世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

2人の従者

 今、クルルと、レイジスと共に王都にある屋敷に向かっている。王都の中には《ワープ》で来たけど、屋敷に《ワープ》で来たら、流石に驚かせてしまうのでやめておいた。
 今は、ちょっと喫茶店で休憩している。
「なぁ、クルル、レイジス、お前らのステータスを見せてくれないか。」
「ええ、いいですよ、ご主人様。」
「もちろん構いません、主。」
 そう言って、2人は俺にステータスをせてくれた。
 クルル

 230歳

 Lv68

 精霊族

HP28000

MP31000

攻撃力29000

防御力27000

俊敏性32000

知力34000

【称号】
<最上位精霊> <超級魔法を使える者> <鳴上 真の従者>

【魔法】
水魔法 初級 中級 上級 超級
風魔法 初級 中級 上級 超級
光魔法 初級 中級 上級 超級

【スキル】
《魔法強化S》《身体強化S》《自己回復S》

 レイジス

 232歳

 Lv72
 
 悪魔族

HP32000

MP38000

攻撃力35000

防御力31000

俊敏性33000

知力72000

【称号】
<最上位悪魔> <超級魔法を使える者> <鳴上 真の従者>

【魔法】
火魔法 初級 中級 上級 超級
闇魔法 初級 中級 上級 超級
土魔法 初級 中級 上級 超級

【スキル】
《魔法強化S》《身体強化S》《自己回復S》《魔眼》

「へーお前らって結構強いんだな。」
「ありがたいお言葉です。」
  俺が言った言葉に、レイジスが感激をする一方、クルルは
「ご主人様が、それを言いますか。」
 っと、俺を、ジーッと見てくる。
「??」
 レイジスは、俺のステータスを見てないので、クルルが何を言っているのか分からないようだ。だから、俺がレイジスにステータスを見せてやると、
「な!!さすがです!!さすが、我が主!!」
 っと、とても誇らしいように俺を見てくる。
 そんな目で見られるとすごい照れてしまう。





 そうこうしながら俺たちは、エルフィード家に着いた。俺は、みんなに2人を紹介するために食堂に集まってもらった。
「みんな忙しいところ悪いが、紹介したい人たちがいるんだ。この2人だ。」
「精霊最上位クラスのクルルと申します。先程ご主人様に召喚していただいて、従者になりました。」
「悪魔最上位クラスのレイジスと申します。クルルと同様に主に先程召喚していただいて、従者になりました。」
「「皆様、これからよろしくお願いします!!」」
「・・・なぁ、シ、シン君、こ、この2人から、召喚という単語が出てきたのだか、まさか、召喚魔法が使えるのかい!?」
「ええ、ついさっき覚えました。」
「つ、ついさっき!?それで、最上位クラスの精霊と、悪魔を召喚したって、シン君、君は一体何者なんだい!?」
 な、なんかすごい驚かれている。
(それもそうですよ。)
(どういうことだ?)
(召喚魔法は、幻の魔法とされています。ただいま、この世界で召喚魔法を使える者は、マスターだけです。)
 マジかよ。そりゃ驚くわ。
(それに、召喚した者が最上位クラスの精霊と、悪魔は、この世界で1人しかいません。そうなるとあの反応も納得です。)
 やっぱり、この2人は凄いんだな。Lvは、俺を、普通に超えているし。
「まぁ、そう言うことでこの2人は、俺の従者になったからよろしくな。」
「分かりました。けど・・・」
 なんか、シルフィがすごい心配そうな顔をしている。
「どうかしたのか、シルフィ?」
 「クルルさんと言う方、すごい可愛いな~っと思いまして、もしかしたら、シン様を取られるんじゃないかなって思ってしまって。」
「そうです!私も思いましたです!」
「サリィちゃんは、まだ婚約してないじゃないですか!!」
「う!そうですけど・・・」
 2人して、俺を取られるかの心配で悩んでいたらしい。
「大丈夫だよ、クルルは、俺の従者なんだから、俺なんかに恋愛感情なんか持たないって、なぁ、クルル。」
「何を言っいるんですか!!ご主人様!!」
「え!?なに?クルル?どうしたの?」
「いえ!何もありませんが!!」
 そう言いながら、クルルは、俺をすごい睨んでくる。
「「ん~、怪しい~。」」
 そして2人は、俺を、ジト目で見てくる。
「ははは、シン君は、モテモテだな。羨ましい~。」
「何を言っているのですか?あ・な・た。」
「す、すいませんでしたー!!!」
 グレイさんは、ソフィアさんに思いっきり土下座をした。ゆくゆくは、シルフィもこうなるのかな。なんか、怖いな。
「そ、そうだ、2人を歓迎して、今日は、パーティにしようか。よし!そうしよう!」
 あ、グレイさん、逃げたな。
「そ、そんな、パーティとか別にいいですよ。私たちは、ご主人様の従者なんですから。」
「2人とも、今日は、お世話になっておくといいよ。みんなとの親睦も含めて。」
「主が、そういうのなら、我は、何も言いません。」
「分かりました。私も何も言いません。」
「よし!決まりだな。ファルファラ、大至急パーティの準備をしてくれ。」
「かしこまりました。」
 そう言って、ファルファラさんは、キッチンの方に行った。
 2人とも、みんなと、仲良くなれることを祈っているよ。頑張って!

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く