高校で幼馴染と俺を振った高嶺の花に再会した!

ミーさん

20.デート

 約束の当日、俺は待ち合わせ時間の10分前に現地に到着した。12時に北駅前の時計台。
 藍田はまだ着いていない様子だったが、落ち着かない。
 中3以来、1年越し2人きりの外出だ。
 一応身だしなみも整えて、髪もそこそこいじった。まあ、気合いを入れていると言われても否定できない格好だ。でもそれは、気の抜けた格好を見せたくないから。戦いはまず服装からなのだ。しかし。

「……来ないんですけど」
 俺は思わずげんなりして呟いた。
 藍田が来ない。それは俺に少しの喜びをもたらしつつ、同時にここで帰っても後で何をされるかも分からないという大きな悲壮感を与えた。
 だっていくら気を許さない藍田とのデートだからといって、こっちは朝早く起きて準備をしたのだ。
 率直に言ってあの時間を返して欲しい。慣れないなりに、鏡とにらめっこしてワックスまで付けたのだ。
 どうせ来ないなら、一目見てから帰ってくれ。
 何とも矛盾している感情が渦巻いているのは自覚しているのだが。

「まったく……」
 本当に来ないな。
 一応メールも入れてみたが、返信はない。少し迷ったあげく通話ボタンまで押したが、色のない呼び出し音が鳴り響くだけ。
 ここまでしたのだから、さすがに帰っても文句は言われないだろうか。
 そう思い始めた頃、ふと通りかかった女子大生らしきグループの会話が耳に入った。
「ねぇ、さっきの女の子大丈夫かな?」
「男の人に囲まれて、結構強引なナンパだった気がするんだけど」
「綺麗な子だったけど、その分街に出ると苦労しそうだね」
 ……いや、帰ろう。
 一瞬だけその女の子の特徴を聞こうか迷ったが、やっぱりいい。
 特徴が一致したら、行かなきゃいけなくなる。
義務ではないのだろうが、さすがに罪悪感が出てきてしまう。
 でも今も、女の子を見捨てることには変わりないわけで。

「彼氏さんとの待ち合わせ、12時に北駅って言ってたわよね。もう随分遅れてるけど、何とか助けてあげられないかなあ」

 おい、と心の中で思わずつっこんだ。
 体育館裏であれだけのとんでもない裏を見せたくせに、たかだかナンパに引っかかるなんて。
 それにこんな会話が聞こえてしまったら、さすがにもう知らんぷりはできない。
 一度盛大に息を吐いて、仕方なく女子大生に道を聞きに行った。

 ︎ ︎ ︎

「聞いてないぞ……」
 5分後、俺は電柱の影から人だかりを凝視していた。
 その中心には、見間違うはずもない藍田。周りには7人前後の大学生たちが囲んでいる。いくらなんでも多すぎる。
 さりげなく「あっこいつ俺の彼女なんで」を使って逃げようかと思っていたが、まず藍田の元まで辿り着けるかどうか。大学生たちも強面の人ばかりで、思わず帰りたくなる。

「とりあえず携帯鳴らしてみるか……」
 これで出られる状況じゃなかったら、腹を決めよう。
 見ただけで出られる状況じゃないのは分かるのだが、こうでもしないと勇気が出ない。
 電話帳に登録されている藍田の名前を見つけると、電話をかける。

「勘違いしないでよぉ、俺たち誰にでも声かけるわけじゃないんだぜ。君があまりにも可愛いから思わず声かけちゃったのよ」
「お兄さん、私はお兄さんがタイプじゃないから断ってるの。何度言ったらわかってくれるんですか?」

 あ、ダメそうだ。
 携帯に反応すらせず、明らかに疲弊した様子の藍田を見て、さすがに決心がついた。
 電柱の影から飛び出すと、縫うように走って人だかりの中へ侵入する。その際「何だこいつ」と身体で遮られそうになるも、何とか藍田の元まで辿り着いた。

「あ、こいつ俺の彼女なんで」
 よし、後はここから一目散に走ってーー。
「いや、違いますけど」
「はぁああ!?」
 仰天して藍田を見ると、素知らぬ顔で見つめ返してきた。

「……おい、お前が彼氏か?」
 ドスを効かせたその声に、思わず眉が釣り上がる。
「そうだって、さっきからーー」
「違いますよ。他人です、他人」
「ちょっ」
 何のつもりだよ、せっかくこっちが!
 その声は、ピーッ!という笛の音に掻き消された。
「君たち、何してる!」
「げ、パトロールかよ。とっとと行こうぜ」
「ちっ、もう少しだったのに」
 そう言うと男たちは退散して行った。何がもう少しなのかはよく分からないが、今はタイミングがぴったりのパトロールに感謝するしかない。

