世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

魔法学園編 お祝い

 大会が終わり今日からまた授業を再開する。
 が、学校に行ってみると生徒のみんなからすごい視線を感じる。
「なぁ、俺今、すごい目立ってね?」
 俺は、シルフィに聞いてみた。
「当然ですよ。大会で優勝したんですからシン様は、この学園の誇りですよ!それに今度お父様から叙勲されるんですから。」
 まぁ、確かにそうだがすごい気になるな、これ。
 前世でもこういうのはあったがやっぱり慣れないな。
「ん~、今度からは《ワープ》で学校に来ようかな。」
 俺は、今の状態が続くなら《ワープ》を使った方がいいと考えた。
「大丈夫ですよ、多分すぐに止むと思いますので。……それに、シン様とイチャイチャしていたら寄ってくる女を減らせれますから(((ボソ」
「ん?最後の方よく聞き取れなかっけど、なんか大切なことでも言ったか?」
「いえいえいえ!なんでもありません!」
 シルフィは、顔を真っ赤にしながら力強く言った。
「そ、そうか。まぁ、すぐにこの状態が止んでくれるならいいんだけどな。」
「そうですね。」
「あの~、私のこと忘れてませんか?」
 オリビアが不機嫌そうな顔で言ってきた。
「べ、別にそんなことないわよ。忘れてなんかいませんよ。」
 シルフィがすごいわざとらしく言った。
「やっぱり忘れてたんだ!酷い!」
 オリビアは、ショックを受けて不貞腐れてしまった。
「まぁまぁオリビア。俺は、忘れてなんかいないぞ。」
 俺がそう言うとオリビアは、顔を上げぱあっと顔を明るくさせた。
「さすがシン君!どこかのお姫様とは違います!!」
 そう言ってオリビアは、シルフィをいじる。
「もう!悪かったわよ!ごめんなさい!」
 シルフィは、楽しそうにそう言う。
 二人ともすごい仲良くなってるな。良かった。
 俺たちは、周りからの視線を感じながら教室に向かった。
「みんな~おはよ~」
 俺は、みんなにそう挨拶した瞬間
「「「シン(君)優勝おめでとう!!!」」」
「うわっ!なんだ!?」
 みんな集まっていて急に大声でそう叫んだ。それにクラッカー的な物も使って驚かしてきた。
「なんなんだ!?」
 俺は、みんなに向かってまたそう言った。
「ふふ、みんなで計画してシン様を驚かせようっていうことです。」
 シルフィが説明してくれた。
「なんで?」
「だってお前、優勝だぞ?優勝!この学園で初めてなんだぞ!そりゃこれくらいするよ!」
 ケインは、そう言ってきた。
「そ、そうなのか。ありがとう、嬉しいよ。」
 俺がそういうとメインがなんか言ってきた。
「シン君すごいびっくりしてたよね!はは、面白かったな!」
 そう言ってメインは爆笑しやがった。
「こ、こんにゃろ~。」
 俺は、指の関節をポキポキと鳴らす。
「わわ、ごめんって!」
 メインもさすがに調子に乗り過ぎたと思い、謝ってきた。
 俺も今回は、許してやった。
「みんな、席つけよぉ!」
 ベイル先生が教室に入ってきた。
 俺たちは、みんな席につく。
「よぉーし、みんないるな!それじゃ今から朝礼があるからみんな体育館にすぐ行くように!」
  ベイル先生は、そんな指示を出し教室から出て行った。
 俺達も教室から出り、体育館に向かった。
 高等部の全学年が体育館に揃うと先生が始まりの挨拶をした。
 そして、いきなり俺が呼ばれた。
「え~、今年の大会で出場したナルカミ シン前へ出てステージに上がってください。」
 俺は、指示通りステージに上がった。
「今年の世界最強王者決勝戦でナルカミ シンは、学園初の優勝を手にすることが出来ました!ここで報告しておきます。それからシン、なにか一言言ってくれ。」
 え?なに、その無茶振り!?
 この学園に来て今回も含めると二度あったぞ、その無茶振り!!
 まぁ、言われたものはしょうがない。
「高等部1年Sクラスの鳴神 真です。まずは、お礼を言わせてください。大会の時に応援に来てもらいありがとうございました。一言は、俺は、今大会の決勝戦で結構押され気味だったのでもっともっと強くなれるように努力します!え~、俺からはこれで終わります。」
 俺は、そう言って一礼しステージを降りた。
 それから校長の話が少しあり、解散となった。
「ふぅ、この学園は無茶振り多すぎじゃね?」
 俺は、シルフィにそう問いかけた。
「この学園は、なんかこういう突然言われたことを乗り切れるように、日常から慣れていこうということなので、たぶんシン様のもそうだと思いますよ。」
 確かにそういう能力は必要だけど、何も知らない俺にそういうことやるのやめて欲しいな。
(なぁイリス、もし今後こういうことがあれば、教えてくれないか?)
(何を甘えたことを言ってるんですか。自分の力でどうにかしてください。)
 イリスは、そう言った。
 イリスってときどきケチだよな。
(誰がケチですか!?私は、マスターのことを思って言っているんですよ!)
(うっ!すいません。)
 やっぱり俺は、イリスには頭が上がらない。
「シン、今日はお前の優勝を祝していつもの喫茶店でパーティするからな!」
 ケインは、急にそんなことを言ってきた。
「喫茶店の店員にいきなりパーティしますって言ったら迷惑じゃないか?」
「それなら大丈夫だ!もう前もって言っておいたからな。それと喫茶店の店員たちもシンが使ってる店だから売り上げが上がるかもしれないって喜んでいるぞ。」
「そ、そうなのか。分かった、ありがとな。」
 それから学園である授業が終わり、いつもの喫茶店に行った。
「すいません、迷惑をかけてしまって。」
 俺は、一言店員に謝っておいた。
「別にいいですよ、そんなこと。それよりも優勝おめでとうございます!」
 店員の人たちもお祝いしてくれた。
「ありがとうございます。」
 俺は、そう言って一礼した。
「よぉーし、シンの優勝を祝して乾杯!!」
「「「乾杯!!」」」
 それから俺たちは、思いっきり楽しんだ。
 それから時が経ちパーティが終わり俺たちは、喫茶店の掃除をしていた。
「ふぅ、これで大体終わったな。それじゃ帰るかみんな!」
 ケインは、そう言って帰宅の準備をした。俺たちも準備に取り掛かった。
「今日は、ありがとうございました。」
 俺は、最後に店員の人たちにお礼の言葉を述べた。
 それから俺たちは別れ、帰宅した。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 火野目 燐助

    イリス擬人化はいつですか

    0
コメントを書く