異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

2人のチート主人公



「おっ。もう既に始まっているみたいだな」


 ドンドンッ。バゴンッ。
 グサッ! グサッ!
 キュイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイン!

 大広間に近づいていくとマンガの疑音のような激しい音が耳を襲った。


 クロス・リュウキ
 種族 :ヒューマン
 年齢 :15 


 騒音の中心にしたのはもちろんこの男、双剣のクロウである。
 クロウはトレードマークであるカラスの羽を模したかのような漆黒のマントを身に纏い、腰に差した剣を抜く。


「唸れ! 聖剣よ!」

「ぐぎゃあああああああああああああああ!」


 聖剣スターダストブレード 等級 S
(選ばれし者にのみ保有が許される聖剣。その一撃は光すら切り裂く)


 クロウが一度《聖剣》を振るうと、嵐が吹き荒れたかのような突風を魔族たちを襲う。
 クロウの攻撃を受けた魔族集団は、糸の千切れた凧のように空高くに吹き飛ばされることになる。


「轟け! 魔剣よ!」

「うぎゃあああああああああああああああ!」


 魔剣ディバインセイバー 等級 S
(選ばれし者にのみ保有が許される魔剣。その一撃は闇すら切り裂く)

 クロウが一度《魔剣》を振るうと、天変地異が起こったかのような振動が魔族たちを襲う。
 クロウの攻撃を受けた魔族集団は、大広間に発生した地面の歪の中に落ちていくことになる。


「おい! なんだよあの化物は!?」

「アイツだけは……アイツだけはヤバイぜ……! 絶対にイブリーズ様のいる《玉座の間》の近づけてはダメだ!」


 この大広間は《玉座の間》を死守するための最終防衛ライン。

 100を超える軍勢を作って粘り強く抵抗する魔族たちだったが、いかんせん実力の差があり過ぎる。

 クロウの無双によって紙屑のように蹴散らされた魔族たちは、次々に敗走していくことになった。


 悪魔の使徒 等級S LV40/40

 生命力 1002
 筋力値 1588
 魔力値 1271
 精神力 891

 スキル
 魔人斬り


 クロウを相手に出し惜しみしていられる余裕がなくなったのだろう。

 城の扉の中から出現した《悪魔の使徒》がクロウの周りを囲っていく。

 その数、10、20、30……次々に増えていく。


「――ふんっ。ようやく少しはマシな戦いが出来るというわけか」


 不敵に笑ったクロウは、腰に差した聖剣と魔剣を同時に抜く。

 頼んだぜ。クロウ。
 現時点で悪魔の使徒の集団に単騎で勝負できるのはクロウだけである。


「――見せてやろう。伝説の呪われた聖なる勇者と称されたオレの実力を!」


 アイタタタタ!
 厨二センスがない厨二病って1番救えないパターンである。。

 こういう台詞がなければ普通に格好良い奴なんだけどなぁ。


「ハアアアアアァァァ!」


 2本の剣を手にしたクロウは勢い良く地面を蹴ると、悪魔の騎士の集団に突っ込んでいく。

 最強の勇者 VS 魔王の眷属である最強のモンスター。

 二つの最強が激突した瞬間だった。


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く