文学

更新日:

明日の月は綺麗でしょうね

連載中:7話

作者:繭乃

  • お気に入り

    5

  • いいね

    26

  • コメント

    0

あらすじ

 日本の中心地東京、渋谷。
 ある土曜日、この雑多な街で
 僕⦅榊 湊太⦆は素知らぬ少女⦅能崎 紫⦆と待ち合わせて会うことになる。
 
 
 僕は彼女の放つ怪しい雰囲気にのめり込んでいった。
 
 「案外詰まらない人間に私は
 目をつけられてしまったようですね…」
 
 僕と少女の不思議で危うい関係性が
 この街に埋もれてゆく。
 
 「ねえ、君は、僕が人殺しだって言ったら、
 どうする?」

全文表示

「明日の月は綺麗でしょうね」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品