世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

受験!

「俺は、この学園の学園長の、ガイル・バーベルだ!今日は、俺がお前の試験監督をする!よろしく頼む!」
 俺は、今、魔法学園で、今日行われる受験の、試験監督と、挨拶をしていた。
「私は、鳴神 真です!ガイルさん、今日は、よろしくお願いします!」
「シン!俺に敬語は、不要だ!名前も呼び捨てでいい!」
「分かった。なら、改めて、ガイル、今日は、よろしく!」
「ああ、よろしく頼むぞ!」
 挨拶は、済んだのだが、俺は、少し、気になっていることがあった。
「なぁ、ガイル?試験監督って、学園長自らやるのか?」
「ん?いや、普通は、教職員がする。だが、……王族からの紹介だぞ。下手なやつに任せられるか。(((ボソ」
 ガイルは、俺の肩を持ち、引き寄せて、後ろにいる、グレイさんたちに聞こえないように話していた。
 今日は、グレイさん、シルフィ、サリィ、オリビア、クルル、レイジス、が応援に来ていた。
「た、確かにそうですね。(((ボソ」
 俺も、みんなに配慮して、そう言った。
「よし!それじゃ、さっそく受験に入ろう!まずは、筆記試験だ!10分後にここの教室でやる!」
「分かった。」
 ガイルは、俺の返事を聞き、グレイさんたちを、教室から出した。
 そして、10分後
「それでは、筆記試験、開始!!」
 俺は、ガイルさんの合図で、問題を解き始めた。
 筆記試験は、60分で終わるそうだ。それまでに、問題を解かなきゃな。
 それから、俺は、問題を解いていった。
 イリスの言う通り、問題は、すべて計算問題で、1番難しくなっているのは、3桁の掛け算だった。
 まぁ、確かに考えれば、そうだよな。この世界で、あんな高度な計算なんか、必要ないもんな。
 はは、楽々解けるぜ!
 俺は、試験開始から、10分くらいで、すべての問題を解き終わり、残りの時間は、すごい暇だった。
「そこまで!今から、解答用紙を回収する。それから、20分の休憩を取り、魔法の実技試験を始める!」
「分かった。」
 ガイルさんは、俺の解答用紙を改修したあと、教室を出て行った。
 そして、間もなく、グレイさんたちが入ってきた。
「シン君、どうだったかね?」
「はい、一応できました。」
「そうか、それなら、よかった。」
 それから、20分後、休憩が終わり、ガイルさんが、教室へと戻ってきた。
「よし!それじゃ、今から、魔法の実技試験を開始するから、場所を変えるぞ!グレイ殿下たちは、その、試験を見てもらう席を用意したので、そちらへ。」
「ああ、そうか、助かるぞ、ガイル。」
「恐れ入ります。」
 それから、俺は、ガイルに案内されて、外の広場へと出た。
「今から、魔法の実技試験を始める!シンは、自分の出せる、精一杯の魔法をあの的へ当てろ!」
 的は、俺から、20メートルくらい離れている場所に置いてある。
(なぁ、イリス、ガイルからは、精一杯やれ!って言われたけど、大丈夫かな?)
(大丈夫なわけないじゃないですか!マスターは、この国を滅ぼすおつもりですか!?バカですか!?マスター、初級魔法くらいで十分です!)
(わ、分かったが、そこまで言わんでも……。)
 イリスから、バカと言われ、少し凹んでいると、ガイルから、声が掛かった。
「どうした?シン、お前、魔法使えないのか?」
「い、いや、使える、問題ない。それじゃ、始めるぞ!」
 そう言って、俺は、魔法を出した。
 初級火魔法【ファイアーボール】
 俺が、そう思うと、小さな火の玉が、的へと向かっていった。
 そして、見事命中し、ドカーン、という、爆発をさせて、的があった床とかは、見事に丸焦げだった。
「……な、なんだ?…今の魔法は?俺には、ただの初級魔法の、【ファイアーボール】に見えたが、あの威力は、異常だ!」
 ガイルは、俺の魔法を異常だと言ってくる。これくらい、クルルや、レイジスでも、上級魔法で、あれくらい、出せるぞ!
(マスター、クルルや、レイジスは、どちらも、最上位精霊と、悪魔ですよ。比較対象があまりにも、デカすぎます。それも、上級魔法なんて、あんまりですね。)
 うぅ、このごろ、イリスって俺になんか冷たいんだよな。
「なぁ、ガイル、これで、試験は、終了か?」
「あ、ああ、そうだ!シン!お前は、合格だ!お前のクラスは、まず間違えなく、Sクラスだ!」
「そうなのか。ガイル、今日1日、ありがとうございました!」
 俺は、ガイルに、今日のお礼を言った。さすがに、俺は、敬語を使ったが。
「ああ、それと、これが、お前の合格通知だ!入学式に、これを必ず持ってきて、提出するように!」
「分かった。」
 俺は、ガイルから渡された、合格通知を《亜空間倉庫》にいれた。
「な!?シン!?お前、無属性魔法の《亜空間倉庫》を使えるのか!?シン!お前のステータス、見せてみろ!」
 俺は、そう言われて、偽装したステータスを、ガイルに見せた。
「Lv10!?シン、お前、その歳で……本当に異常だな。」
 確かに、平均よりは、少し高いが、こんなに驚かれるものなのか。これで、もし、本物のステータスを見せたら、失神でもするんじゃないか?
 そうこうしているうちに、グレイさんたちが、見学できる場所からこっちに来た。
「シン様!どうでしたか!?」
 シルフィが、真剣な眼差しで、こっちを見てきた。
「ああ、合格したぞ。」
「さすがです!シン様と、これからは、一緒に学園に行けますね!」
「ああ、そうだな、楽しみだ!」
「私もです!」
「シンお兄ちゃん、合格おめでとうです!」
「シン君、おめでとうございます。」
「ご主人様、おめでとうございます!」
「主、さすがです!」
「ああ、みんな、ありがとな。」
 俺は、みんなから祝福のメッセージを受けてから、ガイルに言った。
「ガイル、これからよろしく頼む!」
「へへ、面倒かけんじゃねぇぞ!」
 俺とガイルは、お互い笑いながら、そう言った。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 火野目 燐助

    イリス可愛い。そろそろヒロインにしろ!

    0
コメントを書く