異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

VS 魔王



「意外に驚かないんだねぇ。まぁ、それはそうか。だってほら。キミはイブリーズの能力を一部引き継いでいるのだろう?」


 以前から疑問に思っていることがあった。
 どうして俺みたいな普通の高校生が《絶対支配》というチートな加護を授かることになったのかって。


 絶対支配 等級 詳細不明
(森羅万象を支配する資格を持った者に与えられる加護)


 アフロディーテの話によると、加護を与えられる人間っていうのは、歴史上の偉人、英雄などの限られた人間に限定されるらしい。

 ヒュンケルの言う通り、俺の前世が魔王イブリーズなのであれば、チートな加護を与えられたことに対しても一応の説明がつくことになる。


「待てよ。俺の正体が魔王だとしたら、今目の前にいるお前は一体誰なんだよ!?」


 ここだけは本当に腑に落ちない。
 もしも今目の前にいる男が魔王ならば、この世界に魔王が2人いることになる。


「――よく聞いてくれたね。ボクの名前はヒュンケル。旧魔王軍の副官にして、イブリーズの肉体を借り受けた者さ!」


 そうか。
 そういうことだったのか……!


『はい。これはあくまで私の勘ですが……あの城の中にいるのは、魔王の名を騙る不届きものに違いありません』


 キャロライナの言葉は今の今までずっと頭に引っかかっていた。
 どうしてキャロライナが魔王城の中にいる魔王を『偽物』だと断定することが出来たのか?

 その答えがこれでハッキリした。
 キャロライナは俺の正体が魔王だということを知っていたんだ。

 今目の前にいる男は肉体こそ魔王の姿をしているが、その精神は紛い物に過ぎない。


「奇遇なものだね。キミとの出会いによって今ここに魔王の肉体と精神が揃った! ようやくこれでボクの長年の悲願が果たされるよ」


 高らかに笑ったヒュンケルの視線は玉座の隣にある台座の方に向けられていた。


 魔王の宝剣 等級 詳細不明
(魔王の器を持つものにのみ扱える宝剣)


 台座の上には1本の剣が刺さっている。
 決してド派手な装飾が施されているというわけではないのだが、不思議と荘厳な雰囲気を感じられる剣であった。


「魔王としての真の力を開放するためには、あの宝剣がカギになっているらしくてね。実に困っていたんだよ。
 なんたってボクは肉体こそ、魔王イブリーズのものを受け継いでいるが、所詮は半人前だ。この宝剣はボクとキミ。2人で力を合わせて抜く必要があるんだよ」


 勝手なことを言ってくれる。
 もちろん俺の中にはヒュンケルの計画に協力してやろうなんて気はサラサラない。


「――ヒュンケル。1つだけ間違いを訂正しておくぜ。お前が剣を抜けない理由は半人前だからじゃない」


 コツコツと足音を響かせながらも台座に向かって歩いていく。 

 俺の中の前世の記憶が言っている。
 もともとあの台座に刺さった剣は俺の所有物であった。

 だからこそ前世が『魔王』であることを自覚した今の俺ならば、たぶん台座の剣を抜くことが出来るはずである。


「そもそも最初からお前には魔王の資格なんてなかったんだよ」


 ハハハッ。やっぱり。
 台座に刺さった宝剣は、まるで俺が手にするのを待っていたかのように――すんなりと抜くことが出来た。


「へえ。驚いたよ。まさかこうもアッサリと魔王の宝剣を開放するとはね」


 平静を装ってはいるが、ヒュンケルの言葉には微かに苛立ちの色が滲んでいた。


「さっそくで悪いが、その剣を渡してもらおうか。キミにとっては必要のないものだろう」

「……嫌だと、言ったら?」

「力付くで取り上げる。そろそろ発言には気を付けたほうが身のためだと思うよ」


 ゾゾゾゾゾゾゾッ。
 突如として俺の背筋に悪寒が走る。

 うぐっ。
 これが魔王の放つプレッシャーか。

 異世界に召喚されて間もない頃の俺ならば、体が震えて立っていることすら出来なかっただろうな。

 けれども、今日までに起こった様々な出会いが、俺の決意に1本の芯を通してくれた。


「わざわざここまで足を運んでくれた礼だ。どちらでも良い。キミには好きな方を選ぶ権利をあげるよ」


 ヒュンケルが俺に与えた選択肢は2つ。
 大人しく剣を渡すか、戦った末に殺されて剣を取り上げられるか。

 だがしかし。
 生憎と俺は相手の用意した土俵に上がるつもりはサラサラねえ。

 どんなに戦力の差が絶望的であっても、自分のペースに巻き込んで勝利する。

 今日まで俺はそうやって戦ってきたのだから――。


「待てっ。何をする気だ!?」


 ふふふ。もう遅い!
 使わないものだから別に捨てたって構わないよな。

 俺は手にした《魔王の宝剣》を玉座の間の異空間に投げつける。

 ヒュオオオオオオオオオン。
 指先から離れた《魔王の宝剣》は、綺羅星のごとく異空間の中に消えて行った。


「貴様ァ……。よくも……! よくもよくもよくもっ!」


 異空間に落ちたものが何処に行っちまうのかは分からない。
 けれども、ヒュンケルの怒りぶりを考えると、回収するのは難しいことだということは容易に想像できた。


「……貴様は許されないことをした。ここで捻り潰す」


 デーモン 等級S LV1153


 生命力 28532
 筋力値 35940
 魔力値 35420 
 精神力 25028

 スキル
 火属性魔法(超級) 風属性魔法(超級) 水属性魔法(超級) 闇属性魔法(超級) 光属性魔法(超級)


 怒り狂ったヒュンケルの体は大きく膨らんでいく。

 最終的に表れたのは頭から2本の角を生やした悪魔の姿であった。
 その全長は10メートルにも達しようかというほど巨大なものである。

 ハハハッ。
 こいつが俺の前世の姿だったのか。

 我ながら、いかにもありがちな『ラスボス』って感じのデザインだなぁ。

「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    なにぃ?

    0
  • マナルーク

    更新期待しています!

    0
  • ノベルバユーザー212647

    更新楽しみです

    0
  • ノベルバユーザー212147

    早く次を~~。

    0
  • ノベルバユーザー157136

    面白いです。
    更新楽しみにしています

    1
コメントをもっと見る / 書く