世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

決断に苦しみました

 俺は、オリビアの家で一泊することになり、今は、食事を作ってもらっている。
 その間は、暇なのでオリビアや、カルロスさんといろいろな話をしていた。
「そういえば、オリビア、お母さんは、いないのか?」
「お母さんなら、今日は、公務で出かけているの。本当は、お母さんにもシン君のことを紹介したかったのにな。」
「まぁ、次にまた会った時に、紹介すればいいだろう。」
「そうだね。」
 俺たちが、そんな話をしていると、リンさんが来た。
「皆様、食事の準備が出来ました。」
「おお、そうか、今から行くよ。」
「行きましょ、シン君!リンたちが作ったご飯は、とても美味しいのよ!」
「そうなのか、楽しみだな!」
 俺は、オリビアに案内されて、食堂へと来た。そして、テーブルの上には、たくさんの食事が用意されていた。
「すごい、美味しそうだな!」
「うふふ、さぁ、早く食べましょ!」
 俺たちは、席について、「いただきます。」と言って、食事を始めた。
「うん!これ、めっちゃ美味い!」
 この食事は、どれも美味しい!いつも、食べている食事と変わらないくらい美味しいのだ!
「ははは、いい食べっぷりだな!ほら!もっと食え!」
 そう言って、カルロスさんは、もっと食事を出てきた。
 でも、まだ全然いけるので、大歓迎だ!
 それから、数十分経ち、食事を終えると、カルロスさんが大事な話があるというので、今は、カルロスさんの部屋にいる。
「それで、大事な話ってのは、なんですか?」
「ああ、そうだな、前置きは、めんどくさいし、率直に言うぞ。」
 そう言って、カルロスさんは、真面目な顔をした。
「シン!オリビアの婿になっては、くれないか?」
「む、婿ですか!?」
 なんと、カルロスさんは、オリビアの婿になってほしいと言ってきた。
「ど、どうしてですか?オリビア見たいな綺麗な子なら、他にもっといいところがあるのではないですか?」
「確かに、あいつは、とても綺麗だ。だが、そこが問題なのだ!」
 そう言ってカルロスさんは、前のめりになった。
「おっと、すまん。あいつは、とても綺麗だ。だ。そのせいで昔、誘拐されたことがあるのだ。」
「誘拐ですか…。」
「ああ、そのせいで、あいつは、周りの人間が怖く見えているようだ。だから、それを治そうと、今日も一人で喫茶店に行ったのだが、まさか、その喫茶店で強盗があるとはな。」
 そう言って、カルロスさんは、すごい悲しい顔をしている。
「だから、頼む!オリビアは、お前には、心を許しているらしく、今日は、とても楽しそうだった。あんな顔、もう何年も見ていなかったな。」
 う~ん、どうしよう?もし、ここで断ったら、オリビアは、どうなるのかな?このまま、ずっと一人なのか?さすがにそれは、可哀想すぎる。
 でも、シルフィたちになんの相談もなしでOKなんかしたら、確実に俺の命は、ない。
 しかたない、正直に話して断ろう!
「カルロスさん、俺には、もう、二人の婚約者がいるのです。ですので、残念ながらその話、受け入れることは、出来ません。」
「そうか、ゴメンな、変な話を聞かして。」
 カルロスさんは、すごい落ち込んでしまった。
 あ~!くそ!俺には、どうすることも出来ないのか!?
 オリビアは、伯爵家の一人娘だ。必ず、誰かと結婚をしなくては、いけないだろう。最悪の場合、隣の国で政略結婚なんかされるかもしれない。隣の国は、この国みたいな、政略結婚禁止の法は、ないからな。
 だが、そうなると、絶対にオリビアは、幸せになれないだろう。もしかすると、ドルファスのような、クズ野郎の慰め者になるかもしれない。
 嫌だ!そんなのは、絶対に嫌だ!
 俺は今日、オリビアと過ごしてすごい楽しかった。あいつの笑顔が、すごい印象に残っている。
 こう考えてしまうってことは、俺は、オリビアを好きになってしまったんだな。
 うん!決めた!やっぱり、オリビアを貰おう!シルフィたちには、ちゃんと話せば分かってもらえるだろう!
「カルロスさん!やっぱり、その話、お受けします!俺に、オリビアをください!」
 俺は、そう言って、頭を下げた。
「本当か!?本当にいいのだな!?もう、あとには、引けないぞ!」
「分かっております!覚悟の上です!」
「分かった!すぐにオリビアに伝えてくる!」
 そう言って、カルロスさんは、部屋を出ていき、戻ってくるとオリビアも一緒だった。