「はぁ、疲れた」
 本当に疲弊している様子の藍田に、思わず気を使う。
「……お疲れ。災難だったな」
「えぇ、ほんとに。おかげで遅刻しちゃったし。ごめんね?」
「いいよ、仕方ないだろこれは」
「ありがとう。そう言ってくれると助かる」
 弱々しく笑う藍田は、体育館裏で妖麗な笑みを浮かべていた時とはまるで別人みたいだ。
「なんで、今さ」
 彼氏ってこと否定したんだ? そう聞こうとしてやめた。
 これではまるで本当に付き合っているみたいじゃないか。それについ今しがたまで大学生に迫られて疲れている藍田に、その質問をするのは少し気がひける。
 しかし途中で切った言葉で、俺が何を言おうとしたか大体察しはついたらしい。
 藍田はため息を吐くと、
「別に。疲れてて頭が回らなかったし、よく覚えてないわ」
と言った。
「それで合流できた途端に悪いけど、ちょっと外すわ。日陰で待ってて」
「どこ行くんだ?」
「お手洗い」
「あ、ごめん」
「いいよ。それじゃ、また」
 ごめんね、とジェスチャーした藍田は建物の中へ消えて行った。
 
 
「ねぇ、災難だったね」
 不意に肩を叩かれて振り向くと、聡美がこちらを見上げていた。
「げ、姉貴。見てたのかよ」
「まあね。パトロール呼んだの私なんだから、感謝しなさいって」
「姉貴だったらあんな奴らけちょんけちょんだろ」
「あんたね、私のことなんだと思ってるのよ。か弱い乙女ーーって、そんなこと今どうでもいいの!あんた、あの綺麗な子誰よ?どんな関係?」
「……藍田って子。関係はよく分からん」
「何よそれ。詳しく聞かせなさいよ」
「帰って気が向いたら言うから、今はどこか行ってくれ」
「お礼は?」
「はいはい、ケーキ買って帰るから」
 あっち行け、とジェスチャーする。
 聡美は満足そうにニヒヒと笑うと、思い出したように眉を挟めた。
「さっきの男、彼氏が来たらぶん殴るとかなんとか豪語してたわ。あんたが中に入って行ったときはさすがに心配した」
「え?」
「じゃ、これ以上邪魔したら悪いし。ケーキを楽しみに、お先に失礼しちゃうかな」

 バイバイと手を振って去っていく聡美を見送りながら考える。 
 彼女という言葉を否定したり、俺がかけた電話に一切の反応も見せなかったのは、俺を気遣ってのことだったのかと。 
「……なんだ」
 少しホッとした。
 体育館では少し、いや凄く驚いたが、根本的な部分は変わっていないのかもしれない。こんな第三者から言われないと分からないような気遣い、本当に性格が悪いなら絶対しないことだろう。
 聡美と別れてからボーッと考えていると、藍田が戻ってきた。

「お待たせ、桐生くん」
「おう」
 改めて藍田を見ると、声をかけられる理由も分かる。
 上はデニムのアウターに、リボン付きのプルオーバーを重ねて。下は裾に向かって緩やかに広がったガウチョパンツから、僅かに覗く足首にリボンを付けている。
 ナンパされるのも無理はないほど、藍田は綺麗だった。

「なに、見惚れた?」
 俺が眺めているのに気付き、藍田は上目遣いで聞いてくる。そのあざとい視線をなるべく見ないようにして、先ほどの疑問を投げかける。
「藍田、さっきの嘘だろ。疲れてたから頭回らなかったってやつ」
「え?」
「助けてくれたんだな?」
 藍田は俺の問いに一瞬驚いた顔をして、上目遣いをやめた。
「うーん……別に。わざわざ助けに来てくれたのに、目の前で殴られちゃうのは申し訳ないから」
 それは助けるのと同じことだろう。俺の顔を真っ直ぐ見ずに、それ認めようとしない藍田は心なしか照れているような気がした。
「そっか。まあ、パトロールも来てたしあんまり意味なかったけどな」
「ううん、私嬉しかったよ。桐生くんのことますます好きになっちゃった」
「ブッ」
 藍田は俺の反応を見て、本当におかしそうにクスクス笑う。でも頬がわずかに紅潮していて、照れ隠しの言葉にも思えた。
 その顔があまりにも純粋な笑顔に見えて、心の中で思わず首を捻る。

「藍田、今日なんかいつも通りだな」
 怒られるかなと思ったが、藍田は澄ました顔をしていた。
「今までの性格が嘘っていうわけじゃないもの。思っていたことを隠してただけ」
「へぇ、ややこしい」
「なによ、不満そうな目しちゃって。一応彼女なんだけどなあ」
「バカ言え、あんな強引に言われてなびくような男にはなりたくないよ」
 自分に言い聞かせるような俺の言葉に、藍田は眉をひそめる。
「……ふーん、ちょっとしくじったかなぁ」
 髪をくるくると弄る藍田は、物憂げな表情でそう言った。

「高校で幼馴染と俺を振った高嶺の花に再会した!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く