世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

家作りーPart2

「さて、こんなもんかな。」
 俺たちは、昨日作った家の内装を変えていた。
 家には1人一部屋ずつ作っていてみんな自分の部屋を思いも思いに変えていた。
 そして、リビングはみんなで協力して変えていった。
「さて、そろそろ昼飯の時間だけどなんか、食べに行くか?それとも何か作ろうか?」
「そうですね、せっかくなんでみんなでご飯を作ってみませんか?」
「お!いいな!みんなもそれでいいか?」
「「「いいよー(です)」」」
 みんなからOKを貰ったので俺たちは、キッチンの方に向かった。
 家のキッチンは、みんなが入っても余裕のあるスペースなのだ。
「さて、何を作ろうか?」
「パパ~、わたしは、クッキーが食べた~い!」
「クッキーか~、それは、ご飯じゃないからな。それじゃ食後のデザートにクッキーを作ってあげよう。」
「わーい!」
 ははは、ほんとにレイは、可愛いな~。
「それじゃ、うどんでも作るか!なんか、久々に食いたくなってきたし。」
「シン様、うどんとはなんですか?」
「うどんってのはな、小麦粉で作る麺料理なんだ。」
「麺料理ですか。」
 まだシルフィは、想像出来ていないらしく、可愛らしく小首を傾げている。
 他のみんなもそんな感じだ。
「ま、とにかく作ろうぜ!作り方は俺が教えるから。」
 そう言って俺たちは、調理をしていった。
 みんな俺の指示通り調理していって、1時間くらいで出来上がった。
 出来上がったものをみんなでリビングまで運び、みんなが揃ってから「いただきます」と言って食べ始めた。
「ん!?美味しい!美味しいです!シン様!」
「ほんとです!すごく美味しいです!」
「うん、とっても美味しい。」
「パパ、これ凄い美味しいよ!」
 みんなうどんが美味しかったらしく、すごい喜んでくれた。
「うん、確かに上手いな!」
 俺も一口食べるとすごい美味しかった。前世で食べた時よりも今の方が格段にうまい感じがする。
「これ、今まで食べてきたうどんの中で1番美味しいよ!たぶん、みんなで作って、みんなで食べているからそう感じるんだろうね。」
「そうですね!それじゃこれからはみんなでご飯を作りませんか?」
「いいね、それ。みんなはどうだ?」
「サリィは、OKです!」
「私も大丈夫ですよ。」
「わたしも一緒に作る!」
 みんなOKのようだ。
 それから俺たちは、うどんを食べ終わり、休憩をしてから屋敷へと帰った。
 もう、完成しているのだが、グレイさんやソフィアさんは、まだみんなにいて欲しいらしく、もう少し屋敷にいる予定である。
「ただいま~」
「ただいま帰りました。」
「ただいまです!」
「ただいま!」
 みんな屋敷に着くと挨拶をしてから上がっていった。
 因みにレイは、疲れたらしく俺の背中でぐっすりと眠っている。
「あら、おかえりなさい。」
 屋敷の中に入るとソフィアさんが読書をしていた。
「みんな、シン君の家はどうだった?」
「凄かったです!昨日だけでもう、ほとんど出来ていたです!そして、今日でみんなで家の中を変えていって、完成したです!」
 ソフィアさんからの質問にサリィが興奮気味に答えた。
「もう、完成したんだ。すごいわね。」
「あれ?お母様、あまり驚いていませんね。たった二日で家を完成させたのですよ?」
 シルフィの言う通りソフィアさんは、全然驚いていない。
「だってシン君が作ったんでしょ?それなら納得がいくわよ。」
「ふふ、確かにそうですね。シン様ですもんね。」
 ねぇ、これって褒められてるの?それとも貶されているの?
「それよりもみんな疲れたでしょ?お風呂に入って夕食まで部屋でゆっくりしていなさい。」
 ソフィアさんに言われた通り俺たちは、風呂に入った。(レイは、部屋で寝かしている)
 それから風呂から上がり、夕食まで部屋でゆっくりした。そして、夕食の時間だとメイドの人から教えられ、レイを起こして食堂へと行き、夜ご飯を食べ、今日はもう寝た。
 そして、それから数日後、夏季休暇が終わり、学園が始まった。







 この前言った通り、明日はたぶん投稿が出来ません。ごめんなさい。
 それと、次の話からはまた、魔法学園編になります。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • リラ

    次の投稿楽しみに待ってます

    3
  • ノベルバユーザー214923

    体に気をつけて、無理しすぎないよににしましょう!

    5
  • 白夜

    頑張って下さい。

    4
コメントを書く