異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

VS ルーミル



 それから。
 クロウと悪魔の使徒の激戦は続いた。


「ギギイイイイイイイイィィィ」

「遅い!」


 敵集団に囲まれたクロウは大きく跳躍して、空中からの斬撃で悪魔の使徒の体を粉々に打ち砕く。


「聖剣スターダストブレード!」


 クロウの振るう聖剣は目にも止まらなないスピードで動く《悪魔の使徒》の体を次々と吹き飛ばす。


「魔剣ディバインセイバー!」


 クロウの振るう魔剣は強靭な鎧に包まれた《悪魔の使徒》の体を次々と引き裂いた。

 持ち前のチート能力を駆使して《悪魔の使徒》をバッタバッタと薙ぎ倒していくクロウだっが――。
 その活躍も永遠に続くわけではなかった。

 50体近い悪魔の使徒を打ち破った頃には徐々に体の動きが鈍り、討伐数が100体を重ねた頃には片膝を地面について息を荒くしていた。


「ククク。驚いたぞ。まさか貴様のような人間がいたとはな……」 


 ルーミル・フォンネル
 性別 :女
 年齢 :388


 魔王城の《玉座の間》に続く通路を塞ぐようにして、軍服を身に着けた1人の眼帯美女が現れる。


「敵ながらも貴様の能力は勝算に値する。どうだ。カネなら幾らでもやろう。貴様、魔王軍の一員として働いてみる気はないか?」

「――くだらん。そんなものでオレを動かせると思ったか」

「なら何が欲しい? 女か? 貴様が魔王軍に入った暁には、給仕部隊から選りすぐりの美女たちを側近として付けてやろうじゃないか」

「~~~~っ!?」


 揺らいでるんじゃねぇよ!

 ああっ。クソッ!
 さっきまでの戦いを見て少しでも格好良いと思ってしまった俺がバカだったぜ。

 耳まで顔を赤くしたクロウの動揺っぷりったら、童貞丸出しで見ているこっちが恥ずかしくなるものであった。


「そうか。我々の軍門に下る気がないのであれば仕方ないな。魔王さまのために消えてもらう!」


 不敵に笑った次の瞬間――。
 ルーミルの姿が俺の視界から消失した。


「なにっ――!?」


 先程までの悪魔の使徒の攻撃も凄かったが、ルーミルの戦闘能力は更にその上を行っている。

 ガキンッ!
 ズガガガガガガッ!

 なんとか致命傷こそ回避したクロウであったが、ルーミルの斧を受けたクロウはボロボロになって地面の上を転がった。


「そこまでです! ルーミルさん!」


 このままでは戦闘を続けていればクロウが殺されかねない。
 そう判断した俺は思い切ってルーミルの前に立つことにした。


「ロスト? どうしてここに? キミたち給仕部隊は地下シェルターに待機しているよう命令していたはずだが?」

「ルーミルさん。貴方の負けです。大人しく降参して下さい」


 サンキューな。クロウ。
 後のことは俺に任せてお前はゆっくりと休んでいてくれ。

 お前のおかげで残った兵士は『俺の手駒』だけになったぜ。


「……何故だ? 悪魔の使徒……。どうしてお前たちがワタシに刃を向ける?」


 総勢15体にも及ぶ《悪魔の使徒》から槍を向けられたルーミルは納得のいかなそうな面持ちを浮かべていた。

 ルーミルが困惑するのも無理はない。

 まさか目の前のメイドの中身が魔王軍のスパイである『魔物使い』だったなんて夢にも思わなかっただろうからな。

 そこで俺はステータス画面を確認する。


 カゼハヤ・ソータ

 職業  魔物使い
 レベル 607(↑12)
 生命力 283(↑8)
 筋力値 102(↑2)
 魔力値 242(↑6)
 精神力 3153(↑60)

 加護
 絶対支配 

 スキル
 カプセルボール 鑑定眼 魔物配合 コンタクト 精神操作 スキルレンタル 変身

 使役 
 アフロディーテ
 キャロライナ・バートン
 シエル・オーテルロッド
 ユウコ
 ロスト・トリザルティ
 レミス・リトルフォールド
 ワーウルフ
 ケダマロ
 ワイバーン
 クラーケン
 ゴブリンナイト ×15
 ライトマッシュ ×6
 キツネビ ×4 
 マッドマッシュ
 スパイフィッシュ
 悪魔の使徒 × 15


 ステータス画面には使役の欄に新たに《悪魔の使徒》が追加されて、ちゃっかりレベルもアップしていた。

 そう。
 俺が魔王軍に加わった目的は、情報の収集だけではない。

 魔王軍最強の兵士である《悪魔の使徒》たちを、カプセルボールを使って使役する狙いも存在していたのである。


「何をしている! 早く! ワタシの命令を聞かんか!」

「私の目的はルーミルさんが身に着けているペンダントです。大人しく差し出してくれるのであれば命までは取りません」

「……ロスト。まさかキミ、ワタシのことを裏切ったのか」


 ゾゾゾゾゾゾゾッ。
 突如として俺の背筋に悪寒が走る。

 うぐっ。
 こ、これが最強の魔族と称されたルーミルの殺気……!

 明らかに今まで戦ってきた相手とはレベルが違う。

 相手に飲まれたらダメだ!
 ここで俺がビビって背を向けようものだが、今まで仲間たちが積み上げてきた努力が全て水の泡になってしまう。


「裏切った、というと、御幣がありますね。こっちはずっと最初からこのつもりで動いていましたから」


 ここはハッキリと言っておくのが優しさというものだろう。
 どう言い訳したところで俺が彼女を騙していたという事実が覆るわけではないからな。

 ピキッ。
 ピキピキピキピキッ!

 これまで『優しい上司』を演じてきたルーミルの仮面にヒビが入り、たちまちその表情は怒りの豪火に包まれていった。


「愛していた! 愛していたのにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいぃぃぃ!」


 耳がぁっ! 耳がああああぁぁぁぁぁ!

 鼓膜が破けそうになりそうな絶叫を上げたルーミルの体は、少しずつ膨らんで大きくなっていく。


 ケンタロス 等級S LV573

 生命力 5532
 筋力値 6540
 魔力値 3920 
 精神力 4028

 スキル
 超再生 金剛力 火属性魔法(上級) 風属性魔法(上級) 水属性魔法(上級) 闇属性魔法(上級)


 最終的に表れたの人間の上半身と馬の下半身を合わせったモンスターであった。


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く