世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

古の森

 俺は、婚約者を2人作って今、充実な毎日を過ごしている。たぶん、非リアが見ると即、「爆発しろ!」と言う言葉が出るだろう。それくらい充実している。
 そして、今は、食堂で朝食を食べ終えて、今は、ゆっくりとしている。すると、シルフィから話しかけられた。
「シン様、今日は、何か用事でもあるんですか?」
「ん?まだ、特には、決めてないけど、なんか用か?」
「えっと、ですね、今日も森に行きたいな、と思いまして、ダメですか?」
 なんだよ!その頼み方!可愛らしく首を傾けやがって!ちくしょう!可愛いな!
 こんな頼み方されたら、断ることなんか出来るかけがないだろう!
「あ、ああ、もちろんいいぞ!むしろ、こっちからお願いしたいくらいだ!」
「本当ですか!?嬉しいです!!」
 そう言うと、シルフィは、可愛らしい白い顔をパァァァっと明るくさせた。
 はぁ、いつ見ても可愛いぜ!
「シルフィお姉ちゃん!抜けがけは、ずるいです!サリィも行きたいです!」
 サリィも、聞いていたらしく、私も行きたいと駄々をこねている。
「シルフィ、サリィも誘っていいか?」
「仕方ないですね、いいですよ。・・・本当は二人っきりが良かったのに(ボソッ)」
「ん?何か言ったか?」
「いいえ、何でもないです!」
 シルフィが、最後の方に何か言っていたような気がしたが気のせいかな。
「ってことでいいぞ、サリィも一緒に行こうな。」
「わぁーい」
 サリィも、顔をパァァァっと明るくさせた。サリィの笑顔は、癒されるぜ。こちらも、ものすごく可愛い。
「それなら、ご主人様、私たちも行きます。」
「主、可能でしたら我らも同行出来ないでしょうか?」
「ん~、シルフィいいか?」
「はい、サリィちゃんもついてくるので、大丈夫ですよ。」
「サリィもいいか?」
「大丈夫です!」
「だとよ。今日は、ついてきてもいいって。」
「やったー!」
「ありがとうございます。主、シルフィ殿、サリィ殿。」
「じゃあ、今から1時間後にまた、食堂でいいか?」
「はい!」
「はいです!」
 そう言って、俺たちは、食堂を出ていった。



 40分後、俺たちは、みんな約束の時間よりも早く集合した。俺は、こういうちゃんと約束を守るという些細なことにも好感が持てる。俺は、約束を守らない人は、好きではない。
「よし!みんな揃ったことだし、行くか!」
 そう言って、俺たちは、輪になって手を繋ぎ、《ワープ》で、いつもの森・・・では、ないところに来た。
「わぁー!本当に一瞬で移動したです!すごいです!!」
「あれ?今日は、いつもと違う場所ですか? 」
「ああ、まぁな。ここは、俺がシルフィと会う前に修行していた場所なんだ。」
「そうなんですね。」
「1度、みんなを連れて来たかったんだ。ここは、ほかの森より、空気が綺麗だし、動物がいっぱい、いるからな。」
「へぇ、そうなんですね。」
「それに・・・」
「「「それに?」」」
「・・・ここの魔物強いから、Lvが上がりやすいんだ!」
「シ、シン様、ちょっと待ってください!シン様が魔物を強いって言うのは、おかしいです!ここってどこですか!?」
 そう言いながら、シルフィは、食い気味で質問してきた。
「たしか、古の森だったな。」
「「「古の森!?」」」
「ん!?どうしたんだ?みんな?そんな大声あげて。」
「主、古の森とは、伝説の森なのですよ。」
「伝説の森!?」
 なんだ!?伝説の森って!
「はい、古の森とは、本当に存在するか、しないかと言われ、そして、そこの魔物達は、全てが異常な強さだと、言われています。」
 なんだよ!存在するか、しないかって!本当なのか!?
(マスター、それは、本当のことですよ。普通の人では、この森に入ることすら出来ません。なぜなら、前、住んでいた者がここに結界をはり、そして、その結界が発動して、この空間を一気に通り抜けるような仕組みになっているのです。ですが、マスターの《ワープ》でしたら、マスター以外の人もここに来れることがわかりました。)
(へぇ、そうなのか。)
(それと、1部特別な人がいまして、その人たちならば、この森の結界は、うけません)
(ん?特別な人ってどんな人なんだ?)
(それは、スキルに《魔法封じ》がある人のことです。ですが、今、《魔法封じ》を所持しているのは、マスターだけです。)
(分かったありがとう!)
 俺は、そうお礼をイリスに言い、みんなとの話に戻った。
「シンお兄ちゃんは、ここでどんな魔物を倒してきたです?」
「そうだな、例えば、キングオークとか、上級竜とかだな。まぁ、まだ色々いたがな。」
「り、竜ですか!?それも、上級です!?シンお兄ちゃんってそんなに強かったです!?」
 ああ、そうか!サリィには、まだちゃんとしたステータスを見せていなかったな。
「サリィ、これが俺の本物のステータスだよ。」
「??本物??」
 そう疑問に思いながらサリィは、俺のステータスを見た。
「な、なんですか!!シ、シンお兄ちゃん、これって本物なんですか!?すごいです!!やっぱり、シンお兄ちゃんは、すごいです!!」
 そう言って、サリィは、ぴょんぴょん飛び跳ねる。すごい興奮しているな。
「で、今日は、ここで散歩をしたいんだ。みんないいか?魔物が出たら、俺が倒すから。」
「私は、シン様と散歩が出来るならどこでもいいです。」
「サリィ、OKです!」
「ご主人様、魔物が出たら、私も討伐のお手伝いをしますよ。」
「主、我も魔物が出たら、お手伝いさせてもらいます。」
「よし!みんなOKってことでいいな。それじゃ、行こうか。」
 そう言って、俺たちは、散歩を始めた。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アリア

    ヒロインたちに癒されます!
    これからも頑張って下さい。

    2
  • ディアドラ

    面白いです!
    冒険者ギルドなどは話にないのですか?

    3
  • ノベルバユーザー810

    面白ひです!
    この展開WAKWAKします!
    これからもガンバツテください。

    2
  • ノベルバユーザー114514

    面白いです!頑張って下さいね。

    2
コメントを書く