俺チート能力で異世界楽しむわ

みこじゃ@小説家になろう(誤字脱字常習犯)

第51話 ソウヤ激おこぷんぷん丸

ソウヤたちは、戦場へと走った。血なまぐさい、焦げ臭い、死体がそこらに転がっている。近づけば近づくほどその匂いはひどくなり、数も多くなる。
あることにソウヤは気づいた。獣人の兵士が戦っているのは、帝国軍だ。

「また帝国か、あれくらいの脅しじゃ流石に無理か。」

ソウヤは、ため息をつきレビールを抜いた。それと同時にヴィルナちゃん、リアンも戦闘態勢に入った。

「ヴィルナちゃん、リアン!敵は帝国軍だ。手加減しなくていい。全力で倒しに行こう!」

「わかった!」

「了解じゃ!」


ソウヤたちが獣人の方の加勢に入ると最初は優勢だった、帝国軍は次第に劣勢になっていき、今となっては帝国軍の兵士は、誰一人立っていない。

「これは、帝国ちょっと潰す必要あるかな?」

「主人それは冗談じゃよな?」

「いや、本気だよ。」

ソウヤの一言にリアンは少々驚いた。

「うわ、壁破壊されてるよ。街の人大丈夫なのかな?」

「どうだろうか。」

そんな話をしていると、後ろの方から誰かに話しかけられた。

「あんたら、助けてくれてありがとな。俺の名前は、ゾルゲンって言う。ここの街の防衛部隊の隊長だ。あんたらのお陰で今回は、助かった。」

「私、ヴィルナです。」

「妾はリアンじゃ。」

「俺はソウヤだ。一応、パーティのリーダーをやっている。ところで、さっきの言い方だと、帝国の攻撃は今回だけでないと。」

「あぁ、前にも二回攻撃を食らっている。その二回とも街に着く前に撃退できたんだが、今回は…。」

ゾルゲンは、街の壁の壊れている方を見た。よくみると、家はほぼ壊されている。まだ動ける兵士が救出作業を行なっている。

「まぁ、歩きながら話そうか。」

ゾルゲンは、壁の壊れている方へと歩き出した。

「今回の死者は今わかっているだけで住民、兵士合わせて200人を超える。」

「攻められる理由に心当たりはあるのか?」

「帝国が過激派の人間だからじゃな。」

リアンはソウヤの質問に即答した。そう、リアンは図書館でその類の本を読んでいたため、すぐわかる。

「ああ、リアンさんの言う通りや。帝国は、過激派の人間が皇帝だから、隣国が獣人が治めているのが気にくわないんだろう。だから、この街から徐々に攻めて行こうと考えているだろな。」

「そうなのか…。」

そんな話をしていると壁の壊れているところへとついた。そこには、怪我をしたものや泣いている子供、自分の子供を探す親などがいた。
すると、獣人の女性冒険者が自分の親を探し始めた。

「お母さん!お父さん!どこ!いたら返事して!」

おそらくその女性の家だったろう場所の瓦礫を退けていき、すると血まみれの手が出てきた。

「うっうぅぅぅ…」

女性は、その場に崩れ泣き始めた。
それを見たソウヤがその女性の方に手を乗せ。

「ゾルゲンさん、俺帝国が許せねぇわ。ちょっと、やってくる。」

その時のソウヤはどす黒いオーラを放っていた。

「俺チート能力で異世界楽しむわ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く