世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

初依頼

 俺たちに丁度いい依頼があった。
 それには、こう書かれている。

 ビックウルフ討伐依頼

 ランクEランク

 討伐数 10体

 西の森に住み着いているビックウルフを討伐してください。

 報酬 銀貨2枚 銅貨30枚

 と、書かれている。
 ビックウルフくらいなら、シルフィにも、危険は、出ないだろう。
「みんな、こんなのがいいんじゃないか?」
 そう言ったら、みんなが一斉に依頼の書かれてある紙を見た。
「これなら、私でも大丈夫そうですね。」
「そうだろ。」
「はい!」
 シルフィは、納得してくれた。
「う~ん、ちょっと物足りないかもです。」
 サリィは、少し不満のようだ。
 確かに、今までの倒した魔物に比べたら、だいぶ弱い。
「確かにそうだけど、シルフィは、まだ魔物狩りに慣れていないからな。今日は、これで許してくれ。」
「分かったです!」
 ホッ、サリィからもOKが出た。
「クルルとレイジスは、どうだ?」
「私は、問題ありませんよ。」
「我もです、皆様に万が一の危険もないようにします!」
 2人もOKのようだ。
「よし!なら、これにするか。」
 俺は、そう言って、フーミャさんのいるカウンターへと持っていった。
「フーミャさん、この依頼を受けます。」
「はい、えーっと、ビックウルフの討伐依頼ですね。たぶんシン様たちなら、危険は、ないと思いますが、油断しないように注意してくださいね。」
「はい!もちろん大丈夫です!」
「それでは、頑張ってくださいね。」
 そう言って、フーミャさんは、笑顔で、送ってくれた。その笑顔、最高です!!
「シン様、鼻の下が伸びてますよ。」
「はっ!」
 俺が、フーミャさんの笑顔に見とれていると、隣からシルフィの冷たい声が聞こえた。
「シン様、帰ってたらお話しがあります。いいですね?」
「・・・はい。」
 俺は、何も言えず、ただ返事をするだけしかできなかった。
 シルフィ、もうだいぶ、ソフィアさんに似てきたな。
「よ、よし!それじゃ、防具を揃えて西の森に行こうか。」
 俺は、話を逸らすようにそう言った。
「・・・そうですね。早く依頼を終わらせて、帰りましょう。」
 う~、シルフィ、やっぱり許してくれないな。これは、だいぶ覚悟を、しなくちゃいけないな。
 俺らは、防具を揃えて、西の森へ向かった。
 西の森へ向かう最中、俺らは、自分の役割を決めていた。
 前までは、俺とサリィだけだったから、役割なんか作らなかったけど、今は、人数がいるので役割を作ろうと思った。
 それで、みんなと話し合った結果、俺とレイジスが前で、どんどん魔物を倒していく。そして、サリィが俺たちの逃した魔物を倒す。最後に、シルフィとクルルの魔法での援護で完成だ。
「みんな、こういう風な役割分担になったけど、これでいいか?」
「「「「はい!」」」」
 みんなの了承を受けたところで、西の森についた。
 さぁ、どこにいるかな?
《敵感知》発動!!
 お!いたいた。ここから、東の方に、200メートルくらいにいるな。
「みんな、ここから東に200メートル先にいるから気を引き締めてくれ。数は30だ。討伐数より多いけど、みんななら大丈夫だろう。」
「分かったです!」
「「「・・・」」」
 ん?どうしたんだ?みんな?
 サリィだけは、返事をしてくれたがみんなは、なんか口を開けて唖然としている。
「みんなどうしたんだ?」
「・・・い、いえ、シン様が改めて凄いんだなと思いまして。」
 シルフィの意見に、後ろのクルルとレイジスも、頷いている。
「そうか?」
「確かに、サリィも最初そんなことをした時は、驚きましたけど、もう慣れたです!」
 確かに、サリィも最初は、驚いていたな。
「ま、まぁまぁ、そんなことは、どうでもいいじゃん!それよりも、早く依頼を終わらせようぜ!」
「そ、そうですね。早く帰らないといけませんからね。」
 シルフィは、さっきのことをまだ覚えていて、また、冷たい声を発していた。
「そ、それじゃあ、行こうか!」
 また俺は、話を逸らした。
 それから、すぐにビックウルフと遭遇した。
 ヒックウルフは、名前の通り、普通の狼より、2、3倍くらい多い。そして、爪や、牙も普通の狼より大きく、鋭い。1番気をつけないといけないな。
 まぁ、そんなことを考えていても、俺らには、敵にならない。
「よし!みんな、俺が言った担当の場所につけ!」
「「「「はい!」」」」
 みんな、返事をするとすぐに自分の担当のところについた。
 それから、俺とレイジスは、どんどんビックウルフを倒していった。
 そして、俺たちの逃したビックウルフをサリィと、シルフィ、クルルが、倒した。
 ビックウルフは、あらかた俺とレイジスで倒して、残りの残党は、他のみんなが倒してくれた。
 30匹いたビックウルフは、10分くらいで殲滅した。
「よし!これで依頼完了だな!」
「そうですね。あ、それよりもこの戦果ってどうやって教えればいいのでしょうか?」
「あ!そう言えばそれ、聞いてなかったな。まぁ、いいや。俺の《亜空間倉庫》に全部の死体を入れておこう。」
 そう言って、30匹のビックウルフを《亜空間倉庫》に入れた。
「ふぅ、終わったな。みんな、俺の《ワープ》で今日は、帰ろうか!」
 そう言って、俺たちは、輪になって手を繋ぎ、王都へ帰った。
「フーミャさん、依頼は、終わりましたが、その戦果ってどうやって報告すればいいんですか?」
「それなら、ギルドカードを見せてもらえればわかるので大丈夫ですよ。」
 へぇ、そうなのか。なら、今持っているビックウルフは、売るか。
「そうなんですね、わかりました。はい、ギルドカードです。あ、それと、今日狩ったビックウルフを売りたいんですが。」
「はい、確かに確認しました。お疲れ様でした。ビックウルフは、あちらのカウンターで、出して貰って下されば買い取らせていただきます。それと、こちらが、今回の報酬です。」
 俺は、報酬の入った袋をもらって、ビックウルフを売った。
 報酬と、ビックウルフの売ったお金をみんなで、割勘して、今日の予定は、これで終了だ。
「ふぅ、これで今日の予定も終わったな。さっ、帰ろうか。」
「うふふ、シン様、お屋敷に帰ったらお話がありますからね。」
 そ、そうだった!まだ、そんな予定があった!
「は、はい。」
 俺は、力なく答えた。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 空白

    シン、ドンマイ です( ̄ー ̄)

    0
  • ノベルバユーザー265552

    「シン様、帰ってたらお話しがあります。いいですね?」 誤字報告です。

    0
  • 夕音 朝月

    途中、ビックウルフがヒックウルフになってましたよ

    1
  • ラノベ大好きサムライ

    とても面白い。他の作品に比べれば誤字が多いが内容はどの作品よりも良いものとなっている。

    3
  • はくろうのファン

    これからもこの小説頑張って下さい。
    毎日投稿忙しいと思いますが私も精一杯応援させていただきます!

    3
コメントをもっと見る / 書く