異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

ルーミルとの再会



 明くる日の朝。
 そのチャンスは思いがけないタイミングで俺の足元に転がり込んできた。


「なんだろう。今朝はやけに人が多いな……」


 俺が働いている『魔王軍第三食堂』は席数400ほどの超大規模な職場なのだが、普段は100席と埋まることがない。

 それというのも『新生魔王軍』は『旧魔王軍』と比べて所属人数が10分の1程度で深刻な人材難に悩まされているからである。


「なぁ。あそにいる奴ら第一師団のメンバーじゃないか?」

「ウソだろ……!? アイツら『第二食堂』を使っているんじゃなかったのかよ!?」


 魔王城には現在3つの食堂がある。
 第一食堂は魔王軍の中でも限られた幹部だけが、第二食堂は魔王軍のエリート兵士だけが、第三食堂は全ての団員が使用できる

 席数に関しては 第一食堂 < 第二食堂 < 第三食堂 となっているが、出される料理の質に関しては符号の向きが逆になる。

 分かりやすく言うと、第一食堂が完全予約制のフランス料理店だとしたら、第三食堂は誰でも気軽に入店できるファミリーレストランという感じである。


「……すまないな。今日は第二食堂のシェフが体調を崩したというので、こちらを使わせてもらう」


ルーミル・フォンネル
性別 :女
年齢 :388


 その女性の名前を見た瞬間、俺の心臓はトクンと高鳴った。

 ルーミル……だと……!?

 間違いない。
 彼女がセイントベルに『悪魔の使徒』を引き連れて襲撃した首謀者である。

 手塩に育てたアダマイトゴーレムが一瞬で破壊された記憶は、今でもトラウマとして残っている。

 かつて魔王軍の第一師団の師団長を務めていた彼女とこんなところで再開するとは思わなかったぜ。


「おい。そこのお前」

「……は、はい!」


 これはまずい! 流石にジロジロと見過ぎたか!
 ギロリと睨んだルーミルはこちらに対して手招きしていた。


「な、なんでしょうか」

「初めて見る顔だな。名をなんと言う?」


 間近で見ると凄い美人だな。この人。
 以前に会った時は気が付かなかったが、体のラインもしっかりと凹凸が付いた感じでセクシーである。


「はい。私の名前はロスト。ロスト・トリザリティです。所属は魔王軍の第三給仕部。現在はユウコ様の元で働いております!」


 何も気遅れすることはない。
 今の俺は立派な新生魔王軍の一員。

 胸を張って受け答えすれば、正体を疑われるような事態は避けられるはずである。


「美しい娘だ。気に入ったぞ」

「えっ……。あのっ……」


 ルーミルの手が優しく俺の尻を撫でる。

 何故だろう。
 同じようなことを昨日エロオヤジにされた時は、すかさず手を払うことが出来たのだが、今回は無抵抗なまま受け入れてしまった。

 ヴィシャスのようなエロオヤジに尻を触られるのは罰ゲームだが、ルーミルのような美女に触られるのは悪い気分はしない。


「ロストよ。今晩、ワタシの部屋に来るがよい。たっぷりと可愛がってやろう」


 唇に舌を這わせながらもルーミルは告げる。
 相変わらずに彼女の手は俺の尻を撫でたままであった。


 もしかするとこれは……千載一遇のチャンスなのでは!?


 だってそうだろう?
 俺にとっての課題はどうやって魔王城の『玉座の間』に入るかということであった。

 魔王軍師団長の中でも最強と謳われたルーミルならば絶対に『玉座の間』に入る権限を与えられているはずである。

 上手く彼女に取り入ることができれば、『玉座の間』に入ってキャロライナを取り戻す条件を揃えることができるに違いない。

 年上の美女に尻を触られながらも俺は期待で胸を膨らませるのであった。




「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    なんか…緊張するw

    0
コメントを書く