世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

可哀想なので勝手に一緒に住むことを決めました

 俺は今、1人で街を散歩している。なぜ1人かというと、シルフィが今日、王女として仕事があるから今日は一緒に行動出来ないそうだ。まぁ、王女なんだから仕方ないな。そう思ってもやっぱり、少し寂しい。
 そう思いながら歩いていると、路地裏の方から人影が見えた。なんだろう?
 そう思いながら覗いてみると、そこには3人の大人の男が小さな女の子を追い詰めているのだ。
「へへ、さぁもう逃げられねぇぞ。」
「こいつは獣人族だから奴隷商に売れば高く売れるぜ。」
「しかも、まだ幼いからさらに値が上がるぜ。」
 なんだ、このクソ野郎たちは。
「おい!お前ら何しているんだ!」
「なんだ?ただのガキじゃねえか。俺たちになんか用か?」
「なんか用か?じゃねぇよ、このクソ野郎共。1人の少女を3人の大人がいじめてんじゃねぇぞ!」
「ギャーギャーうるせぇぞ、ガキは引っ込んでろ!」
「お前らこそ、そこをどけよ。」
 俺と、男3人は睨み合いながら対峙していた。その間に俺は鑑定のスキルを使って相手の能力を確かめていた。
 その結果、こいつらは雑魚であることが分かった。
「怪我をしないうちに早くどけよ、おっさん達!」
「誰がおっさんか!このクソガキ舐めやがって!少し痛い目を見てもらうぞ!」
 そう言いながら、男3人は俺に向かってきた。
 俺は、3人の攻撃を簡単に避けながら、腹に蹴りとパンチを食らわしてやった。そしたら、すぐに男3人は胃液を吐きながら倒れていった。
「もう大丈夫だよ。安心して。」
「お兄さん、怖い人?」
「俺は君の味方さ。俺は、シンって言うんだよろしく。」
「は、はい!サリィはね、サリィっていうの。よろしく!」
 サリィって子は、体がまだ小さく、とても痩せている。金髪碧眼の少女だ。
 きゅるるー
 サリィのお腹から、可愛いお腹の音がした。
「どこか、ご飯でも食べに行こうか。」
「え!いいの!」
 そう言いながら、サリィは、顔をパァーと、明るくさせた。
「あ、その前にサリィの親ってどこいるの?一応、事情を説明しないと。」
 俺がそう言うと、サリィはまた、暗い表情になった。
「あ!ごめん!聞いちゃいけなかった?」
「んん、いいの。サリィのママとパパはね、ついさっき死んじゃったの。」
「え!?」
 ついさっきって!まさか!
「サリィを守ろうとして、この人達に殺されちゃったの。」
 な、なんて野郎どもだ!くそ!こいつらどうしてくれよう。
「分かった、話してくれてありがとう。じゃあ、これからどうしていいかも分からないのだろ?」
「うん。」
「よし!俺がサリィの面倒を見よう!」
 俺も、シルフィの屋敷に居候中なのに勝手にそんなこと言って大丈夫だろうか?まぁ、ダメってことは多分ないだろう。
「え!いいの?」
「ああ、もちろんさ。その前に、こいつらをどうにかしよう。」
 俺はそう言いながら、男3人を抱えた。
「どうするの?その人達。」
「悪いことをしたやつは、それを償わないといけない。なので、こいつらは王様の元へと連れていく。」
「え!王様の元?そんな、王様に会えるの?」
「ああ、会えるぞ。」
「もしかして、シンお兄ちゃんってすごい人?」
「いいや、別にすごくないよ。ただ、ちょっと王様と面識があるくらいかな。」
「そうなんだ。」
「早くこいつらを城へ送って飯を食おうぜ。」
「うん!!」
 そう言って俺は、城へ男3人を連れていった。




「ん~!このご飯とても美味しいです!」
「そうか、よかった。」
 サリィは、とても幸せそうにご飯を食べている。
「あ!そうだ!サリィ、お前のステータスを見せてくれないか?」
「うん、いいよ。」
 そう言って、サリィは、ステータスを俺に見せてくれた。

サリィ・フォーレン

8歳

Lv2

白狼族

HP 980

MP 630

攻撃力 1000

防御力 960

俊敏性 1080

知力 520

【称号】
なし

【魔法】
火魔法 初級

【スキル】
《咆哮》

 へぇ、サリィの種族って白狼族って言うんだな。
「シンお兄ちゃんのも見たいです!ダメですか?」
「ん?別にいいぞ。」
「やったー。」
 俺もサリィにステータスを見せてやる。
「シンお兄ちゃん、とっても強いです!Lv10を超えてる人なんて見たことないです!」
 へぇ、Lv10ってそんなに少ないのか。
「あれ?シンお兄ちゃんは、食べないの?」
「ああ、俺は、そこまでお腹がすいてないんだ。だから、気にせず食ってくれ。」
「分かった!もぐもぐもぐもぐ」
 サリィは、すごい勢いでご飯を食べ始めた。俺に気を使っていたのか。結構偉いんだな。
「そんなに慌てなくてもいいぞ。誰も取らないんだから。」
「もぐもぐ~ゴックン!そうだね、せっかくのご飯なんだから、美味しく食べないと。」
 サリィは、そう言うと今度は、ゆっくりと一口一口を味わって食べていた。



「ごちそうさまでした!とっても美味しかった!!」
「そうか、それならよかった。」
 俺たちは、食事を終え、店を出る。そろそろ帰るか。
「サリィ、そろそろ帰るけど、なんか買っておきたいものとかある?」
「ん~?今はないです!」
「そうか、なら、屋敷へ帰ろう。」
「ん?屋敷?」
「ああ、そうだぞ。あれ?言ってなかったっけ?俺が住んでるところは、今さっき行ったあの屋敷だそ。」
「え!?ええええええええ~~~!?」

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • rui

    突っ込むところ多すぎやんなぁ

    0
  • ノベルバユーザー229755

    サリィちゃん精神強すぎでしょw

    0
  • NULL

    もう少し親の事をしてあげて欲しいね

    2
  • 火野目 燐助

    雑魚であることがわかった。(*ºчº*)←きっとこんな顔

    0
  • ノベルバユーザー217009

    親死んだのに、、、精神力強すぎw

    6
コメントをもっと見る / 書く