俺チート能力で異世界楽しむわ

みこじゃ@小説家になろう(誤字脱字常習犯)

第85話 帰ろうか

ソウヤに向かって短剣で切りに来ようとするもジャパングで難なく防がれてしまう。

「なんなんだよ!」

「こいつ本当に人かよ!」

 ソウヤは、いまだに笑顔を崩していない。それどころか、ソウヤはフーンとナーンが攻撃してくる合間に武器を交換した。ジャパングからレビールに交換している。交換した後も刀にしてみたり大剣にしてみたりと余裕を見せつけている。
 さすがに、見下していた人族にここまでコケにされて怒りのボルテージがMAXになったのか額に血管が浮き出ていた。

「人相手にあれを使うのは嫌なんだが、」

「ここまでされたら仕方がない。」

 あいつらまだ本気を出していないのかよ、出さないと殺すといったのに。
フーンとナーンの体がグチャグチャになっていく。体がスライムのようになるとひとつの場所に集まる。それが見ているだけでSAN値が下がりそうな形になり始めている。

「「グハハハハハ!!見て驚け!!これが俺の本当の姿だ!!」」

 ナーンとフーンがくっついた姿は、背中に羽を生やし頭に角がある。短剣はなくなって、その代わりに更迭をも切り裂けそうな爪が生えている。まるで悪魔って前にもこんなやついたな。このナーンとフーンがくっついた姿のやつ…ナフでいいか。ナフが地面をえぐりソウヤに向かい跳躍してきた。ソウヤは、レビールで防いだと思ったらレビールを取られ、腹を爪で貫かれてしまい激痛が脳を貫き食道から血が込みあがって吐き出した。

「グフッ!!!」

「「俺をなめていた罪だ!!これっでも足りないぜ!!」」

 ソウヤは、腹に開いた穴を回復魔法で塞いだ久々にきついのを喰らわされた。やっぱり、戦いってこういうもんだよな。

「お前も強いんだな。前のやつえっとー、フィーランだっけな、あいつは超弱かったな。」

「「お前だったのか、あいつを殺したのは…ということはゾルダルをやったのもお前か」」

「そうだけどな。」

 ナフは持っていたレビールを握りつぶしバラバラにした。表面に出ていないだけでかなり怒っているようだ。バラバラになったレビールは、地面に刺さった。

「「さて、回復したところでそろそろ行くぞ!!」」

「かかって来いよ!」

 ソウヤは無詠唱で大和アーマーを装着した。ナフはソウヤの喉を的確に狙い爪でひっかこうとしているが背中の方に浮いている主砲で爪を吹き飛ばした。ナフの爪だけでなくてもろとも消えていた。

「「ほほう、面白い攻撃だが俺には無意味だ!」」

 なくなったはずの手が再生し始めている。

「まだまだこれからってことだな。」

 ソウヤは、もしかしたら自分が死んでしまうという戦いに心を躍らしていた。心臓の音が大きく聞こえてきそうだ。ソウヤは、大和アーマーを一度解除した。

「「何をしている?血迷ったか!」」

 ナフがソウヤに向かい走ってくるが、

「バインド!」

 ナフの足元に魔力でできた鎖が絡まる。その鎖はナフの体全体に巻き付き始める。

「「なんだ!動けないぞ!」」

 ソウヤは距離を取った。

「物質創造:大和 戦闘機 戦車」
「変換武装;合成:ミリタリーアーマー」

 ソウヤの背中には戦闘機の翼に大和の主砲が四つ浮かんでいて、体は分厚い装甲を装備しており、肩には戦車の主砲が、手には機銃がついている。

「「ウリャッァァ!!」」

 ナフは、ガシャンと音を立てながら鎖を引きちぎった。かなり怒っているのかカチャカチャ音を立てながら魔力を高めている。

「「死ね!!」」

 ナフは、クロスした斬撃をソウヤに向けてはなってきたが、ソウヤの装甲の前には無意味だった。斬撃はソウヤに当たるとまるで煙のように消えていった。

「「まだ、そんな面白い力を残していたのか。しかし、無意味だぁ!」」

 ナフはソウヤに向かい近接攻撃をしてこようとする。

「そんな単純攻撃じゃ、俺に近づけないぞ」

 ソウヤは、背中についている砲口をナフに向けて一斉に打ちまくった。その弾がナフの羽や腕を貫いていく。その開いた穴からはナフの青緑色の血が噴き出している。

「「ナッ!?」」

 痛みに耐えきれず、ナフは膝をついてしまった。その動きを止めてしまったのが運の尽きだったのだろう、またバインドで次は完全に動きを止められてしまった。今回はどれだけ力を込めても千切れる気配はない。
 ソウヤがゆっくりと歩き、近づいてくる。ソウヤについている主砲や機銃が全部ナフに向いているのがわかる。その砲口の青い光が集まっていく。
 ナフは、鎖がちぎれない怒りと近寄る確実な死への恐怖が入り混じるがしかし、自分より強いやつに倒されるという満足感で満たされていた。

「お前との生死をかけた戦い楽しかったよ。でも、お前との戦いもこれで終わりだ。じゃあな。」

「「ククク、俺の悪運もここまでか・まぁ満足だぜ。あばよ。」」

 ソウヤはナフの形が跡形もなく消え去るほどの力を込め撃ち込んだ。地面にはクレーターができた、それと同時にヴィルナたちと騎士団が残りの魔獣を討伐しきっていた。

「やっと終わった!今日はなんだか長く感じられたな~」

 空を見上げるとオレンジ色に染まっていた。

「俺チート能力で異世界楽しむわ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く