世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

古の森ーPart3

 ・・・そこに広がった景色とは、
「こ、ここがシン様のおすすめの場所ですか?」
「何もないです!!」
「ど、どういうことだ!?前は、ここに綺麗な湖が広がっていたはずなんだか!?」
 そう、俺達がついた場所は、もはや何も無い荒野と言っていいだろう。
 だが、そこの真ん中には、クレーターらしきものがあった。たぶん、ここに俺が見たことのある湖があったんだろう。
「ここで、何があったんだ?」
 俺は、そう疑問に思った。
(イリスは、何か分かったりしないか?)
(はい、もちろん分かりますよ。)
(そうなのか!?教えてくれ!)
(分かりました。ここでは、ちょっと前までは、マスターが見た湖がありました。ですが、一週間ほど前にここに、二匹の竜が来ました。そして、その竜は、ここの湖の魚を独り占めしようとして、喧嘩をしてしまったのです。その時に一匹の竜が放ったブレスで、湖が蒸発してしまったのです。)
(そうだったのか、ありがとう、ところでその竜は、どうなったんだ?)
(湖が蒸発したことで、独り占めする魚がいなくなったので、二匹とも、帰ってしまいました。)
(その竜は、今どこにいるか分かるか?)
(はい、もちろん分かります。一匹は、今は、ここから東に100キロほど離れた洞窟で寝ています。もう一匹の竜は、ここから北に60キロ離れた草原で食料を探しています。)
(よし!それじゃ、今からそこに行こっかな。)
(行ってどうするのですか?)
(もう二度とこんなことがないように、ちょっとお仕置きをしてくる。)
(お仕置きですか。マスター、油断はしてはいけませんよ。)
(ああ、分かってる。)
「俺、ちょっと用事ができたから、みんなは、ここでゆっくりしていってくれ。」
「シン様!?こんなところで用事ですか?もしかして、危険なところに行かれるのですか?」
「大丈夫だよ、シルフィ。絶対に帰ってくるから。」
 俺は、そう言ってシルフィを軽く抱きしめた。
「ご主人様、私も行きます!」
「主、我も行きます!」
「2人は、ここでシルフィとサリィに、危害が加わらないように護っていてくれ。」
「「分かりました、全力で護りします!」」
「サリィも、あまり危険なことをしないようにな。」
「はいです!」
「よし!それじゃ行ってくるよ。すぐ帰ってくるからな。」
 そう言って俺は、《飛行》のスキルを使って竜の元へ行った。
 最初は、北の方に行くか。
「わー!シンお兄ちゃん、飛んだです!!」
「シン様って、飛ぶことも出来たんですね!」
「さすが、我が主、空を飛ぶなんで容易い事なんですね!」
「はぁ、ご主人様、行ってしまいました。」




 それから数分後、俺は、ものすごい速さで空を飛んで、竜がいる場所へとついた。
 竜も、俺に気づいたらしく、俺に向かって叫んできた。
「ギャーギャー、ギャーギャー、うるせぇな。」
 俺は、《言語理解》のスキルを使って竜が言っている言葉を、理解した。
「貴様は、誰だ!なんの用で、我の元へ来た!」
「俺は、鳴上 真だ!お前たちが湖を蒸発させたせいで、俺の嫁たちや、従者ががっかりしてしまったじゃないか!そのことも含めてお前に少しお仕置きをしに来た!!」
「ハーハッハッハ、我にお仕置きだぁ、笑わせるにもほどにしとけよ。」
「笑っていられるのもそのうちだぜ!行くぞ!!」
 そう言って俺は、竜と戦闘をした。
 数分後
「す、すみませんでしたぁぁぁ!!」
 竜は、俺に向かって体を低くして、頭を下げている。いわゆる土下座だ。
「これに懲りたら、二度と喧嘩なんかするんじゃないぞ!」
「はいぃぃぃ!二度とそのようなことはしません!すみませんでしたぁ!シン様ぁぁぁ!」
 少しやりすぎたかな?まぁ、これくらいしとけば、二度とあんなことはいないだろう。
「よし!今回は、これくらいで許してやる!だが、次したら…分かっているな?」
「はいぃぃぃ!!もちろんです!!」
「それじゃ、俺は、もう行くよ。」
 そう言って俺は、《飛行》のスキルでまた、飛んだ。
 それからまた数分後、次は、洞窟の中で眠っている竜に、話しかけた。
「おい!起きろ!」
「ん?なんだ、貴様?我の住処に勝手に入りおって。」
 それから、俺は、前にしたやり取りをした。
 また、戦闘が始まって数分後、竜は、土下座をしていた。
「シン様ぁぁぁ!これくらいで許してくださいぃぃぃ!我が悪かったですぅぅぅぅ!もう二度と喧嘩なんかしないので許してくださいぃぃぃ!」
「今回だけだからな。次は、無いぞ!」
「ありがとうございますぅぅぅぅ!!」
「じゃぁな。」
 俺は、そう言って、洞窟を出て、みんなの元へと戻った。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー252836

    お仕置き後ワロタʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ

    1
コメントを書く