異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

大事件



 その日の夜。
 約束通りに俺はルーミルの部屋を訪れていた。

 ルーミルの部屋は魔王城最上階にあるVIPルームの一室である。

 このフロアを清掃出来るのは『メイド長』の役職についている魔族のみで、俺のような『メイド見習い』は特別な許可がない限りは足を踏み入れることが出来はしない。


「ふふ。ロスト。キミが来るのを心待ちにしていたよ」


 部屋の中で俺を出迎えたルーミルは黒色のバスローブを身に纏っていた。

 普通の女性が身に付けたら『誰得?』なビジュアルになってしまいそうだが、長身で、中性的な顔つきをしたルーミルは黒のバスローブを嫌味なく着こなしていた。


「ロスト。キミはワインを飲むか?」

「……いえ。私、アルコールはあんまり」

「そうか。では代わりに葡萄ジュースを入れておこう」


 ルーミルは冷蔵庫の中から紫色の液体の入ったビンを取り出すと、ガラスのコップに注いでいく。


 おかしいな。
 なんか俺……メイドの癖に逆にもてなされているのだが……。


「ところでキミ、どうして魔王軍に入ろうと思ったのだ?」


 コップの中にジュースを注ぎながらもルーミルは言う。


「実は私、以前から魔王さまに会ってみたいと思っていまして。それで少しでもチャンスがあればと思って魔王軍に入ることにしたんです」

「……なるほど。たしかにイブリーズ様は全ての魔族の憧れ。キミの気持ちは痛いほどよく分かるよ」


 よし。
 ここまでは事前に想定した通りの会話の流れである。

 理由は分からないが、どうやらルーミルはロストのことを性的な意味で気に入っているらしい。

 そうでなければ初対面でいきなりお尻を触ってきたり、自分の部屋に呼びつけたりしないだろうからな。

 名付けて! 女の武器でオネダリ大作戦!

 後は上手くルーミルに取り入って、玉座の間に入りたいというワガママを叶えてもらえば、キャロライナを助けるチャンスが巡ってくるという寸法である。


「あの、ルーミルさんは魔王さまに会ったことがあるんですよね?」

「いかにも。ワタシとイブリーズ様はかれこれ100年来の仲になるかな」

「私、どうすれば魔王さまに会えるのでしょうか?」

「イブリーズ様は《玉座の間》から滅多なことでは外に出ない。玉座の間の中に入るためには、ワタシの装着しているこのペンダントが必要なのだ」


 ルーミルは胸の谷間からペンダントを引っ張り上げる。

 なるほど。
 これは良い情報を手に入れた。

 このパターンは以前にクルルのアジトを覆っていた《幻影魔法》を解除した時と同じだな。

 幻影魔法によって守られたエリアに入るためには特定のアイテムが必要になるのである。


「……先程から口を開けばイブリーズ様の話題ばかり。キミはよっぽどイブリーズ様のことが好きなのだな」

「い、いえ! そのようなことは!」


 やばいっ!
 キャロライナを助けたい一心で踏み込んだ質問を口にし過ぎてしまったか。

 唇をツンと尖らせたルーミルは、あからさまに不機嫌そうな様子であった。


「こんな近くにキミを思う女がいるというのに……。妬けてしまうではないか」

「~~~~っ!?」


 次にルーミルが取った行動は俺を絶句させるものであった。
 何を思ったのかルーミルは唐突に俺の体をベッドに押し倒してきたのである。


「はぁ……。キミは本当に可愛いね」


 ちょっ。
 舌っ! 舌が入ってきているんですけどおおおぉぉぉ!?

 続けざま俺の唇を奪ったルーミルは思うがままに俺の口の中を蹂躙する。

 執拗に。丹念に。
 前歯に、奥歯に、舌裏に、歯茎に。

 自分の舌を絡ませてくる。


「んっ。んっ――!?」


 なんとか束縛から逃げようと頑張ってみたものの、ルーミルの体は鉄のように動かない。

 筋力値のステータスが違い過ぎる。
 1分間にも及ぶルーミルの情熱的なキスは、俺の思考をフリーズさせるのに十分な威力を誇っていた。


「思っていた通り。キミは本当に良い体をしているね」


 ぬ、脱がされているし!?
 たぶんキスしている間に脱がしてきたんだろうけど……あまりの手際の良さに全く気付かなかったぜ。


「この下着……。もしかして期待していた?」


 俺のブラジャーのホックを外しながらもルーミルは笑う。


 違うんです! 違うんです!
 この一エロ下着はロストにとっての正装で、違法カジノで客をカモにしていたロストに与えていた俺からの罰なんです!

 なんて台詞は当然のことながら口に出来るはずがなかった。

 今にして考えてみると、我ながら意味不明な理屈でセクハラしていたことがよく分かった。


「今晩はたっぷりとキミのことを可愛がってあげよう」


 ん。待てよ。
 そもそもどうして俺はルーミルさんから逃げようとしているのだろう?

 外見だけで判断するのであればルーミルは超が付くほどの美人である。

 そうだよ。
 ルーミルのような綺麗なお姉さんと、百合プレイに興じることは俺としても吝かではない。

 何を躊躇う必要がある!
 ルーミルとの仲を深めることは、《玉座の間》で捕らえられているキャロライナを助けることにも繋がるはずだ。

 ベッドの上でルーミルさんを手玉にとって失神させて、ペンダントを奪ってしまう、というのはどうだろう。

 これならばルーミルの意思に関係なく玉座の間に入ることが出来るので、最速でキャロライナを救うことが可能である。


「は、はい……?」


 だがしかし。
 俺が抱いた淡い期待はルーミルがバスローブを脱ぎ去った途端に崩れ落ちることになる。


 な、なんじゃあれは――!?


 名前は知らないけど、エロ漫画とかでよく見るやつだ!?
 ルーミルさんの穿いていたパンツには、見事なまでに反り返った無機質な物体が装着されていた。


「ふふ。こいつを見るのは初めてか? キミのような可愛い女の子をこいつで虐めるのがワタシの生きがいでね」


 違う!
 違うよおおおぉぉぉ!

 オレが求めていた百合プレイは、放課後に女子高生が部室に集まってキャッキャウフフする雰囲気のものであって……間違ってもこんなガチなやつではなかった!


「さぁ。心を開いてごらん。可愛い子猫ちゃん。絶対に気持ち良くしてあげるから……」


 すまん。ロストよ。
 お前の体、守ってやることができそうにない……。

 その夜、俺は処女を散らした。
 最終的にペンダントを奪うことも出来ずに踏んだり蹴ったりの結果となってしまった。


 ……まさか童貞より先に処女を卒業することになるとは予想外だったぜ。


 行為が終わった後、1人ベッドの上に取り残された俺は涙を流すのであった。


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く