世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

幸せだな~

 俺がこの王都にきてから、1週間ほどがたった。もう、それなりに屋敷の暮らしにも慣れている。そして、このごろは騎士団の訓練にも参加させてもらっている。
「いや~、シン殿がいると訓練の質も上がりますな。助かります。」
「いえ、こちらこそ色々と学ぶことがあり助かります。」
 俺が言っていることは嘘ではない。俺は、格闘術には自信があるが武器を使っての修行はあまりしていないのだ。まぁ、剣技に関しては木刀を前世では少し習っていたので剣の振り方くらいは分かる。でも、こっちの剣は、やはりというか当然というか、日本刀の様な剣ではないのだ。だから、俺は日本刀の剣を作ることにした。
 俺は、屋敷の中にある鍛冶スキルに関する本を読んで鍛冶スキルを手に入れた。
 それから、すぐに日本刀のような剣を作った。
「シン殿、この剣みたいなものはなんですか?」
「それは、刀という剣ですよ。俺の国ではこういう剣が使われまして、こっちの方が動かしやすいんですよ。」
「そうなんですね。シン殿の住む日本という国に行ってみたいな。」
 行ってみたいと言われても前世の話なのでここではそんな国は存在しない。なぜ分かるかって?それは、もちろんイリスに教えてもらったからだ。この世界では地理をあまり詳しく勉強しないらしい。だから、世界のことをみんなはよく知らない。なので俺の言ったことも間に受けてしまう。
 まぁ、そんなことより、剣の練習に専念しよう。今は俺の剣技スキルはLvがまだ4なのだ。騎士団長のライゼルさんはLvが6くらいと言っていた。
 この世界はスキルのLvが5を、越していれば達人並みだと言われる。だから、俺はその1歩手前だろう。だけど、俺もあと少しでLv5になる。今日、修行すれば5になるだろう。よし!頑張るか!




 それから数時間、俺は騎士団の人と剣の修行をしていた。そして、そろそろ日が落ちる頃だ。
 そろそろ、時間かな。
「シン様~、お疲れ様で~す。」
 俺が、修行を終わらせて帰りの準備をしているとシルフィが来た。シルフィは俺がここで修行をしているのを知ってから毎日来るようになった。
「シン様、すごい汗ですよ。」
 そう言ってシルフィは、持っていたタオルで俺の額を拭ってくれる。
「ありがとう、シルフィいつも悪いね。」
「いえいえ、私がやりたいことなのでやらせてもらっているだけです。」
 シルフィは、この頃俺の世話を良くしてくれるのだ。まぁ、別に嫌ってわけではないからいいのだが、こういう人の多いところでやられると結構恥ずかしい。
「おー、シン殿とシルフィ様はいつ見ても仲が良いな。」
「もう!からかわないでくださいよ。シン様からも何か言ってください!」
「そうだな、シルフィは怒ってるところも可愛い。」
「~~~っ!もう!もう!」
 シルフィは、そう言いながら俺の胸をポカポカと叩いてくる。はぁ、可愛いな~。
 こんな充実した毎日を俺は送っていた。前世ではこうはいかなかったな。なんせ前世ではほとんどが修行で自由な時間なんか1秒たりともなかった。まぁ、自分から望んだことだから別に気にしていないけれどね。でも、前世の生活より、今の方がいい。だって可愛い女の子が毎日世話をしてくれるのだから!はぁ~幸せだな~。
 そんなことを思いながら今日も終わった。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー216917

    刀…。難しい…。さすがチート

    6
  • 白夜

    気に入ったのでお気に入りに登録しときました。
    更新頑張って下さい。

    6
  • oy

    独特性があり、凄く気に入りました!
    更新頑張ってください
    銀髪ヒロイン可愛いですよね!

    12
コメントを書く