異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

VS ルーミル2



 おいおいおいおい!
 なんていうステータスだよ!

 流石は魔王軍最強の師団長ということなのか……。
 ルーミルのステータスは過去に戦ってきた敵の中でも断トツ最強クラスであった。


「はあああああああぁぁぁ!」


 激情が剥き出しになった声を上げながらもルーミルは、手にした大斧をフルスイングする。


 ペシンッ。


 すると、どうだろう。
 大きな斧に命中した《悪魔の使徒》の1体は魔王城の壁の中にめり込んで、そのまま姿を消していった。

 えっ。今ので終わり?
 疑問に感じた俺はすかさずステータスを確認。


 カゼハヤ・ソータ

 職業  魔物使い
 レベル 607
 生命力 283
 筋力値 102
 魔力値 242
 精神力 3153

 加護
 絶対支配 

 スキル
 カプセルボール 鑑定眼 魔物配合 コンタクト 精神操作 スキルレンタル 変身

 使役 
 アフロディーテ
 キャロライナ・バートン
 シエル・オーテルロッド
 ユウコ
 ロスト・トリザルティ
 レミス・リトルフォールド
 ワーウルフ
 ケダマロ
 ワイバーン
 クラーケン
 ゴブリンナイト ×15
 ライトマッシュ ×6
 キツネビ ×4 
 マッドマッシュ
 スパイフィッシュ
 悪魔の使徒 × 11


 って、おい!
 確認している間にも味方の数がドンドン減っているし!

 これはまずい!
 俺の見込みでは悪魔の使徒で取り囲んだ時点で勝利は確定する計算だったのに完全に予定が狂ってしまった。


「……クロウ。まだ戦えるか?」

「むにゃむにゃ。おっぱい……おしり……」


 お前の下ネタレベルは小学生男子かよ!
 連戦に次ぐ連戦により体力を全て使い果たしたのだろう。

 床に座り込んでいるクロウは淫語を口にしながらも寝息を立てているようだった。


「――ロスト。この一件に関してワタシも一緒にイブリーズ様に謝罪してやる。キミには後でワタシからキツ~イ罰を与えてやるからな!」


 ちょっと待て。
 こんだけ盛大に裏切っておいてまだ俺を許すつもりでいるのかよ!?

 薄々は気付いていたが、ルーミルのロストに対する入れ込みようは尋常じゃないよな。

 ん。
 待てよ。

 もしかしたら俺は今の今まで知らないうちに、彼女を倒す準備を整えていたのかもしれない。


「ルーミルさん! 騙していてごめんなさい!」 

「……そうか。嬉しいぞ。ようやくワタシの言うことを聞いてくれる気になったか」


 俺の謝罪を受けたルーミルは、心底ホッとしたような表情を浮かべていた。

 間違いない。
 この弱点を突けば確実に彼女は倒せる!

 彼女が見せた安堵の表情は、俺にそう確信させるのに十分なものだった。


「お詫びと言ってはアレですが……私のこの! 本当の姿を見てあげます!」


 いっけええええええええええ! 

 これが俺の切り札だああああああああああぁぁぁ!


 変身スキル……解除!


 グッバイ。
 ムチムチのおっぱい。ムチムチのお尻。

 俺の体はたちまち光に包まれ――本来のゴツゴツと角ばった何の面白みのない男の体を露わにした。


「グハッ!」


 ルーミルの口から鮮血が飛び散った。


「バババ、バ、バカな……。男だと……」


 うんうん。
 分かるよ。その気持ち。

 分かりやすく、性別を逆転して考えると、ルーミルは初めて付き合った彼女がニューハーフだった、くらいの衝撃を受けているに違いない。

 ガチ百合属性のルーミルにとって、体中を舐められるまでに心を許した相手が男だったら、そりゃショックだろう。


「嘘だ……。こんなことが……こんなことが……あるはずがない……」


 計り知れない精神ダメージを受けたルーミルはそのまま地面を倒れることになる。

 仇は取ったぜ……アダマイトゴーレム。

 ルーミルが意識を失った後は、お待ちかねの『お楽しみタイム』である。
 俺はルーミルの体の傍に駆け寄ると、彼女の胸元に思い切り手を突っ込んだ。

 違うよ?
 これは決してやましい意味じゃないんだよ?

 暫くルーミルの胸の中を探索すると、ついに念願のアイテムを手に入れることが出来た。


「……よし」


 このペンダントがあればキャロライナの捕らえられている『玉座の間』に出入りすることが出来るだろう。

 さてさて。
 今はショックで寝込んでいるようだが、後々になって暴れられても厄介だしな。


「ごめんな。騙すような真似して」


 謝罪をしながらカプセルボールを投げ当てると、気を失っているルーミルは簡単に捕まえることが出来た。

 ケンタロスの美女! ゲットだぜ!


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    え?それチートぢゃん

    0
コメントを書く