世界最強が転生時にさらに強くなったそうです

白狼

やはり、俺のステータスは異常だったようです

 俺は、食事を終え、今はシルフィと一緒に庭を散歩している。
「風が気持ちいいね~。」
「そうですね。」
「・・・。」
「・・・。」
 今さっきからずっとこの調子で、ほんの一言二言で話が終わり、すぐに沈黙が来る。そして、俺とシルフィは顔が真っ赤である。
 それもそのはず。なぜなら、庭の散歩をする前にシルフィの姉カルナさんにこう言われたからである。
「まだ、婚約はしてないんだから、イチャイチャするのも程々にね~。」
 と言われたのである。そこには多分おふざけで言ったのも少々あると思うが今の俺達にはすごい胸に刺さった。
「ごめんなさい。カルナお姉様があんなことを言わなければこんな雰囲気になることはなかったのに。」
「いや、こちらこそごめんな。なんか変に緊張してしまって。」
「いえ、シン様はずっと私に話しかけてくれたのに、私が答えるのが下手で話を終わらせてしまって、すみません。」
「いや、俺の方こそ話が繋げれてないからな。まぁ、どっちもどっちだな。あはは。」
「そうですね。ふふ。」
 俺たちはそういうことで納得して、ようやく緊張から放たれた。



 それから数分後。
 俺たちは、屋敷へ戻り、またみんなで集まった。
「シ、シンさま。」
「ん?どうしたんだい、フィリアちゃん?」
「えっと、その、シンさまのことシンおにいさまってよんでもいいですか?」
「様はいらないな。だって家格的に言えばフィリアちゃんの方が上だもんね。」
「なら、シンおにいちゃんってよんでもいいですか?」
「ああ、もちろん。」
「ありがとうございます」
 可愛いな~、フィリアちゃんは。癒されるわ~。えへへ。
(マスター、気持ち悪いです。)
(す、すいませんでした。)
 イリスから気持ち悪いと言われ少し凹んでいるとグレイさんから話しかけられた。
「シン君、ちょっといい?」
「はい、何でしょうか。」
「シン君のステータスを見せてもらいたいんだよ。上級ゴブリンの群れを一瞬に倒してしまうのだからどれくらい強いのか知りたいのだけれどいいかね?」
「はい、別に構いませんよ。」
 ステータスオープン
 そう心の中でつぶやくと目の前にいつも通りの異常なステータスが出てきた。それと【称号】と【スキル】が増えていた。
 増えていたもの。
【称号】
<心を見透かす者>
【スキル】
《心眼》
 この二つが増えていた。
 ステータスを出したのだけれど周りからはまだ、なんの反応もない。どうしたのだろう?
(マスター、ステータスを相手に見せる時はステータスだけでよろしいのです。)
(そうなのか。ありがとう。)
 まぁ、それもそうだよな。個人情報だもんな。
 じゃ、気を取り直して、ステータス
 そう心の中で呟くとまたステータスが出てきた。
 周りの反応は、どうかな?
「「「・・・」」」
 あれ?みんな固まっている。まぁ、それもそうなのかな。あんなの異常だってくらい俺にだって分かる。
「シ、シン君、ちょ、ちょっと聞きたいのだがね、君は何者なんだい?」
 何者って言われても、みんなと一緒の人間なのですが?っと言いたい。だけど、【称号】に<人間を超越した存在>と付いているのでグレンさんの問については、当然の事だと思う。
 そして、シルフィはと言うと。
「・・・」
 まだ、固まっている。
「シルフィ、ゴメンな。隠す気なんかなかったけれどなんかずっと黙ってしまって。こんな人間かもわからん奴と結婚なんかしたくないよな。すまなかった。」
「・・・ふぇ、あ!ち、違います!今は、その、シン様が凄すぎて、つい、ぼーっとしていただけで、別にシン様を嫌いってことは考えてはありません!むしろ、さらに惚れてしまいました!!!」
「そ、そうか、なんか、ありがとう?」
「い、いえ、どういたしまして?」
 また、俺らは顔を赤めてしまった。
「シン君、2人がラブラブのは嬉しいが、このステータスは偽装したのかい?」
「偽装?」
「シン君は、知らないのかね?ステータスは、ちょっとしたアイテムを使うと偽装が出来るのだよ。」
「そ、そうなんでね。初めて知りました。」
「てことは、このステータスは偽装をしてない、本物だということか。・・・うん!シン君、このステータスは偽装するべきだ。流石にこのステータスがバレると大変なことになるからな。」
「そうですね、偽装が出来るのなら偽装した方がいいと思っていましたから。」
「そうか、なら、今からそのアイテムを持ってこよう。エルベルト、頼む。」
「は、かしこまりました。」
 そう言うとエルベルトさんは部屋から出て行った。
 それからほんの数分後、エルベルトさんは手のひらに偽装アイテムと思えるものを持ってやってきた。
「シン君、このアイテムに魔力を通しながら普通のステータスを考えれば偽装ができる。やってみてくれ。」
 グレイさんはそう言うと偽装アイテムを俺に渡してくれた。
 俺はグレイさんの言う通り魔力を通しながら本で学んだ知識を応用しながら普通のステータスを考えていた。
 そしてすぐに、偽装アイテムが光だし俺の体の中へと入って行った。
「うん、出来たようだね。」
「そうみたいですね。」




俺は偽装したステータス確認してみた。

「世界最強が転生時にさらに強くなったそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く