世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

確認

 受験を終えて、約1週間が経った。
 三日後に、入学式がある。
 俺は今、制服の採寸をしている。
 だが、採寸と言っても、ただ送られてきた制服を着て、魔力を込めたら、自分のサイズに合うようになっている。さすが、魔法のある世界!めっちゃ、便利!
「うん!いいな、この制服!結構デザインもいいし!」
 俺は、前世では、高校には、通っていなかったから、学ラン以外の制服を知らない。だから、俺は、この制服が結構気に入った。
 コンコンコン
「シン様、着替え終わりましたか?」
 シルフィから、声が掛かった。
「ああ、着替え終わったぞ。」
「入ってもよろしいですか?」
「ああ、いいぞ。」
 俺が、そう返事すると、シルフィが、「失礼します」と言い、部屋に入ってきた。
「どうだ?シルフィ?似合ってるか?」
「はい!とても似合っております!かっこいいです!」
 俺は、自分で聞いたのだが、そんなことを、真剣な顔でいわれたら、少し恥ずかしくなる。
「あ、ああ、ありがとな。」
 俺は、はにかみながら、そう言った。
「んふ、シン様との登校がとても楽しみです!早く、始まらないかな~。」
 シルフィは、そう言って、入学式がの日を楽しみに待っていた。
「ああ、そうだな!みんなで、登校できるのも、楽しそうだしな!」
「……そ、そうですね。」
 え?なに?なんで、シルフィ、頬を少し、膨らませてるの?なぁ、イリス、分かるか?
(はぁ、これだから、マスターは、女心を分かっていませんね。)
 ど、どゆこと?全く分からん!
「あ!そうでした!シン様、お父様が呼んでいましたよ。」
「ん?グレイさんが?」
 グレイさんが呼んでる?なんだろう?
「分かった、シルフィ、ありがとな。」
「いえ、あ、私、外で待機してますね。」
「ああ、助かる。」
 シルフィは、俺が着替えることを察して部屋から出て行った。
 シルフィは、すごい気の回る娘だから、とても助かっている。
 それから、俺は、着替え終わり、シルフィとともに、グレイさんの下へ向った。
「話ってなんだろう?」
「さ、さぁ?」
 ん?なんか今、シルフィ、とぼけなかった?気のせいか?
 そう考えているうちに、グレイさんの部屋についた。
 コンコンコン
「シンです、グレイさんに呼ばれたので来ました。」
「シン君か、入ってくれ。」
 俺は、そう言われて、部屋に入ると、そこには、グレイさんと、ソフィアさんがいた。
「あの、話しとはなんですか?」
「ああ、君とシルフィに関わる話でね。」
 な、なんだろう?俺、何かしたかな?
 ん~、思い当たる節が見つからない。
「シン君、シルフィとは、もう、したのかね?」
「した、と言うと?」
「もちろん、性行為だよ。」
「えっと、その、………はい。」
 俺は、どう言おうか考えてしまって、挙句の果てに、本当のことを言ってしまった。
「そうか。まぁ、もう、した、というのを、シルフィから聞いたのだがね。」
「き、聞いたんですか!?」
 俺は、シルフィの方を見ると、シルフィは、明後日の方向を向いていた。
「この前、少し、シルフィの様子がおかしかったのでな。まぁ、別にその事について、追求は、しない。逆に早く孫の顔が見たいから、もっとしてくれ。」
 もっとしてくれ、って。俺は、苦笑いをしながら、「はい」と、返事した。
「だがね、シン君、君に伝えておかなきゃいけないこどがあってね。」
「伝えておかなきゃいけないこと、ですか?」
「ああ、シン君、君は、シルフィと、もう性行為をした。間違いないかね?」
「はい、間違えありません。」
「君は、シルフィと、性行為をするって意味を理解して行ったのかね?」
「もちろん理解しています。シルフィは、王族。それは、この国の象徴とも言える。だが、シルフィと、性行為をするということには、重大な責任が覆いかぶさる。っと言うことでいいですか?」
「ああ、その通りだ!シルフィと、性行為をしたら、もう二度と、別れることが出来ない。」
「大丈夫ですよ。そんな心配は、不要です。だって、こんな可愛くて、礼儀正しい女の子を手放す理由もありませんからね!」
「っ!シン様…私もです!絶対に離れません!」
「そうか。……ふ、ふふふ」
「あなた、笑みが堪えきれていませんよ。」
「だって、仕方ないじゃないか!シン君が、私の義理の息子になるんだろう。こんなに喜ばしいことは、無い!」
 グレイさんは、そう言って、胸を張った。
「それもそうですね。私も、シン君が、義理の息子になると思うと、とても、嬉しく思います。」
 ソフィアさんまで、そう言った。
「あ!そうだった。シン君、はい、コレ。」
 グレイさんは、そう言って、カードを渡してきた。
「ん?なんですか、コレ?」
「それは、学園の生徒という、証拠になるカードだ。」
 ああ、学生証みたいなものか。
「それがないと、学園には、入れないから、無くすなよ。」
「分かりました、ありがとうございます。これで、要件は、済みましたか?」
「ああ、そうだな。」
「それでは、失礼しま………」
「あ!ちょっと待ってくれ!」
 俺が部屋を出ていこうとする瞬間、グレイさんから、声が掛かった。
「シン君、シルフィ、……頑張れよ。」
「っ!」
 最後に何を言うかと思ったら、まさかの、爆弾発言をしてきた。
 俺は、苦笑いをしていて、シルフィは、顔を真っ赤にして、俯いている。
「そ、それじゃ!」
 俺は、恥ずかしさのあまり、部屋を思い切って出て行った。
「な、何を言っているんだろうな!グレイさんは。」
「そ、そうですね。」
 シルフィは、まだ、顔を赤くしながら、そう言った。
「シン様、あの、えっと、その……」
 シルフィは、何かを言いかけた途中で、また、顔を真っ赤にして、俯いた。
「ん?どうした?」
「あぅ、……シン様!」
 シルフィは、何かを決心したように、顔を上げ、俺に言ってきた。
「よろしかったら、今日の夜も、その、あの、お相手をしていただけないでしょうか!」
 シルフィは、そんなことを言ってきた。
 えっと、こういう意味でいいのかな?
 夜のお相手=性行為をする
 こんな意味で間違えないな。シルフィの反応を見るに。
「お、おう!もちろん、いいぜ!」
「ありがとうございます!久しぶりですね!」
 久しぶりと言っても、あの性行為をしてから、まだ、1週間しか経っていないのだが。
「そ、それじゃ、今日も、風呂上がったあとにシルフィの部屋でいいか?」
「は、はい、そうですね。」
 今日も、念入りに洗おう!
 俺たちは、そう言って、部屋へと戻った。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 火野目 燐助

    おれもこれ読んでたら我慢出来なくなって彼女とヤりました

    0
コメントを書く