世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

受け入れ

 俺は今、シルフィとのデートを満喫していた。だが、やはり異世界なので、映画とか、遊園地などはない。だから、街で出来ることは市場なのでショッピングをしたり、公園でまったりと話をしているくらいだ。だから、俺はひとつ提案を出した。
「シルフィ、街の外に出てみないか?」
「え!?街の外ってすごく危険なんですよ!」
「俺の能力を見ても、危険だと思うか?」
「そうでした!シン様は、とてもお強いのですよね!だとしたら、反対はしません!」
「よし!それじゃ、街の外へ出ようぜ。」
「あ、でも、街の外に出るには、許可証が必要なはずです。」
「そうなのか?でも、大丈夫。俺には、《ワープ》って言うスキルがあるからな。1度行った場所ならどこへでも行けるんだ。」
「たしかにそのようなスキルがありましたね!やっぱり、シン様すごいです!」
「よし!じゃあ今度こそ行くぞ!」
「はい!」
《ワープ》
 《ワープ》したところは、俺とシルフィが初めてあった場所だ。
「本当に一瞬で移動できるんですね。・・・あ!ここは、私とシン様が初めて出会った場所ですね。懐かしいですね。」
「ああ、そうだな。ここで出会ったのがシルフィで本当に良かったよ。」
「私もですよ!ここで、助けてもらえたのがシン様で本当に良かったです!」
 そう言って、俺とシルフィは見つめ合いながら、顔を近づけて行く。そして、
「好きだよ、シルフィ。」
 と言って、生まれて初めてのキスをした。前世でも、全くしたことがなかったキスをした。
 そのキスは、ほんの一瞬で軽く「ちゅっ」とするものだったが、それでも俺は、シルフィを、すごく感じれた。唇の柔らかさとか、甘さとか、そして、シルフィから伝わってくる俺を、好きっと思っている感情が。
「えへへ、嬉しいです。シン様が、私を好きっと言ってくれて。シン様、大好きです!!」
 そう言ってシルフィは、俺の胸へ飛び込んできた。
「サリィちゃんとの1件があった以来、すごく不安でした。シン様が、サリィちゃんに取られちゃうって思ってしまって。でも、良かったです!シン様の口から好きって言ってもらって。」
「ああ、何度でも言ってやる。シルフィ、大好きだ!!」
 そして、俺とシルフィは、またキスをした。




 それから少し森の中を散歩していた。
 森の中には、少し魔物がいたけど、俺が難なく倒して、デートを続けた。魔物以外にも、ウサギやリスのような、小動物がたくさんいた。
「可愛かったですね。さっきのウサギさん。」
「ああ、そうだな、確かに可愛かったな。おっと、日が暮れそうだな。そろそろ帰るか。」
「そうですね。」
 シルフィは、少し寂しそうだ。
 俺だって、デートが終わるのは、寂しい。でも、夜の森は危険だと聞く。まぁ、俺の場合だと分からないが。
「シルフィ、最後にもう1回キスしようか。」
「は、はい!したいです!!」
 そう言って俺とシルフィは、顔を近づけキスをした。今度は、ゆっくりと時間をかけてキスを堪能する。
「ぷはぁ、…さて、そろそろ帰ろうか。結構暗くなってきてるし。」
「そうですね。寂しいですけど、これが最後ってわけではありませんしね!」
「そうだな、俺らにはまだ時間がいっぱいあるからな。あ、それと、グレイさんに伝えなきゃな。シルフィの婚約を受け入れたことを。」
「は、はい!そうですね!早く帰りましょう!!」
「あ、でも、サリィのことはまだちょっと待ってくれないか。頼む!」
「そうですね。ですが、私との婚約をなしにするなどと言うのはやめてくださいね?」
「ああ、そんなことは、絶対にしない!!」
「なら、んーちょっと焼きもちは焼きますけどい、いいで、す。」
 シルフィは、すごい不満そうだが納得はしてくれた。
「ありがとう、シルフィ。でも、これだけは知って欲しい。俺が1番最初に好きになったのはシルフィだ。シルフィが、俺の1番なんだ。」
「~~~っ!嬉しいです!シン様の1番になれて。」
「あ、それからずっと思ってたけど、俺に様なんかいらないぞ。だから、シンって呼んでくれ。」
「分かりました。シ、シン。」
「よし!それなら、今日はもう帰るか。」
「はい!」
 俺とシルフィは、また《ワープ》のスキルを使って街へ戻ったのであった。


「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 火野目 燐助

    リア充め

    0
  • ノベルバユーザー230813

    主人公とヒロインの初キスシーンをこんなところで使ったらもったいないでしょ

    2
  • ノベルバユーザー194024

    キスするの急すぎん?(笑)

    7
コメントを書く