異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

監獄生活(前編)



 監獄生活2日目。

 相変わらずに状態異常『衰弱』のステータスは維持されたままである。

 絶対におかしい。
 1日経っても状態異常が回復しないということは今までの経験からは考えられない。

 思い当たる可能性は1つ。
 1日2回出される食事の中に、状態異常『衰弱』を引き起こす薬が混入されているのではないだろうか?

 そうとしか考えられない。
 明日からは出される食事をトイレに流して、状態異常を回復できないか試してみることにしよう。


 監獄生活3日目。

 寒い。腹が減った。
 知らなかった。人間っていうのは1日メシを食わないだけで、これほど衰弱しちまうもんなんだ。

 腹の減りに関してはギリギリ我慢できないこともないのだが、それ以上に深刻なのは喉の渇きである。

 食事を抜いていることは看守たちに悟られるわけにはいかない。

 これからはなるべく看守たちと目を合わさないようにしていこう。


 監獄生活4日目。

 おかしい。
 食事を抜いているはずなのに状態異常から回復しない。

 そろそろ水を飲まないと体の方が限界だ。

 明日までに状態異常から回復しない場合は何か別の作戦を考えるしかない。


 監獄生活5日目。

 クソったれ!
 看守たちの会話を盗み聞いて判明したのだが、どうやらこの監獄塔は換気口から全体に微弱な『衰弱の薬』が散布されているらしい。

 つまりは食事を抜いた程度では『衰弱』の状態異常から回復することが出来ないのである。

 俺の考えが甘かった。
 ここは凶悪犯罪者専用の世界最大の犯罪者収容施設。

 そう簡単に脱獄は出来そうにない。


 監獄生活6日目。

 食事を取るようになってからは少しだけ元気になってきた。

 腹は満ちたし、喉も潤った。
 けれども、俺の心はどんよりとした雲に覆われたままだった。

 次に俺を襲った異変は『孤独』だった。

 監獄塔で生活するようになってから1週間が経ちそうだが、今日に至るまで俺は全くと言って良いほど他人と会話していない。

 まるで世界の中に俺1人だけが取り残されたかのような気分であった。


 監獄生活7日目。


 誰かに会いたい。
 ほんの少しでも良いから誰かと他愛のない会話がしたい。

 アフロディーテたちは元気にしているだろうか?
 まさか俺が捕まった後に看守たちに捕まってはいないよな?

 いかん。自分が不甲斐なさ過ぎて涙が出そうだ。
 今の俺には仲間たちの安否を確認することすら出来はしない。

 これまで『当たり前』にあったはずの日常が、どれだけ恵まれたものだったのかが今なら分かる。


 監獄生活8日目


 もしかしたら『誰かに会いたい』という俺の願いが神さまに通じたのかもしれない。
 その男との再会は――思いがけないタイミングで訪れた。


「まったく……。こんなところで貴様に出会うことになるとはな……」


 えっ。この男はもしかして……?
 鑑定眼のスキルを発動出来ないため、名前を確認することが出来ないが、男の顔立ちにはたしかに見覚えがあった。



「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く