世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

もっと強く!

「う~ん、次は、なに作ろうかな~。」
 俺が魔道具作りで次に何を作るか悩んでいると、サリィが走ってこっちへきた。
「シンお兄ちゃん!シンお兄ちゃん!そろそろ魔物狩りに行こうです!」
 サリィは、そう言いながらぴょんぴょんと跳ねている。可愛いな~。
 まぁ、近頃大会とかでサリィを構ってあげれてないからそろそろ構ってあげないとな。
「ああ、いいぞ!今日は、俺がだいぶ前に行った【シグルドの森】に行くか!」
「ホントです!?わーい!わーい!」
 今度は、両手を上げて喜んでいる。
 もう、サリィは、何しても可愛いな!!癒されるぜ!!
「それじゃ30分後に出るから準備をしとってね。」
「はいです!!」
 サリィは、そう元気よく返事をするとスタスタと駆けて行った。
「さて、俺も準備をしますかな。」
 俺はそう言って、部屋に行った。
 30分後
 俺たちは、《ワープ》で【シグルドの森】に来た。
「わぁ!ここが【シグルドの森】です!?同じ森なのになんか雰囲気が違うです!」
 そう言いながらサリィは、クルクル回って周りを見渡す。
「確かにそうだな。まぁ、木の種類とかが違うからそこらが雰囲気の違いかな。」
「ここってどんな魔物がいるです?強い魔物いるですか!?」
 サリィは、興奮気味に聞いてくる。
「まぁ、魔物の種類のとかは前の森と結構一緒かな。でも、俺がここに来た時に戦ったホワイトウルフは、結構強かったな。」
 俺がそう言うとサリィは、目をキラキラと輝かした。
「じゃあサリィもその魔物と戦……」
「ダメだ!」
「なんでです!?」
「危険だから。あの魔物は、クルルとレイジスが二人がかりで倒せた魔物だ。まだサリィには早い!」
 俺がそう言うとサリィは、不貞腐れてしまった。
 でも、今のサリィではどうやっても勝つことは出来ない。俺は、絶対に怪我を負ってほしくないからここは強く言っておく必要がある。
「サリィ今回は、別の魔物で我慢してくれ。サリィのレベルが上がったら倒しに行こうな。」
「ん~、仕方ないです。確かに今のサリィじゃ勝ち目ないです。だからもっともっと強くなりたいです!」
「ああ、俺ももっともっと強くなりたい!一緒に強くなろうな!」
「はいです!!」
 サリィも納得してくれたらしく、ほかの魔物を倒すことに集中し始めた。
《敵感知》
 そのスキルを使い周りにいる魔物を調べる。
 西に5匹いるな。この距離だとすぐだからサリィにも言って注意させるか。
「サリィ、西の方に魔物が5匹いるから気をつけろ。位置的にも結構近いぞ。」
「分かったです!気をつけるです!」
 うん!いい子だ!
 それから俺たちは、数分歩き魔物の近くまで来た。
 向こうは、まだ気づいていないから今がチャンスだろう。
『サリィ、先に攻撃してすぐに仕留めるぞ!』
『はいです!』
 俺たちは、俺が作った魔道具で話し、先制攻撃を仕掛けた。
 だが、正直に言って俺の出る幕などなかった。
 サリィは、1人であっという間に魔物を倒した。
「サリィ、結構強くなったんだな。すごいぞ!」
 俺は、そう言いながらサリィの頭をなでなでした。
「えへへ~、シンお兄ちゃんがあまり構ってくれないからときどき王都の騎士さんのところに行って一緒に訓練してたです!」
「そ、そうなのか。なんかごめんな。」
 まだこんなに小さいのに王都の騎士のところの訓練なんかさせていいのか。
 俺の考えが顔に出てしまったみたいでサリィが頬をプクッーと膨らます。
「サリィだって少しは強いです!王都の騎士さんにも勝てるようになりましたです!」
 な、なに!?王都の騎士に勝っただと!?ああ、手加減したのかな?
 でも、さっきの戦いを見るともしかしたら本当に倒したのかもしれないな。
「すごいな、サリィ。今度俺と勝負するか?」
「確かにシンお兄ちゃんと戦いたいって思ったことはあるですけど、負ける気しかしないです。」
「まぁ、今の状態じゃそうだろうな。でも、サリィがもっともっと強くなったら俺にだって勝つかもしれないぞ?」
「そうです!サリィもっともっと強くなっていつかシンお兄ちゃんに勝つです!」
「ああ、頑張れよ!」
 サリィは、両頬を手でパチンっと叩いて気合を入れた。
「さぁ、やるです!」
 そう言って俺たちは、3時間ほど魔物狩りを続けた。
 俺たちが狩った数をしようとすると数が多すぎて数えれなかった。
 俺は、その魔物たちを【亜空間倉庫】に保管して冒険者ギルドに向かった。
 そして、冒険者ギルドの扉を開けて受付のところに行く。
「やぁフーミャさん、久しぶり。」
「お久しぶりです!フーミャさん!」
 受付のところにいたのは、俺たちが冒険者登録の時に担当をしてくれたフーミャさんだった。
「お久しぶりですね、シン様、サリィ様。シン様が大会で優勝したことは耳に入っていますよ。おめでとうございます。すごいですね!」
「フーミャさん、ありがとう。まぁ、少し危なかったけど何とか優勝できたよ。」
「これでこの街も有名になるんじゃないでしょうか。シン様のおかげですね!」
 なんか、そこまで言われると照れるな。
「それで今回は、どんな御用ですか?」
「ああ、さっきまで魔物を狩ってたから素材を買い取ってほしいなと思ってね。」
「そうでしたか。それでは、解体所に魔物を置いてくれますか。そこで鑑定して金額を払いますので。」
「分かった。」
 俺たちは、解体所へと向かった。
「それでは、ここに魔物を出して貰えますか?」
「ああ、分かった。」
 俺は、そう言って【亜空間倉庫】に入っている今日倒した魔物をすべて出した。
「これで全部です。」
 俺がそう言うとフーミャさんは、声を失っていた。
「………こ、これは、多すぎませんか?」
 フーミャさんは、少しの沈黙のあとその言葉を絞り出した。
「確かに多いですけどこれは、7割くらいは、サリィが狩ったものだぞ。」
 俺の言葉を聞くとフーミャさんは、さらに驚いた。
「………う、嘘ですよね。」
「いいや、ほんとだ。」
「ホントです!!」
 サリィも少し怒り顔でそう言った。
「こ、これでは数が多すぎて今すぐに鑑定できないので、三日後に来てもらえますか?多分その頃には、終わってると思うので。」
「分かった。それじゃ、今日はここで帰らせてもらうよ。」
「はい、それでは、また後日。」
 そう言って俺たちは、ギルドから出て行った。
 そして、三日後になり魔物の査定金額を貰うとまたすごい金額になった。
 今回は、サリィに多めにあげようとしかさたが、サリィは、まだ買い物の仕方が分からないので俺にすべて渡した。
 俺は、そのお金を使うのはさすがに抵抗があるので、サリィの好きなものを勝手にあげた。そして、その時に買い物の仕方も教えてあげた。
 サリィは、ぬいぐるみなどをたくさん買った。
 サリィは、わーいわーいと言いながら喜んでいた。すごい可愛い!!
 サリィも大満足みたいで良かった。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー59515

    誤字 勝手にあげたー買ってあげたじゃないかな?

    0
  • ノベルバユーザー249688

    サリィ好きです。

    0
  • キルヒアイス

    サリィ嫌いです。

    4
コメントを書く