俺チート能力で異世界楽しむわ

みこじゃ@小説家になろう(誤字脱字常習犯)

第119話 戦闘表現って難しい

ソウヤとエルフは超次元なバトルを繰り広げていた。拳と拳の乱打戦。衝撃波が拳と拳がぶつかり合うたびに出てくる。二人とも周りへの被害なんて考えてないようだ。

「くたばれ!!」

「ちょっと口が悪いんじゃないかな!」

 二人の拳がぶつかり合う。炎と水、もう一方は単純な力。そんないろいろな力がぶつかり合う。

「スチーム・エクスプロージョン」

「またそれかよ!」

 エルフはソウヤの前に拳をぶつけていわゆる水蒸気爆発を起こしているようだ。しかも厄介なことにソウヤのところに力をすべて流してくるということだ。だからソウヤにダメージを負わせてエルフは無傷で発動させることができる。

「ぐはぁ!!」

 ソウヤは血反吐を吐きながら吹き飛んでいった。しかもエルフは飛んでいるソウヤに追撃を仕掛けてきた。

「これでくたばれ!ざこめ!」

 ドゴォオオオオオン!!!!

 ソウヤの腹にエルフのパンチが吸い込まれていく。ソウヤは地面にめり込み装備にひびが入ってしまっている。ソウヤは空を見上げている。

「雑魚がイキがるなよ。」

 エルフは倒れたソウヤを見下すように睨みつけている

「はぁ、強すぎやしませんかね。」

 ソウヤはそうつぶやくと地面に手を置き体を起こした。

「さすがに痛いし、周りの被害もひどいからなすぐ終わらせてやる。」

「ほざくな雑魚。お前に何ができるんだ。」

 ソウヤは不気味な笑みを浮かべてエルフのほうを向いた。

「努力やセンスでは到底到達できない圧倒的な力を見してやる。」

 エルフとの距離を一気にゼロにした。

「なっ!?」

 エルフはいきなりソウヤが目に前に来たことに対し驚いて上体を崩した。ソウヤはその隙を見逃さずにエルフの足を蹴り飛ばし完全にたおれさせた。

「くっ!!」

 エルフも身の危険を感じて、ソウヤの顔面目掛けて殴りかかったが難なくソウヤに受け止められてしまった。

「フルチャージ」

 ソウヤは低い声でそういうとフリーの手に魔力が集まっていくのがわかる。

「お返しだよ。」

 笑顔でエルフを見て力を込めた拳を振り下ろした。
 拳というよりアームがエルフの横を通り地面にぶつかると。アームの半径20mの地面を割るというより抉り取り、地面の破片が浮き出きてそのまま上に飛んでいった。

「まだ、力をセーブしてたな。というか本気で殴ったらこの星が割れるか!あ、どうだ俺の実力は認めてもらえって気絶してる。」

 ソウヤはどうして戦っていたのかを思い出してどうだったかエルフに聞いたがエルフは白目をむいて気絶していた。そりゃだれでも気絶するよね。目の前に隕石が落ちてきたようなもんだよ。しかも逃げないようにされてる状態で。

「ソウヤ~お願いだからもう少しセーブして戦ってくれないかな~逃げるのが難しくなるからさ~」

 ベルメスが呆れた顔でソウヤのほうを向いた。ソウヤもごめんというポーズをとった。周りを見ると木々は根っこ事なぎ倒されていたり折れていたりしている。地面もえぐれて雪がもうなくなっている、吹き飛ばされたり戦いの熱で溶かされたりしている。

「やりすぎたな、さて下山しますか?」

 ソウヤはとりあえずこんなグチャグチャしているところでは夜を過ごせないほどだろう。ヴィルナたちも下山に賛成なようでソリにいつの間にか乗り込んでいた。ソウヤはとりあえずエルフを担いでソリに乗り込み下山を始めた。 
 日が落ち始めてこれ以上は危険なので山の中腹あたりで野営することにした。

「はぁ、なんだか長い一日だった気がする。」

「ソウヤ、だけだと思うよ。私たちは山登ってなぜかベルメスと、エルフの女の人が戦っててそしたらいつの間にかその人とソウヤが戦っていてさ。暇だったよ。」

 ヴィルナは頬を膨らませ文句を垂れ始めた。リアンやエルン、ガルもうんうんと同調するようにうなずいていた。

「というか、主人なんかまた新しい装備を出してなかったか?」

「あ、あのいかつい装備ですよね。あれって、なんですか?」

 リアンとエルンはソウヤの装備に興味が出てきたようだ。

「あぁ、あれは俺の元居た世界の“重機”って言われる“機械”でな。」

「え、え?何を言ってるの?その“じゅーき”とか“きかい”ってなに?」

 エルンは首をかしげてソウヤに聞いた。どうやらリアンも近くにいたガルやヴィルナも何を言っているのかわかっていないようだ。ちなみにガルはエルフのことを抱き枕にして寝ていた。

「あぁ、そうかこの言葉はこの世界にはないのか。なるほど」

(マスター、マスターの言葉は言葉の神の加護によって言葉が通訳されています。発言、聞いた言葉がマスターの知っている言葉に直されていますがどちらかの世界に存在しない言葉は通訳されません。)

(なるほどな、全く困るよ。)

 ソウヤは焚火の用意しながらヴィルナたちに重機と機械について説明をしていた。

「なるほど、その“じゅーき”と“きかい”というやつはそのいろいろとからくりで動いていると。」

 エルンはいつの間にかメモ帳を取り出してソウヤの言っていたことを必死にメモしていた。

「で、その“きかい”っていうのがソウヤの魔導馬みたいなやつ、えっと機馬だっけ?それも“きかい“なんだよね」

「そうだよ、まぁこの構造は俺にも把握できてないんだけどな。」

 ソウヤは焚火の準備が終わって天との準備をしていた時、ソリのほうからエルフの起きる声が聞こえてきた。

「俺チート能力で異世界楽しむわ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く