世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

魔法学園編 大会前

 入学してから時が経ち、三日後には、とうとう世界最強王者決定戦が始まる。
 俺は、これまでずっと修行をしてきた。
 ユニークスキル《限界突破オーバーリミット》のおかげで俺は、成長を続けることが出来た。
 正直これくらいステータスが上がれば敵無しと言ってもいい。だが俺は、慢心をしないと決め、修行をずっと続けた。
 それと新たなスキルも何個か手に入れている。
 これだけ準備すれば大丈夫だろう。
 俺は、そう思い今日をキツい修行にして、明日と明後日は休もうと考えた。
「ふぅ、さすがにキツくし過ぎたな。まぁ、大会が始まるまでは、ゆっくりと休もう。」
 俺は、今日の修行を終え、帰宅した。
「おかえりなさい、お疲れ様ですシン様!」
「おかえりです!シンお兄ちゃん!」
「おかえり、シン君!」
「ああ、ただいま。」
 俺が帰るとみんなが集まっていて挨拶をしてくれた。
「どうしたんだ、みんな集まって?」
「いえ、別に深い意味はありません。シン様をみんなでお出迎えしようかってなりまして。」
「そうなのか、ありがとう。」
 シルフィたちは優しいな。
「シンお兄ちゃん!お風呂にするです?ご飯にするです?それともサリィです?」
 なんだよそれ、そんな言葉聞いたの初めてだぞ!
「なら、お風呂で。」
「シンお兄ちゃんは、照れ屋さんです!」
 そう言ってサリィは、頬をプクッと膨らませた。
 何その反応!?可愛い~!……は!俺は、ロリコンではないぞ!
「シン君、お風呂ならすぐに入れるから入っていいよ。」
「分かった。なら、すぐに入ろうかな。」
 俺は、そう言って風呂場に行こうとした。
「シン君、お背中を流しましょうか?」
「「「なっ!」」」
 オリビアの発言に俺とシルフィとサリィは、固まってしまった。
「うふふ、冗談ですよ。あ!それとも本当にして欲しかったですか?」
「い、いやいやいやいや別に大丈夫だ!!」
 俺は、慌てて風呂場へ駆けた。
 それから俺は風呂に入り、夜ご飯をみんなで食べて就寝した。
 翌日
「あ!シン、おはよう。今日は、何の授業をするんだ?」
 ケインは、俺が教室に入るなり、そんな質問をしてきた。
「ん~、まだ考え中だ。でも、外を使っていいって言われたからたぶん実技の練習になるかな。」
「分かった。楽しみにしてるぜ!」
 俺の授業は、Sクラスのみんなの魔法に関することがとても向上したせいで、俺の授業は、まだ続いている。そして、みんなも俺の授業をとても頼みにしてくれる。俺としては本当は、あの1回で終わらせたかったのだがみんなにあそこまで頼まれると断れないよな。
 そして、無難に俺の授業が終わり、昼休みに入っている。そして俺は、校長室で大会の確認をしていた。
「シン、これである程度説明は終わったが、なにか聞きたいことでもあるか?」
「いえ、大丈夫です。」
 俺は、大会の説明、ルールを聞き終わり、一息ついていた。
「それと明日は、高等部の全校生徒を集めてお前が大会に出ることを伝えるからな。」
「分かりました。俺は、そこで何か喋った方がいいですか?」
「まぁ、軽く自己紹介をしてくれればいい。お前の実力は、大会で見せてやれ。本戦に上がれば全校生徒で応援に行くからな。」
 大会は、最初の三日間くらい予選があり、そして本戦がある。本戦には、16人の人が出れるらしい。
 本戦に出れる数って結構多いんだな。
 俺は、そんな感想を持った。だが、この大会は、1000人以上の人が参加する。984人が予選で落ちると考えたら少ないのかな?と思ってきた。
「シン、明後日からの大会は、頑張ってくれよ。うちの学園の名誉がかかっているのだからな!」
「分かってます。ちゃんと優勝しますよ。」
 俺は胸を張って言った。
 校長もそれでホッとしたらしい。
「それでは、俺はこれで失礼します。」
 そう言って俺は、部屋を出ていった。
 そして、翌日
「今年の大会には、このナルカミ シンを出す!1年ではあるが、こいつの強さは、俺がこの目で確かめた!こいつは強い!だからこそ必ず今年は、優勝してくれるだろう!」
 校長、そこまで言われるとさすがの俺も緊張しますよ。
 校長は、そこまで言うと俺を見て自己紹介をしろと促した。
「え~、ご紹介に預かりました鳴神 真です。俺は、まだ一年ですが必ず優勝して帰りたいと思います。応援よろしくお願いします。」
 俺は、ぺこりと一礼して自分のクラスの元へ戻った。
 とうとう明日から始まるのか、世界最強王者決定戦。
 必ず勝って優勝してやる。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー209734

    好調室になってますよ~!校長室ですよね?とても面白いので頑張ってください!応援してます!!

    1
コメントを書く