異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

柑橘ゆすら

復活!? 魔王城



 異世界に召喚されてからどれくらいの月日が流れただろうか。
 俺ことカゼハヤ・ソータは相も変わらず異世界で、まったり&ゆっくりした生活を過ごしていた。


「ほわ~。本当に今日はお月様が綺麗ッスね~」


 俺たちが何をやっているのかというと『お月見』である。

 耳を澄ませば秋虫たちの演奏が聞こえてきて、空には見事な満月が浮かんでいた。
 本日は異世界アーテルハイドにおいて年に1度の月見日和ということらしい。


「月が近くに見えるッス! このままジャンプすれば手が届きそうッスね!」


 裸足のまま庭に出て無邪気に走り回る少女の名前はシエル・オーテルロッド。
 身長150センチほどの小柄な体躯のシエルは、マスコット的な可愛さを有している。


「ご主人さま。お茶が入りました」

「おう。サンキューな。キャロ」


 気を利かせて温かいお茶を出してくれた少女の名前はキャロライナ・バートン。  

 銀髪赤眼でスラリとしたスタイルのキャロライナからは妖艶な色気が漂っている。
 吸血鬼という特殊な種族に生まれたキャロライナは、この外見で年齢が既に300歳を超えているというのだから驚きである。


「月が綺麗ですね」

「本当だなー」


 キャロライナと2人でお茶を飲みながらも月を見上げる。

 異世界から見える月は地球の月と比べると、少しだけ赤色が強く、サイズも大きめである。
 可愛い女の子たちと見る月っていうのも風情があって良いよなぁ。


「ちょっと! ソータ! 最近、たるみ過ぎよ!」


 縁側でくつろいでいる俺とキャロライナを目の当たりにしてプリプリと怒り出す少女の名前はアフロディーテ。

 もともとは地球と異世界を繋ぐナビケーターの仕事をしていた女神さまである。
 金髪碧眼でスタイル抜群のアフロディーテは、美の女神を自称するだけのことはあって非の打ちどころのない容姿をしている。

 羽衣の隙間からチラチラと覗く2つの胸は零れ落ちんばかりに大きく、どうしても視線が誘導されてしまう。


「モシャ……こんなことでは……モシャ……魔王を討伐して元の世界に帰るなんて夢のまた夢よ……!」


 呑気に団子を食べている奴にだけは言われたくないが、アフロディーテの言葉にも一理ある。
 俺たちが異世界に送り込まれた理由は、『この世界にいずれ復活するであろう魔王を倒すため』だった。

 けれども、待てども待てども肝心の『魔王』とやらが復活する様子はない。
 何時しか俺は自分が異世界に召喚された理由も忘れて、すっかりとこの世界での生活を満喫するようになっていた。


「なんか最近、俺、このままこっちの世界で暮らすのも悪くないんじゃないかって思い始めてきたんだよなぁ」


 今となっては黒歴史となりつつあるのだが、異世界に召喚された頃の俺の目標は、『美少女たちをゲットして地球にお持ち帰りしてやる!』だった。

 こんなジャンクフードも、エアコンもない世界に長期滞在するつもりはない! と意気込んでいた。

 けれども、TS属性の万能メイドのロストの加入によって食料事情の大幅改善――。

 天候を自在に操る能力を持ったレミスさんの加入によって部屋の中は、クーラーいらずとなった
 この世界での生活が豊かになるごとに、俺の中の元の世界に帰る理由が減少の一途をたどっていたのである。


