらぁ!!」

 ソウヤは、自分に注意を引くように謎の魔獣に思いっきり攻撃していく。謎の魔獣もソウヤの思惑通りソウヤに攻撃を集中している。

「今じゃぞ!ベルメス!」

「わかってるよ~!」

 リアンと、ベルメスはソウヤとは逆の方向から攻撃を仕掛けた。少しだけ触手の攻撃が来たが難なく本体の間近まで迫ることができた。

「全力で攻撃する!」

 リアンの体には電気が走りリヴァインブレイクを大剣の形態にして謎の魔獣に向かって全力で振り下ろした。

「私もいくよ~」

 ベルメスの大鎌に影から伸びたオーラがまとわりはじめベルメスは大きく振りかぶり、謎の魔獣に攻撃した。
 二人の攻撃が謎の魔獣に対して強烈な一撃を繰り出したことによって謎の魔獣はうめきごえをあげて倒れこんだ。

「よし、よくやった。俺からもおまけだ!」

 ソウヤは大和アーマーの主砲を四つだけを出して、すべて謎の魔獣に向けてはなった。すると全弾命中して勢いよく吹き飛ばされた。
 謎の魔獣はなんとも言えない感じで起き上がると天を向いて吠えた。

「グロォォォォォォォォォォ!!!!」

 その瞬間謎の魔獣から何本もの触手が付近にいた魔獣に絡みつき体を、血を命を吸収していく。謎の魔獣の中に泡がポコポコと出始め、それと同時に謎の魔獣の姿がスライム状から次第に固体へと変わっていく。肌は次第にざらざらとした肌質に変わっていく。背中にもメキメキと八本もの羽が生えていき、尻尾もギザギザとしてなんでもさせそうなほど鋭いとげが生えている。

「グララララララ・・・・」

 とても低く地面も揺らしそうなほど空気が震えた。

「これは、魔獣の生態の新発見というやつじゃないか?」

「そうじゃな、これで生きて帰れたらギルドに報告じゃな。」

「負けることはないと思うよ~」

 ソウヤたちはそれぞれ構えなおし進化した謎の魔獣のほうを向いた。変化途中に攻撃をしたらよかったのではないかと思うが、そんなのはさすがに汚い手なので攻撃はしない。暗黙のルールというよりかはソウヤたちが強いからこそ考えられることなんだろう。

「ブロロロロ・・・」

 ソウヤたちのほうを見つめというよりかは睨んでいるような謎の魔獣。羽をはばたかせたと思ったら目の前からは消えてしまった。

「無駄だ!」

 ソウヤは何もいなかったはずの場所にパラディンの剣で切りかかると、ガチィンと金属音がすると同時にさっきまで前にいたはずの謎の魔獣の姿が現れた。

「マジか、力がバカみたいに強くなってんじゃないか?」

 いつの間にか、ソウヤは謎の魔獣の盾で攻撃を受け止めていた。ソウヤの足が地面にめり込んでいき盾はガチャガチャと音を立て始めている。明らかにソウヤは、劣勢の状態なんだがニコニコと楽しそうにしている。

「まぁ、戦闘はこうでないとな!リアン、ベルメス今だぞ!」

「当然!まってたぞ!」

「まかして~」

 ソウヤが動きを止めている間にリアンとベルメスが横から攻撃を仕掛ける。先程と同じパターンで攻撃しようとするが、やはり相手も生き物学ぶようで、羽をバッと羽ばたかせ後ろのほうに勢いよく飛んでいきリアンとベルメスの攻撃をよかしていった。リアンとベルメスもその動きに合わして追撃しようとするが、同じようによかされてしまう。

「もう~なんだかイライラするね~」

 ベルメスは、いつもの感じの口調だったが明らかに怒っているのがもうまるわかりだった。カチカチと大鎌を音を立てるほど強く握り締めている。

(マスター、一定以上の怒りを感知。大罪装備:憤怒の槍を検知しました。対象:ベルメス。)

「はぁ?」

 ソウヤは驚いてベルメスを見てみると赤黒いオーラがベルメスの周りを覆い始めた。しかし、ソウヤやベルメスのように体にまとわりつくのではなく、大鎌のほうにオーラがまとわりつき始め大鎌が反応するようにドクンドクント鼓動し始めた。

「大罪纏装備:覇龍の怒鎌」

 ベルメスの持っていた大鎌がなんかも悪役のような感じの赤黒く眼玉のようなものがついている鎌になっている。それと、合わせてなのかベルメスの背中にはドラゴンの羽が生えて、黒いドレスを纏っている。

「我、最恐のドラゴンなり、敗北は何人たりとも許すことはできない。敵対するものを殲滅する。」

 声はベルメスだがいつもの口調とは全く違う口調だった。

「俺チート能力で異世界楽しむわ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く