世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

よし!決めた!

 翌朝、俺は朝食を終え、昨日シルフィが街を案内してくれると言ってくれたので今は、その準備をしている。まぁ、準備するもんなかんないけどね。
 俺は準備をぱぱっと終わらせ、シルフィと待ち合わせをしている屋敷の広場へと来ていた。
「すいません!少し準備に手間取ってしまって。」
「いや、別に構わないよ。俺も待ったて言っても5分くらいだから。」
 まぁ、実際は20分くらいは待ったな。でも、今は待ち合わせをした10分くらい前だ。シルフィもちゃんと待ち合わせ時間に間に合っている。だから、別に文句などない。
「それなら良かったです。でも、5分も待たせてすみません。」
「まぁ、言っても5分くらいだから別に気にしないで。」
「はい!分かりました。やっぱり、シン様はとても優しいです!」
 そう言ってシルフィは、俺に笑顔を向けてくる。やっぱり、シルフィは可愛い。
「さぁ、そろそろいきましょう。」
「そうだな。そろそろ行くか。」
 そう言って俺とシルフィは、屋敷を出て行った。




 それから数時間、シルフィに街を案内してもらった。そして今は、ちょっと小腹がすいたので喫茶店らしき店に来ていた。
「シン様、どうですか?私たちの街は?」
「ああ、とてもいい街だと思うよ。街はとても綺麗だし、こういう店で出てくる料理も美味しいし。」
「私たちの街が気に入られたようで何よりです。とても嬉しいです!」
 そう言ってシルフィはまた笑顔を俺に向けてくれた。はぁ、シルフィはいつ見ても可愛いな。
「お、そう言えば聞きたいことがあるんだけと言い?」
「はい、別に構いませんよ」
「シルフィのステータスを見せて欲しいんだかいいか?」
「ええ、別に構いませんよ。でも、シン様みたいなとても素晴らしいステータスではありませんよ。」
 そう言いながらシルフィは、ステータスを出してくれた。

シルフィ・エルフィード

15歳

Lv6

人間族

HP1400

MP1600

攻撃力1200

防御力1100

俊敏性1300

【称号】
<心を見透かす者>

【魔法】
水魔法 初級 中級
風魔法 初級 中級

【スキル】
《心眼》

 シルフィのステータスは俺と比較するとすごい差があるが、一般的には優秀なほうだろう。【称号】と【スキル】を持っているのだから、天才の範疇にないるのだろう。
「シルフィって結構強かったんだな。」
「なんかシン様のステータスを見た後だと私のステータスなんて、所詮一般的なんだと思えてしまいます。」
「そんなことないだろ、俺はまぁ、なんかずるをして強くなっているようなもんなんだから。」
「ずるくなんかありません!シン様の能力は才能なんです!人の才能をずるなんて言わないでしょう?」
「まぁ、確かに言わないな。うん、そうだな。」
「そうですよ。」
「でもシルフィも十分すごいと思うぞ。」
「あ、ありがとうございます。」
 そう言ってシルフィは顔を真っ赤にして俯いてしまった。



 
 それからまた数時間、街を案内してもらった。
「今日はありがとう、シルフィのおかげでこの街がどんな街がわかったよ。」
「いえ、お礼なんていいんですよ。シン様もいずれはこの街に住んでほしいので。」
「ああ、いつか一緒に住む家を探そうな。」
「~~~っ!は、はい!探します!一緒に住む家、えへへ~。」
 シルフィはとっても嬉しそうだ。うん、やっぱり、この娘の婚約を別に破棄する必要なんてなさそうだ。よし!やっぱり、シルフィをお嫁さんに取ろう!
 でも今は、まだその事を言わなくていいかな、いずれ言う時は絶対に来るだろうけど今はまだ、お互いもっと深めたい。
「今日はそろそろ帰るか。」
「は、はい、そうですね。」




 俺たちはそういうと屋敷へ戻り始めたのである。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー267627

    指輪とか準備したらいいのに

    0
  • ノベルバユーザー240757

    イリスさん最近出てないですね

    1
  • A:o

    なんかもう少し話に奥行が欲しいです。

    1
  • 火野目 燐助

    ここにもいたかミッシェルw

    0
  • たく

    次の更新も待ってます
    早めでよろしくお願いします!

    4
コメントを書く