「大体その、魔王っていうのは何時になったら復活するんだよ?」

「うぐ。それはその……」


 俺が追及するとアフロディーテはしどろもどろになる。

 そらみたことか。
 アフロディーテだって肝心の魔王が何時復活するのか分かっていないんじゃないか。

 好き勝手に地球人を異世界に送り込んでおきながら……無責任な女神である。


「俺、魔王が出てきたら本気出すから。魔王が復活したら起こしてくれ」


 ゴロンと縁側に寝転がった俺は、床の冷たさを全身に受けながらもうつ伏せになる。

 ふふふ。
 これで当面の間は口煩い女神さまを黙らせてやることが出来るに違いない。

 ラスボス不在の世界なんだから好き勝手に生きても罰は当たらないだろう。


「アフロディーテさん~。ロストさんが追加のお団子を作ってくれたみたいですよ~」


 屋敷の奥から、のんびりとした癒し系ボイスが聞こえてくる。
 大皿に乗せた月見団子を運んでいる少女の名前は、レミス・リトルフォールド。

 外見的には中学生女子に見えないレミスさんだが、精神年齢が異様に高く、一緒に生活するようになってからは、すっかり俺たちの『お母さん役』としてのポジションを確立していた。


「えっ! ほんと!? 今行くわ~!」

「ふふふ。そんなに急がなくても~。お団子は逃げませんよ~」


 果たして俺たちの中で一番『たるんでいる』のは一体誰なんだろうな。
 食い意地を張ったアフロディーテはレミスさんのところに走っていく。


「ご主人さま。ご主人さまは食べに行かれないのですか?」

「ん。ああ。のんびりしていたら気持ち良くなっていたから暫くゴロゴロしているよ」

「……了解しました。何かあれば気軽に呼びつけて下さい」

「キャロは食べに行かないのか?」

「はい。こうしてご主人さまの傍にいられることが私にとっての何よりの幸せですから」

「…………」


 キャロライナは時々こういう恥ずかしいことを真顔で言ってくるから困る。
 まったく……こういう風に甘やかされちまうから『魔王を倒して元の世界に帰る』なんていう気が日に日に薄れていくのだろう。

 日常の中の何気ない幸せを噛み締めた俺の意識は、やがて心地の良い微睡の中に落ちていく。


 ~~~~~~~~~~~~


 ゆらゆら。
 ゆらゆら。ゆらゆら。

 誰だろう。
 誰かが俺の体を揺すっている。


「ちょっ。ソータさん起きて! 起きて下さい!」 


 目を開けると、そこにいたのは見慣れた作業着に身を包んだシエルの姿であった。

 どういうわけかシエルの表情は蒼白で、一目で動揺していることが分かった。


「……ご主人さま。どうやら大変なことになったみたいです」


 動揺していたのはシエルだけではない。
 隣にいたキャロライナまでもが不安そうな声を零していた。


「何が大変なんだ? どっかの女神さまが団子を食べ過ぎてお腹を壊したのか?」

「寝ぼけているんスか!? 冗談言っている場合じゃないッスよ!」


 違うのか。
 月見の最中に起こるトラブルとしては、それくらいしか想像できなかったんだよな。


「魔王がっ! 魔王が! 復活したみたいなんス~!」


 ハハハン。俺は嬉しいぞ。
 冗談を言っているのはどっちだよ!

 たしかに俺は『魔王が復活したら起こしてくれ』とアフロディーテにお願いしたわけだが、まさか生真面目なシエルの口からそんな冗談が飛び出してくるとは思わなかったぜ。


「あ……れ……」


 何か様子がおかしいな。
 そんなに長く寝ていたつもりはないんだけど……何時の間にか周囲がやけに暗くなっている気がするぞ。


「な、なんじゃこりゃ――!?」


 不思議に思って、空を見上げる。
 瞬間、俺の視界に飛び込んできたのは、『城』としか形容できないものだった。


「間違いありません。あそこに浮かんでいるのは、かつて魔王が使用していた『魔王城』と呼ばれるものですね」


 マジかよ……。
 こういうイベントってもっと丁寧に伏線を張った上で起きるものだと思っていたぜ……。

 一体俺はどこでフラグを立てたというのだろうか?

 秋の満月を覆い隠すかのように出現したそれは、呑気に月見をしている俺たちを嘲笑うかのようにプカプカと空を漂っていた。








「異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く