世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

魔法学園編 1日目

 体育祭1日目。
 今日から始まる祭りのために2週間ほど前から準備をしていた。
 だけど、今日出る競技は、徒競走の1種目だけ。しかも、一番最初が徒競走なので、あとの種目は、ただ応援するだけだ。
 まぁ、暇だけど全力で応援してやる!
 俺は、そう思いながら学園に行く準備をした。
「シンお兄ちゃん!シルフィお姉ちゃん!オリビアお姉ちゃん!頑張ってです!」
 サリィがそう言う。
「パパ~、ママ~、お姉ちゃん、頑張って~。」
 レイがそう言う。
「ご主人様、それにほかの二方、頑張って来てください。」
 クルルがそう言う。
「主、二方、頑張って来てください。」
 レイジスがそう言う。
(ご主人様、頑張って来てください!)
 ソラがそう言う。
「みんなありがとな。」
「皆様、ありがとうございます。」
「みんなありがとう。」
 俺たちは、玄関前で応援の言葉を受けた。
「みんなで応援に行きますね。」
「わざわざ応援に来るなんて、本当にありがとう。」
 俺たちは、その応援のお礼を言って学園に向かった。
 そして、学園に着くとみんなと挨拶を交わしベイル先生の朝のホームルームを聞きグランドに向かった。
「あぁ、緊張するよ~。」
「なんだよメイル、お前が緊張するなんて珍しいな!」
「うるさいよ、ケイン!私だって緊張するよ!だって私今日、10種目くらい出るんだよ!それに初日だから尚更緊張するよ!」
「まぁ、気楽に行こうぜ!俺も今日は、7種目くらいだからよ!」
「いいな~、お前ら。俺今日、1種目だけなんだぞ!」
「それは残念だったな。ははは」
「笑ってんじゃねぇよ!」
「ははは、確かに1種目だけだと暇だね。あーなんか笑ったら緊張もほぐれたよ。」
「お!よかったじゃないか。」
「うん!」
 みんな、いいなぁ。
 それから開会式が始まり、校長の挨拶、選手宣誓が終わり、とうとう1種目目が始まる。
 俺は、徒競走に出るために入場門に並びそれから入場した。
 そして、俺が入場すると女子生徒からキャーキャーと言う声が出てきた。
 こういう声は、前世からずっと聞いていたがいつになっても慣れないものだ。
 だから俺は、少し口元がニヤニヤしてしまった。
 そして、チラッとシルフィの顔が見えたがなんかすごい不機嫌そうな顔だった。
 はぁ、後で怒られるかなぁ?
 それから1種目が始まり、どんどん走っていった。
 そして、15分くらいで終わった。
 ん?俺はって?もちろん1位になりましたよ。
 俺は、徒競走が終わりSクラスのいる席に戻った。
「シン様、お疲れ様。」
 シルフィが俺を迎えてくれた。
 だけど、その顔は笑っているが目が笑ってない。
 はっきり言ってめちゃくちゃ怖いです。
「シルフィ、怒ってる?」
「いいえ、怒ってませんよ。どうしてそう思うんですか?私に怒られるような行動をとったてことですよね?ね?シン様?」
 怖い!とても怖い!
 なのでこれからする俺の行動はただ一つだけ。
 それは、
「ごめんなさいぃぃぃぃ!」
 思いっきり土下座をした。
 そしてそれから少しの説教をくらい、なんとか許してもらえた。
 それから数時間後、全ての競技が終わった。
 今の結果は、
 1位が黒
 2位が黄
 3位が白
 4位が赤
 5位が青
 6位が緑
 という結果になった。
 3位だがあと六日も残っているのだからまだまだ十分に逆転はできる。










 このごろ内容がみじかくて本当に申し訳ありません!
 あまり書く時間が取れないので多分まだこのくらいの長さだと思います。
 本当にごめんなさい!

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ラノベ大好きサムライ

    大丈夫ですよー

    2
コメントを書く