世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

魔法学園編 明日に向けて

 そういえばチーム分けを言ってなかったのでここで言いましょう。
 全学年6組ずつあるのでチームも6組あります。
 チームは、色で決まり全部で赤、黄、青、緑、白、黒で分けられる。
 俺たちSクラスは、白色だ。
 そして、2、3年は、2年がBクラス、3年がFクラスとなっている。
 丁度いいくらいにクラス分けがされている。
 まぁ、チーム分けの話は、これでいいだろう。
 そして、ここからが本題。
 体育祭前日。
 今日は、学校が休みだが自由登校らしく練習したい人は、練習をしてもいいらしい。
 なので俺たちSクラスは、クラス競技である魔法合戦の作戦を最終確認にしていた。
 俺は、この試合においては、前衛ではなく、支援をしてくれと頼まれた。
 まぁ、別にいいんだけどね。
 正直みんな、俺の授業を受けてからなんかどんどん強くなっていったから支援なんか必要なさそうだけど。
 みんなもそう思っているらしく俺が前衛になるとほとんど俺が倒してしまうと言われ俺は、支援に徹することにした。
 まぁ、みんなでやる競技だから俺だけが倒してしまうのも良くないな。
 そんなことを思いながら俺は、今日の作戦最終確認の話し合いをしたのだった。
 話し合いを終え俺たちは、少し魔法の練習をして今日は、もう終わった。
 明日から始まる体育祭に疲れが残るのは避けておきたいからな。
「みんなお疲れ、今日は、早く帰って疲れを取れよ!」
 俺は、そうみんなに言った。
「分かってるよ!シンこそ、動き足りないとか言って運動するんじゃないか?」
 ケインが俺をバカにするようにそう言うとみんなうんうんと頷いている。
 なんか俺ってあんまり信用されてない?
「さすがに今日は休むよ。それじゃ、また明日。」
「「「じゃあね!」」」
 俺たちは、屋敷へと帰っていった。
 それから俺たちは、屋敷に着き各自部屋で休むことにした。
 ・・・だが、休めん!
 今日は、全然体を動かしてないから落ち着かない!
 でも、みんなにも言われたんだからちゃんと休まないとな。
 ・・・・・・よし!ちょっとだけランニングしよう!
 少し体を動かした方がよく休めそうだからな!
 まぁ、かる~くだけどな!
 俺は、動きやすい服に着替え、《ワープ》で古の森に来た。
 まぁ、ランニングがてらに魔物も少し討伐するか。
 それから5時間後。
 ふぅ、まぁこんくらいかな。
 これでゆっくり休めそうだ。
《ワープ》で屋敷の自分の部屋に帰った。
 そして俺の目の前にシルフィがいた。
「おかえりなさい、シン様。」
 シルフィは、笑ってそう言った。
 いや、目だけは笑ってない。
「た、ただいま。」
 俺は、なにか悪い事をしたのかと思い心当たりを探す。
 何も無い・・・はず。
「なんでシルフィがここにいるんだ?」
「逆に聞きます、なんでシン様は、ここにいなかったのですか?」
「え?」
 どゆこと?
「今日は、ちゃんと休むと言ったではありませんか。」
「ああ、そういうこと。」
「そういうことではありません!どうしてシン様は、約束を破ってしまうのですか!?」
 そうか、シルフィは、俺が約束を破ったことに怒っているのか。
「ごめんな、シルフィ。最初は、ゆっくり休もうと思ったんだけど休めなくてな。」
「ケインさんが言っていた通りやっぱり運動するんじゃないですか。はぁ、もういいです。今日は、ゆっくり休んでくださいね。」
「はい。」
 さすがにこれ以上やるとみんなを裏切るみたいになるので今日は、やめておいた。
 ゆっくり休も。
 なんかこう考えると俺って結構シルフィの尻に敷かれているな。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー206733

    クリスマスやバレンタインネタやって欲しいです。投稿頑張って下さい。

    1
コメントを書く