世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

魔法学園編 入学式

 魔法学園とは、中等部までの基礎を応用して、実践に使えるようにするための教育機関。
 もちろん編入試験もあるが、魔法学園は、高度な技術の基礎を中等部までにつけているので、並大抵な者は、新たに入学ができない。
 そして、今年の高等部を編入試験で合格した者は、1820人中1人のみ。
 今日は、魔法学園高等部の入学式。天気は、快晴、気温もそこまで高くなく、爽やかな風が吹いて、とても気持ちのいい日だ。





 今日は、魔法学園高等部の入学式だ。
 俺は、前世では、ずっと修行をしていて、青春を全て、武術へとつぎ込んだ。そのため、友人も1人もできなかった。
 まぁ、悲しくないけどね!・・・ホントだよ。
 だから、今日は、とても楽しみにしていた。せっかくの新たな人生だ!前世で、できなかった友人作りをしてやる!
 俺は、そんな思いを持ちながら、食堂に行き、みんなに挨拶をした。
「みんな、おはよう!」
「あ!シン様、おはようございます。」
「シンお兄ちゃん、おはよぉー。」
「シン君、おはようございます。」
「ご主人様、おはようございます。」
「主、おはようございます。」
 みんなから、挨拶が帰ってくる。
「やぁ、シン君、おはよう。昨日は、よく眠れたかね?」
「はい!よく眠れました!」
「そうか、今日から、学園生活だけど、何かあったら、言ってくれよ。」
「ありがとうございます。でも、なるべく自分で対処します!」
「ああ、頑張れよ!」
「はい!」
 グレイさんと、そんな会話をし、席についた。
「シンお兄ちゃん、制服似合ってるです!」
「そうか、ありがとな、サリィ。」
 そう言って、サリィの頭を撫でる。
「確かに、とても似合っております。シン君、とてもかっこいいですよ。」
「ははは~、そうかな~。」
 サリィの時は、平気だったのに、オリビアに言われると、なんか、すごく恥ずかしい。
「あれ!?シンお兄ちゃん!サリィと、オリビアお姉ちゃんの扱いに差があるです!?」
「まさか~、そんなこと、ないよ~。」
「わざとらしいです!」
 サリィは、そう言い、すごく落ち込んでしまった。
「サリィ、お前には、お前の魅力があるんだ!例えば、今のだってそうだ!気兼ねなく話せるところ、そこが、俺がお前を好きになった1つなんだ!」
「ほんとーに?」
「ああ、本当だ!」
 俺が、そう言うと、サリィは、パァーっと顔を明るくさせ、喜んだ。
「えへへ~、シンお兄ちゃん、大好きです!」
 サリィは、そう言いながら、座ってる俺の胸へ飛び込んだ。
「サリィ、座ってるのに、抱きつくのは、勘弁してくれ。テーブルの上にあるものが落ちたら危ないだろ?」
「そうでした、ごめんなさいです。」
「次からは、気をつけろよ?」
「はいです!」
 サリィの、こういうすぐ謝れるところも、好きになった1つだ。
「んふふ、シン様は、お優しいですね。」
「ん?そうか?」
 シルフィが、唐突にそう言ってきた。
「はい!とても、優しいです!特に、甘やかすばかりではなく、ちゃんと注意するところは、注意をして、相手のことを考えているところが、優しいです。」
 そんなことを言われたのは、初めてだ。なんか、照れる。
「そ、そんなことよりも、シルフィと、オリビアの制服姿もとても可愛いよ。」
「そ、そうですか?」
「うぅ、なんか、ものすごく恥ずかしいです。」
 なんか、二人とも照れていて、とても可愛い。こうなったら、もっと褒めてやろう。
「ああ、すっげぇ可愛い。二人とも、すっげぇスタイルが良くて、制服を着ると、それがさらに増すから、もう、輝いて見えるぜ!」
 さ、さすがに調子に乗ったか?まぁ、本音だから、何を言われても大丈夫だ!
「そ、そんなぁ~……えへへ~」
 シルフィは、手で顔を隠しながら、すっげぇ、喜んでいた。
「あぅ、あぅ、あぅ~」
 オリビアは、顔から湯気が出ているんじゃないか?、と思わせるくらい、顔を赤くさせて、放心状態だった。
「おっと、そろそろ朝飯を食わないと遅刻するぞ!」
「そ、そうですね。いただきましょう。」
 そして、俺たちは、朝食を食べ終わり、屋敷から出て、魔法学園に着いた。
 周りを見ると、今日から高等部になると、思われる人たちが、いっぱい学園内に入っている。
 みんな、中等部からの知り合いなので、そんなに緊張は、していなかった。
 学園長に聞いたところ、編入試験事件に合格した者は、俺一人らしい。
「お!あそこに新しいクラスが、貼られてるぞ!行ってみようぜ!」
 そう言って、俺たちは、クラス発表が貼られている掲示板に行った。
