異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

プリズン・ブレイク



 一方、同刻。
 ソータ奪還作戦を企てていた仲間たちは監獄塔付近の地面の中にいた。


「ユウコさんから連絡が来たッス! ソータさんが捕らえられている部屋は監獄棟8階のB室スよ!」


 ユウコの眷属であるヒトダマからメッセージを受け取ったシエルは、事前に用意していた地下トンネルの中に入っていく。


「まったく……カゼハヤめ……。何処までも世話の焼けるやつだ……」

「うふふ。こんなにワクワクする経験は100年振りくらいかもしれません」


 監獄塔に続くトンネルは1週間という歳月をかけて作り上げたものである。
 ノームの特性を活かしたシエルがコツコツと穴を掘り、水魔法を用いたレミスが凍らて地崩れを防ぐことによって全長100メートルにも渡るトンネルが完成していた。


「ユウコ様たちも無事でいると良いのだが……」

「とにかく今は信じるしかないッスね。先を急ぎましょう」


 アフロディーテ、ユウコのチームがソータが捕らえられている部屋を特定して、シエル、ロスト、レミスのチームがトンネルを通ってソータを奪還する。

 順調に作戦が進めば1時間もしない内にソータを救うことが出来るはずであった。


「――動くな。お前たち」


 監獄塔に侵入してから間もなくすると1人の男に呼び止められる。
 監獄塔に勤務する看守たちは、元騎士団所属の肩書も者が多く、人間の中では強力な戦闘能力を持っていた。


「見ない顔だな。どうしたその服? 土だらけではないか」


 看守たちの制服を用意したのは、裁縫が得意なロストだった。
 少しでも作戦の成功率が上がればと夜なべして作成したロストの制服は、女性看守たちか着ているものと全く見分けのつかないクオリティを誇っていた。


「配属を言え! 返答次第では貴様らもそのまま監獄送りとなるぞ!」


 屈強な男は剣を抜いて、シエルたちの行く手を阻んだ。

 単純な戦闘能力で言うとシエルたちの側に大きく軍配が上がるだろう。

 けれども、迂闊に騒ぎを大きくしてしまうと仲間を呼ばれかねない。
 シエルたちは、迅速かつ的確に敵を仕留める必要があった。


「ロストさん! 出番ッスよ!」


 作戦を指揮するシエルはこういった不測の事態に関しても想定していた。


「――おうっ」


 シエルの指示を受けたロストはスカートの裾を思い切り捲り上げ――。
 身に着けた黒色のレース下着を露にする。


「な、なにぃ――!?」


 看守の男は唖然としていた。

 何故ならば――。
 ロストの身に着けている黒下着は、最初から下着としての機能を放棄しているとしか思えないような煽情的なデザインのものだったからである。


(……カゼハヤ。お前から貰ったエロ下着がこんなところで役に立つとはな)


 外見だけで判断すると『正統派の美少女』と言っても過言ではないロストのルックスは、黒色のエロ下着の魅力を一層強化するものだった。


「今ッス! レミスさん!」


 男の視線が釘付けになった隙をシエルは見逃さない。


「――了解しました」


 シエルの指示を受けたレミスは男の視界に入らないようスッと背後に回ると、自身の能力を使って一撃で看守の意識を奪い取る。


 バタリッ。
 グゥ……グゥ……。


 その間、僅か2秒。
 ロストの色仕掛け&レミスの能力のコンボは、ソータ奪還作戦のために編み出した必勝法であった。


「レ、レミスさん。この人……本当に寝ているだけなんスよね?」


 外傷1つ負わせることなく意識を奪ったレミスの早技は、鮮やか過ぎて逆にシエルを不安にさせるものであった。


「ええ。わたくしの持つ《天候操作》の加護で周囲の酸素を奪っただけですから。1時間もしない内に起き上がると思いますよ」

「「…………」」


 爽やかな笑顔を浮かべながらもレミスはサラリと恐ろしいことを言ってのける。
 その時、シエル&ロストは絶対にレミスだけは敵に回さないようにしようと心の中で誓うのだった。


「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く