世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

パーティ

シルフィside
 今日は、私の誕生日。
 今日で、私も成人になる。
 成人になるのは、嬉しい。けど、私には、それよりももっと嬉しいことがある。
 今日で、ようやくシン様との婚約が正式なものになる。私は、そう考えるだけで、胸が踊る。
「~~ 」
「シルフィ様、今日は、いつもより嬉しそうですね。誕生日だからですか?」
「んふ、確かにそうなんだけどね!今日で、ようやくシン様との婚約が正式なものになるんだから、嬉しくないわけないでしょう!」
「ふふ、そうでしたね。おめでとうございます。」
「ありがとう!ファルファラさんもいつもありがとね。」
 コンコンコン
 私とファルファラさんがお話をしていると、ドアがノックされた。
「シルフィ様、今よろしいでしょうか?お客様が来ています。」
「はい、大丈夫です。」
 お客様?だれだろう?
「失礼します、さぁ、どうぞ。」
「うぬ。やぁ、シルフィちゃん、久しぶりだね。」
 入ってきたのは、背が低く、すごく丸い人だ。悪くいうなら、デブだ。
「お久しぶりでございます。ドルファス様。」
 この人は、ドルファス・グイナーレ。隣国、グイナーレ王国の第一王子 。
「ぐふふ、いつ見ても可愛いな。」
「あ、ありがとうございます。」
 ん~、この人、いつも私をいやらしい目で見てくる。気持ち悪い。
「それで、成人になったのだから、そろそろ嫁がないといけないんじゃないのかね?」
「はい、そうですけど、ドルファス様には、関係ありませんよ。」
「ん?そうでもなかろう。王族の婚約者は、王族か、公爵家くらいの家格がなくてはないだろ。」
 まさか、この人、私の婚約者になる気なのだろうか?無理!絶対に無理!!
「ぐふふ、そこでどうかね?僕と婚約をしないか?」
「お断りさせていただきます!!」
 私は、即断した。
 だって、私には、シン様がいるんだもの。こんな、人となんて無理!
「な!?僕は、王族で第一王子なのだぞ!シルフィちゃんにしては、嬉しいことだろう?」
「いえ、私には、もう婚約者がいますので。」
「はぁ!?なんだと!?そんな話、1度も聞かなかったぞ!!」
「今日、発表しますので。」
「そ、そやつは、どこの王族か公爵家なんだ?」
「平民ですよ。ごく一般の平民です!」
「な!?平民だと!?家格の差がありすぎるだろう!?」
「私たちの国では、家格などは、あんまり関係していないのです。本当にその人が好きならば、その人と結婚しなさい、それが、私たち、エルフィード王国の決まりなのです。」
「ぐぬぬ~」
「あ、そろそろパーティが始まりますね。私は、これから準備がありますので、今は、引いてもらえませんか?」
「あ、ああ、分かった。」
 そう言って、ドルファスは、私の部屋から出ていった。
「シルフィ様、かっこよかったですよ。」
「んふふ、そう、ありがとうね。」
 それから、私は、パーティ用のドレスに身を包んだ。
「シルフィ様、とてもお似合いですよ。」
「ありがとう。」
 シン様は、今の私の姿を見たら、どう思うのかしら?可愛いって思ってくれるのかな?綺麗って言ってくれるかな?
 私の考えていることを読んだのかは、知らないけど、ファルファラさんが私に言ってきた。
「シン様も、そのドレス気に入ると思いますよ。」
「そ、そうかな?可愛いって言ってくれるかな?」
「絶対に言われますよ!シルフィ様、とても可愛いですから。」
 そう言ってファルファラさんは、私を元気づけてけれる。
 はぁ、早くシン様に会いたいな。今日は、まだ会っていないから、シン様に会いたいって気持ちがいつもより強い。
「シルフィ様、パーティの準備が出来たようです。」
「分かった。さぁ、行きましょ!」





 俺は今、タキシードと言われる服に着替えてパーティ会場にいる。
 こんな服は、前世でもあまり着なかったから、結構動きずらい。
「皆様、今日は、お忙しい中、来ていただきありがとうございます。私は、この屋敷のメイド長のファルファラと申します。今日は、私が司会進行を努めさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。」
 司会進行を務めるファルファラさんが挨拶をした。
「それでは、今回の主役、シルフィ・エルフィード様です。皆様、どうか暖かい拍手でお迎えください。」
 パチパチパチ
 拍手と同時に扉が開き、そこから出てきたのは、ドレスに身をまとったシルフィだった。
 シルフィは、すごく綺麗で、ずっと見ていられた。
「今日は、シルフィ様の誕生日と合わせて、重大な発表をさせていただきます。」
 ファルファラさんがそう言うと、周りがザワついた。
「シルフィ様は、半月前から婚約をされているのです!」
 おおー、っと周りから驚きの声が出た。
「そのお相手は、ナルカミ シン様です!」
 そう言って周りの人たちは、ナルカミ シンが誰か分からず、疑問を抱いていた。
「シン様、前へ来てください。」
 え!?俺、前行くの!?
 俺は、言われるがままに席を立ち、前へ出た。
「この方が、シルフィ様と婚約をなされた、ナルカミ シン様です!」
 ファルファラさんは、挨拶をしろと声をでかくする魔道具、いわゆるマイクを俺に近づけてきた。
「あ、どうも、鳴上 真です。」
「誰がそんな挨拶をしているのですか!?もっとしっかりとした挨拶をしてください!!」
 俺がその場の空気に流されて、適当な挨拶をしたら、ファルファラさんから怒られた。そして、シルフィは、俺の隣でクスクスと笑っている。
「すみませんでした、もう一度挨拶をさせていただきます。シルフィ様と婚約をさせていただきます鳴上真と申します。よろしくお願いします。」
 俺は、これでどうだという目で、ファルファラさんを見た。
 ファルファラさんは、まぁ、いいでしょう、くらいの顔だった。なぜ?
「あ、そろそろ戻ますね。」
「何を言っているのですか?シン様は、今日は、ずっとここですよ。」
「は?なんで?」
「なんでって、シン様は、シルフィ様の婚約者なんですから当然ですよ。」
「はぁ、分かりました。」
「それでは、皆様、シン様のご紹介も終了したので、パーティを楽しんでください。」
 俺は、ファルファラさんの言われるとおり、その場に残り、シルフィの隣の席に座った。
「シルフィ、誕生日おめでとう!そのドレス、すっごい綺麗で可愛いよ。」
「ほ、本当ですか!?えへへ、嬉しいです!!」
 シルフィのドレス姿を目の前で見ると、本当に可愛すぎる。
「シルフィ、ごめんな、1番最初に、おめでとうを言いたかったんだけど。」
「確かに少し寂しかったですけど、その代わり今日は、ずっと一緒にいてください!」
「ああ、今日は、ずっと一緒にいよう!」
 俺とシルフィは、そう言って目を閉じ、顔を近づけていった。
「おい、シンという者、少しいいか?」
 俺らがキスしようとした瞬間に、何やら、人に話しかけられた。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー221375

    保体もな!

    0
  • 地球型惑星テコンドー

    明日の英語頑張って下さい

    0
  • ☆近龍☆

    ある人、弓射ることを習ふに
    テストに出ますよ!!

    1
コメントを書く