「俺の名前は~……お!あった、あった。Sクラスだな。」
「シン様!私もSクラスです!やりました、一緒のクラスです!」
「私も、一緒のSクラスです。みんな一緒ですね。」
 なんと!みんな同じクラスだったようだ!
 これは、嬉しいな。
「それに、シン様、この学年の首席ですよ!すごいです!」
「そうなのか?」
「はい!Sクラスは、1番上のクラスで、そして、そのSクラスの場所に、1番上に名前が載ってあるので、シン様が、学年首席となっております。」
「そうなんだな。」
 この学園は、クラスが受験の時の成績順で決まるらしい。そして、1番上からS、А、B、C、D、E、Fクラスに分かれている。
「あれなんだな、冒険者ギルドみたいなものなんだな。」
「確かに、ランクがあるので似ているかも知れませんね!」
 そう話していると、職員と思える人から集合の合図が出た。
 俺たちは、そこに行き、Sクラスの集まる場所に行った。
「お!シルフィと、オリビアじゃねぇーか。久しぶりだな。」
 そこに行くと、男の人から声が掛かった。多分こいつも、Sクラスの場所にいるから、Sクラスなんだろう。
 正直に言おう、こいつ、めっちゃイケメン!
「お久しぶりです、ケイン君、元気そうで、何よりです。」
「久しぶり、ケインくん。」
「ああ、お前らも、元気そうで、何よりだ。」
 そのケインとい男は、そう言って、ニコッと笑った。笑顔がめっちゃ眩しいぜ!
「ん?その人は、誰?」
 ケインという男は、俺に気づいたらしく、シルフィと、オリビアに誰か聞いてる。
「この方は、ナルカミ シン様です。ケイン君とも、一緒のクラスですよ。」
 シルフィは、俺のことを簡単に紹介する。
 ここからは、俺が言った方がいいな。
「俺は、鳴神 真だ。シンって呼んでくれ。」
「分かった、俺は、ケイン・シュベルトだ。シュベルト公爵家の長男だ。ああ、でも、ケインで構わない。これから、よろしく頼む、シン!」
「ああ、こちらこそ、よろしく頼むぜ、ケイン!」
 俺たちは、そう言い合って、握手をした。
 それから、続々とクラスのみんなが集まった。
「おーい!お前らァ、よく聞けぇ、今から入学式が始まるから、制服とかの身だしなみは、しっかりとしろよ!」
 先生から、そう声が掛かる。
 俺は、大丈夫かな?
「んふ、シン様、ネクタイがズレてますよ。」
 そう言って、シルフィは、俺に近づき、ネクタイを、整えてくれた。
「はい、出来ました。」
「ああ、ありがとな。」
 シルフィは、顔を上げると、顔を真っ赤にして、おどおどしていた。
「よし!入学式が始まるぞ!Fクラスから入ってくれ!」
 そう言って、Fクラスの人たちが、体育館に入って行った。
 それから、他のクラスも、順々に入り、最後に俺たち、Sクラスが、体育館に入った。
 それから、ガインさんの挨拶が5分程度あった。
 前世と比べると、ガインさんは、めちゃくちゃ早く話し終わってくれた。助かるぜ!
「では、次に学年首席からの挨拶!Sクラスの、ナルカミ シン君ステージへ上がってください!」
 ・・・・・・え?
 は?はぁ!?どゆこと!?
 俺は、そう思いながら、ガインさんの方を見ると、ニヤッとして、俺に近づき、こう言った。
「シン、お前は、知らなかっただろうが、ここは、学年首席が挨拶をすることになっている。そして、今回は、お前だからな、早くしろ。」
「ちょっ、待ってくださいよ。俺、なんにも考えてないですよ!何を話したらいいんですか!?」
「まぁ、この学園での抱負とか、挑戦したいことを話せ!さぁ、行くぞ!」
 そう言って、ガインさんは、俺の背中を押し、ステージに上がらせた。
 くそ!上がってしまっては、仕方ない!これも、インタビューの一環と思ってやれば、うん!いけるぞ!
「初めまして、この学年の首席となりました、鳴神 真と申します。私は、高等部からの入学となりますので、ほとんどの人たちが、私を見るのは、初めてだと思います。私は、まだ、この学園のことをよく分からないので、困ったときは、どうか手を差し伸べてくださいね。それと、教職員の皆様、生徒の保護者の皆様、これから、3年間、ご迷惑を多々かけるかも知れませんが、よろしくお願いします。これで、私の話は、終わります。」
 俺は、挨拶を終え、一礼してから、ステージを降りた。
 はぁ、めっちゃ緊張した~。
 それから、いろいろあって、入学式が終わった。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー241528

    0
  • ノベルバユーザー205746

    口説かれて婚約とは、無理がある

    0
コメントを書く