「シン君、お父様、どうしたのですか?大事な話があるって?」
 オリビアは、何も聞かされずにここに来たらしい。
「シン、最後に確認する、OKってことでいいよな?」
「はい!もちろんです!」
「??」
 オリビアは、話の流れが分かっていないらしく、頭の上に?のマークを浮かべていた。
「オリビア、俺の嫁になってくれ!」
 俺は、単刀直入に、そう告げた。
「へ?」
 オリビアは、まだ、何を言われたのか理解していなかった。だが、理解してくると、オリビアの目には、涙が溜まっていた。
「ほ、本当ですか?私、シン君のお嫁さんになれるのですか?」
「ああ、でも、俺には、もう、二人の婚約者がいるから、それを承知の上でOKをしてくれるのならな。」
「もちろん、OKです!私を、シン君のお嫁さんにしてください!!」
 そう言って、オリビアは、俺の胸に抱きついてきた。俺は、優しく、抱きしめてやった。
「良かったな、オリビア。」
「はい!」
「オリビア、この話は、カルロスさんから持ちかけてくれたんだ。」
「そうなのですか!?お父様、ありがとうございます!!」
 カルロスさんは、娘の感謝に、照れていた。
 それから、少し落ち着いて、カルロスさんが俺に話を振った。
「そういえば、シン、お前の婚約者って誰なんだ?」
「一人は、獣人族の子供です。」
「獣人族の子供?獣人族を婚約者にするなんて、シンは、すごいな!」
「そうですか?でも、とても可愛いのですよ。」
「そうなのか、1度会いたいな。それで、もう一人の婚約者とやらは?」
「もう一人は、王族の第3王女、シルフィです。」
「・・・ん、第3王女、シルフィって、あのシルフィ様か!?」
「はいそうですよ。」
「たしか、この前、誕生日パーティで、婚約者を発表したと聞いたが、まさか、それがシンだったなんてな。」
 カルロスさんは、すごい苦笑いをしていた。
「わ、私、王族の婚約者の人と結婚するのですか。」
 オリビアに関しては、もう、目を回していた。
「やっぱり、嫌だったか?」
「い、いえ!そんなことありません!お姫様相手だと少し緊張しますが、大丈夫です!」
「そうか、ありがとう!俺も、なるべく頑張るからな。」
「ん?何を頑張るのですか?」
「シルフィの説得を。」
「お姫様の説得?」
「ああ、シルフィって結構、嫉妬深くてよ、今さっき言った、獣人族の子供の件でも、結構大変だったよ。」
「そうなのですか、私、大丈夫なんですかね?」
 オリビアは、シルフィに受け入れてもらえるか、とても心配のようだ。
「大丈夫だ!俺が何とかしてみせる!!」
 俺がそう言うと、オリビアは、顔をパァーっと明るくさせた。
「はい!信じています!」
 そして、また、俺に抱きついてきた。
「よし!そろそろ、時間も遅いし、寝るか!」
 そう言って、カルロスさんは、俺に鍵を一つ渡してくれた。
「これ、なんですか?」
「それは、お前の部屋の鍵だ。鍵をかけた方が危険も減るだろ?」
「そうですね、ありがとうございます。」
 カルロスさんって本当にいい人だな。
「その鍵をメイドか、執事に見せれば、案内してくれる。」
「分かりました。それでは、お邪魔します。」
「ああ、よく寝れよ。」
 そう言って、俺とオリビアは、部屋を出ていった。
「それでは、シン君、また、明日。おやすみなさい。」
「ああ、おやすみ。」
 そう言って、俺とオリビアも別れた。
 そして、俺は、そこにいたメイドさんに鍵を見せると、部屋まで案内してくれた。
 部屋に入ると、とても綺麗な部屋だった。
 よし!もう寝ようか。
 明日は、戻る前に、本を読んでスキルを使ってみたいし。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • スライム味しいたけ

    主人公やっぱりクズじゃないか…!

    0
  • ノベルバユーザー252836

    アホかʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬと思った。雷で死んで頭弱くなったのかプレイボーイになってしまっまのか……

    0
  • さすらいの名無しA

    俺と同じ事を思ってる人がいましたね。

    2
  • 火野目 燐助

    この浮気者!w

    0
  • レッディー

    まさにテンプレ

    2
コメントを書く