世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

許可は出ましたが・・・

「シン様、お帰りなさいませ。おや?その少女は、先程シン様が、悪党3人を連れてきた時に一緒にいた少女ですね。どうしたんですか?」
「エルベルトさん、ただいま。この子はちょっと事情があるんだ。グレイさんは今いるかな?」
「ええ、先程公務が終わり、今は庭でお茶をとっていますよ。」
「そうですか。ちょっと話したいことがあるのですが、今行っても大丈夫ですかね?」
「聞いてみましょうか?」
「はい、お願いします。」
 そう言うと、エルベルトさんは無線通信機を取り出した。この世界は街とかは中世時代なのに、なぜか、無線通信機がある。不思議だ。
「シン様、陛下から許可が出ましたよ。いつでも来ていいと言っておりました。」
「そうですか。ありがとうございます。」
 俺たちは、そう言ってグレイさんのいる庭へ行った。
「皆さん、こんにちは。」
「「「こんにちは。」」」
 俺が庭へ行くと、エルフィード家が全員揃っていた。丁度いい、みんなにも聞いてもらおう。
「皆さん?ちょっといいですか?」
「ああ、どうしたんだい?」
「折り入って相談があるのですが。」
 俺は、そう言ってサリィを前に出す。
「この子を、ここに住まわせてほしいのです!!」
 俺は、言いながら頭を下げた。
「シン君、頭を上げてくれ。」
 俺は、そう言われて頭を上げた。
「理由を聞いてもいいかな?」
「はい。」
 俺は、そう言うと、サリィの事を話した。



「そうか、そんなことがあったのか。」
「サリィちゃん可愛いそう。」
「うん、事情は大体分かった。よし!サリィちゃんはうちで保護しよう!」
「ありがとうございます!!」
「シン様は、やはり優しいのですね。」
 シルフィがそう言いながら俺の方を上目遣いで見てきた。
 うわ!やば!めっちゃ可愛い!!
「あ!シンお兄ちゃん顔が真っ赤です!」
 フィリアちゃんが俺の顔を見てそう言う。
「フィリア、あまりそう言う事を言ってはいけませんよ。年頃の男の子はデリケートなのですから。」
「はーい、分かったです。」
「そうだ、サリィみんなに自己紹介をして。」
「はい!分かった。」
 そう言って、サリィは、俺の横から1歩前へ出た。
「サリィ・フォーレンです。よろしくお願いします!」
「よろしくね、サリィお姉ちゃん。私、フィリアって言うの。」
「フィリアちゃんね、分かった。」
「サリィちゃん、パパとママがいなくなって寂しいでしょ。だから、私たちがこれからは、サリィちゃんの家族だよ。」
「そうだよ、サリィちゃん。相談したいことや、聞きたいこと、話したいことがあったら私たちに聞かせてね。」
「はいです!」
 みんな、サリィの事情を知って結構気にかけてくれる。
「それでは、サリィちゃん?部屋へ案内しますよ。」
 メイド長のファルファラさんがサリィちゃんにそう言ってくれる。
「え?いやです!」
「どうして!?」
「シンお兄ちゃんと一緒のお部屋がいい!」



 サリィは、この一言でこの場の空気を一瞬に凍らせた。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー204569

    俺、早めにみたのにもういいね付いてる!?

    1
コメントを書く