俺チート能力で異世界楽しむわ

みこじゃ@小説家になろう(誤字脱字常習犯)

第32話 武闘会の始まりだ!

探索をした次の日、今は闘技場前にいる。まだ、闘技場が開いていないのだが、あたりには多くの人が集まっていた。

「うわぁ、なんか人がいっぱい。お祭りみたい。」

「ある意味、お祭りだと思うぞ。出店だっていっぱい出てるし、今日の昼はここで食べようか。」

ソウヤとヴィルナちゃんは、横でお祭りムードで楽しみにしているのだが、若干1名リヴァインブレイクをブンブン振っている奴が。

「リアン、危ないから中でやろうな。」

「お、すまんな主人。主人以外の人と戦うのは、100年くらいぶりだから体がうずき出してな、我慢できないのじゃ。」

戦闘狂だな。人のこと言えないがな、実際俺も早く強い奴らとやり合って自分のいまの実力を知りたいし、こんなこと地球ではできないからな。楽しい異世界要素だよな。
すると、係りの人が闘技場を開けた。選手は、別に席が用意されており場所取りなどの心配はないようだ。俺たちの選手は控え室に通された。

「結構いますね。どうやって絞っていくんでしょうかね?」

「予選があって本戦があるんじゃないか?」

「あれじゃないか、何組かに分かれて最後まで立っていた奴が本線出場する感じとか。」

たしかに、今控え室とは言っているが小さなコンサートができそうなほどでかい。その中に300〜400人はいるのではないのか?どうやってここから絞っていくのだろうか。

「今年は少ないな!」「俺にもチャンスが!」

「去年は、もっと多かったような」

「あいつか‥前回優勝者とSSランクの冒険者とか、今回はよく知ったAランクの冒険者がいるな。」

と、周りの人達は話していた。というか、Aランクだと有名になれるんだ。俺のことは誰も知らないようだな。

何人かの係りの人が控え室に入ってきた。

「これから抽選で1〜8に分かれてもらいます。その1〜8の中で2人が本戦にでれます。」

「とりあえず、この箱から番号が書かれた紙を取ってください。」

すると、列を作り係りの人が持っている箱から番号の書かれた紙を取り出す。
10分くらいだったくらいに俺たちの番が回ってきた。

「お、8番か。ヴィルナちゃん、リアン何番だった?」

「私は、2番です。」

「妾は、5番じゃ。」

どうやら全員バラバラになったらしい。これで予選で当たるということはない。

「それでは、それぞれの番号の控え室に案内します。移動してください。」

係りの人が誘導し始める。

「じゃぁ、本戦で会おうな。」

「うん!」「主人もな!」

俺たちはそれぞれの控え室へと向かった。


ソウヤは8番の控え室に行った。まず、周りにどんな奴がいるか確認。

「強そうなやつはいないと。なんだ、予選はただの予選か。」

ソウヤは、あのSSランク奴と戦いたくてとてもウズウズしていて、今すぐ暴れたい気持ちでいっぱいなのだ。


しばらくたち、俺たちは闘技場に誘導された。
外に出るとアナウンスが叫んだ。

「さぁ、お次は最後の組み合わせ、8組目のスクランブルファイトだ!ルールは簡単、最後の2人になるまで戦い続けれる!それだけだ!会場のみんなは7回も見たからわかってるなぁ!さぁ、戦いの始まりだ!」

バァーンと音がなり一斉に戦い始めた。

「じゃぁ、暴れますか!」

ソウヤはとても楽しそうだ。

「俺チート能力で異世界楽しむわ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く